NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

アナウンサー

    キャスター

      このブログについて

      RSS

      メニュー TV NHK 地域 仙台 アナ キャス日記

        

      2017年08月07日 (月)
      【相馬 宏男】夏祭り、真っ盛り、台風接近

      青森ねぶた祭りは、7日が最終日、青森港での花火大会と、賞を受けたネブタの海上運航が行われ有終の美を飾る。ゆく夏を惜しむ笛、太鼓、鉦の音が、お囃子とともに陸奥湾に響く。先日準備状況を取材することができた。

      170807soma-01.jpg

       

      さて、仙台七夕まつりは、6日開幕。
      七夕飾りは年々豪華になり、商人の町、仙台を売りこもうと商店街も力を入れている。
      朝8時過ぎ、アーケード街をぶらりと歩いてみた。
      日中は観光客など大勢の見物客で、動くのもままならぬ風情だが、早い時間はゆっくりと写真を撮りながら、歩くこともできる。

       

      【続きを読む】

        

      2017年08月02日 (水)
      【伊藤 友見】シンガーソングライター 畠山美由紀さん

      こんにちは!てれまさむねキャスターの伊藤友見です。

      NHKの復興記念ソング「花は咲く」にも参加されている
      気仙沼市出身のシンガーソングライター畠山美由紀さん
      先日、インタビューをさせていただきました。

      170802ito-01.jpg

      ソロデビュー15周年を記念し行われた全国ツアーの最終日。
      畠山さんの夢だったという仙台フィルハーモニー管弦楽団との共演コンサートでした。

       

      【続きを読む】

        

      2017年07月24日 (月)
      【松井 佐祐里】海開き!サンオーレそではま

      「てれまさむね」リポーターの松井佐祐里です。
      セミの鳴き声が気になる季節になりましたね!
      先日中継で、南三陸町志津川の「サンオーレそではま」の海開きについてお伝えしました。

      170721matsui-01.jpg

      地元の人たちに親しまれてきた、緑の荒島
      その隣には、首を右にかしげると、モアイのようにみえる岩など、
      地元の方から親しまれてきた風景。

       

      震災で被害を受けた海水浴場で、まだ復旧工事が行われているところもありますが、
      7月15日(土)に海開き
      地元の方にお話を伺ったところ、
      「いよいよ復活するのがうれしい」とお話されていました。
      そんな思いに触れて、なんだか私までうれしくなってしまいました。

       

      【続きを読む】

        

      2017年07月20日 (木)
      【相馬 宏男】「観客」、「お囃子」、「ねぶた」で祭りは三位一体

      ネブタの大きな人形も祭りに参加する囃し手も最終盤の調整に懸命だ。
      ネブタの製作小屋は青森港の見える場所にある。青い森公園と名付けられた一画だ。

      170718soma-01.jpg

      170718soma-02.jpg

      ここでは22台のネブタが作られている。ネブタ師の指揮のもと、作業にあたる人たちは300人に達するという。テントの中の風の通らない場所での作業だけに、より神経を使う作業だ。針金や木枠の木材、LED電球、白熱電球などその数や頭が痛くなるほど。

      骨組みが出来上がると、これに和紙を張る作業が続く。針金の形に合わせ、和紙を切り揃えて貼っていく。のりをつけるにもコツがいるようで、はがれないように丁寧に作業が進む。

      これに色づけ作業が加わり、最終段階では「顔」に色づけする。そして、台車に載せてネブタ本体が出来上がるというわけだ。

      170718soma-03.jpg  170718soma-04.jpg

       

      【続きを読む】

        

      2017年07月14日 (金)
      【松井 佐祐里】スイーツのまち!ブルーベリーフェア

      こんにちは!
      てれまさむね」リポーターの松井佐祐里です。
      取材でかわいい女の子たちと撮影・・・♪

      170714matsui-01.jpg

      なぜかというと、ヒントは私の手持ちのポスターにあります。

       

      170714matsui-02.jpg

       

      170714matsui-03.jpg

      【続きを読む】

        

      2017年07月14日 (金)
      【村田 奈央】夏!夏!夏!

      こんにちは^^

      てれまさむねスポーツキャスター村田奈央です(≧▽≦)

      あっという間に7月ですね~~~。
      最近は仙台も気温が30度近い日が続いています。


      私は先日、友人とともにあるイベントに参加してきました!

       

      みなさんってご存知ですか??

