ドラマ『岸辺露伴は動かない』展 NHK仙台で開催! ※展示は終了しました

2020年、俳優・高橋一生さん主演で初めて映像化し、大きな反響を呼んだドラマ『岸辺露伴は動かない』の新作が去年12月27日~29日、3夜連続で放送されました。

原作者・荒木飛呂彦さんの出身地である仙台からドラマをより深く楽しんでもらうため、NHK仙台放送局でドラマ『岸辺露伴は動かない』展を開催しました

番組の撮影で実際に使用した衣装や小物、美術に加え、人物監修デザインの柘植伊佐夫さんがキャラクターデザインのために描いたデザイン画(原画)や、「ヘブンズ・ドアー」が発動した際の本になる顔の造形や「くしゃがら」で志士十五の喉の奥に見える物体など、ここでしか見られない貴重な資料が展示されました!

開催期間 ※展示は終了しています

2021年12月14日(火)~2022年1月10日(月・祝)

午前10時~午後5時

12月18日(土)、1月8日(土)は午後1時~午後5時
1月9日(日)、10日(月・祝)は午前10時~午後6時

会場は
NHK仙台放送局 定禅寺メディアステーション1階ギャラリー
(仙台市青葉区本町2-20-1)
※地下鉄「勾当台公園」駅から徒歩5分、JR仙台駅から徒歩15分
アクセス方法はこちら


ドラマ展の様子と演出担当に聞くドラマ新作の見どころをまとめた記事はこちらから
 https://www.nhk.or.jp/sendai-blog/telemasa/458674.html

番組情報についてはドラマ「岸辺露伴は動かない」のホームページをご覧ください
https://www.nhk.jp/p/ts/YM69Q8456J/?cid=orjp-dramab-210815-0135