      カラフルなジェにまみれて走る、とてもファンキーなイベントです笑

      ジェルまみれになる前はもうテンションが高くて、気分は大学生・・・笑

       2017701murata.jpg

       

       

      頭からつま先までカラージェルまみれになった姿がこちらです笑

       

      【続きを読む】

        

      2017年07月14日 (金)
      【相馬 宏男】ヒロオはネブタ祭りを前に、ふるさと、青森を歩く

      青森ねぶた祭り8月2日から7日までの開催。青森港近くのねぶた団地では今、急ピッチで作業が続いている。
      ねぶた師をはじめ作業に関わるのは300人ほど。今年も22台の大型ねぶたが作られている。

      青い森公園で、自撮りでパチリ。顔の左手方向ネブタ小屋。
      170714soma-01.jpg

       

      ねぶた師は1人で2台を掛け持ちする方もいる。
      ネブタの制作小屋、ねぶた団地は海の見える公園近くにあり、市民が進捗状況を見に三々五々訪れている。

      【続きを読む】

        

      2017年06月30日 (金)
      【石井 かおる】わが心の雄勝町

      170000_ishii.jpg

      お久しぶりです。2度目の仙台勤務になった石井かおるです。
      もうすぐ、七夕ですね。
      今から22年前の平成7年7月7日、私が何をしていたのかと言いますと、実は雄勝町にいました。
      今は、石巻市になっていますね。

      170630ishi-02.jpg

      170630ishi-01.jpg

      その雄勝町に先日、行ってきました。目の前に広がる光景に、ことばを失いました。

      そこにあったのは、きれいに整地され、盛り土された海辺の風景。まるで何もなかったかのように広がる整然とした風景に恐ろしささえを感じました。

       

      私の記憶にあるスレートぶきの屋根瓦の家々が連なる美しい雄勝町の風景はありませんでした。国内外の名産地から集められた硯(すずり)を紹介する資料館のあったところもさっぱり見当がつきません。

      お世話になった硯職人の方の仕事場も、確かにあったのに、その面影さえないのです。
      私の中には、小学校のお習字の時間に使っていた硯が、この町から届いていただろうことを知った感動や親世代の人たちが雄勝の石盤で学んでいたと言う事実や硯を通して中国の文化への興味を広げてもらった記憶が今も生きづいています。

       

      【続きを読む】

        

      2017年06月26日 (月)
      【相馬 宏男】モリアオガエル間もなく誕生か

      山形自動車道を西に進むと、山形市街地が見えてくる。

      白いビルが山形県庁、この近くに千歳山がある。標高が470m余りの形のいい山だ。

      170626-2soma-01.jpg

       

      このふもとに「万松寺」というお寺がある。山門は山形城主「最上義光(よしあき)」が寄進したと伝えられるものだ。どっしりしたもので、そこに掲げられている額は上杉鷹山の師、細井平洲の筆になるものだ。

      170626-2soma-02.jpg

      【続きを読む】

        

      2017年06月26日 (月)
      【相馬 宏男】梅雨の時期には「アジサイの花」が似合う

      東北南部の梅雨入りは、去年は6月13日だった。
      平年は6月12日ということだから、
      今年はどういうわけか、遅く、21日に南部、北部の梅雨入りが発表された
      気象台の発表文を見ると、「梅雨入りしたと見られる」という表現になっている。
      これに注釈がついていて、それを見ると以下のような説明がついている。

      170626-1soma-01.jpg

      梅雨は季節現象で、その入りや明けは、平均的に5日間程度の移り変わりの期間がある」という。また、後日、春から秋にかけての実際の天候の経過を検討し、期日が変更になる場合があるという。

      なにやら言い訳気味だが、考えてみると、自然の天気の変化は、後日になって始めてその経過がわかることもあるのでこればかりはやむをえないかなと思う。

       

      さて、

      雨の花はやはりアジサイ。この時期、白いもの、水色のきれいなもの、そして、赤紫がかったものなど様々だ。

      170626-1soma-02.jpg

      170626-1soma-03.jpg

      【続きを読む】

      最新記事

      検索

      カレンダー

      <<  2018年09月

      Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
                  1
      2 3 4 5 6 7 8
      9 10 11 12 13 14 15
      16 17 18 19 20 21 22
      23 24 25 26 27 28 29
      30            

      バックナンバー

      ▲ ページの先頭へ