NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

アナウンサー

    キャスター

      NHK仙台に在籍していたアナウンサー

        このブログについて

        RSS

        メニュー TV NHK 地域 仙台 アナ キャス日記

          

        2017年03月27日 (月)
        【ゴジだっちゃ!】平成29年3月27日(月)

        今週から番組が再開しました!

        でも、センバツ高校野球の日程が二転三転している関係で、

        「ゴジだっちゃ!」の放送内容も変更しています。

        今日は「川柳の時間」をお送りしました。みなさんの力作はコチラ

         

         ※前回放送する予定だった2月28日は、地震関連のニュースのため

          「川柳の時間」をお届けできませんでした。

          その際、次の放送を「3月28日」とお伝えしましたが、高校野球中継の

          日程が変更したことに伴い、番組内容も変更させていただきました。

          何とぞ、ご了承ください。

         

        「だっちゃ通信」は、色麻町の大内直子さんでした。

        ご自宅の畑に自生する「菜の花」のつぼみが

        大内さんの食卓に春を告げるというお話。

        さっと湯がくだけというおひたしも、おいしそうでした。

        直売所には、さまざまな菜の花が並んでいるということで

        ドライブがてら、色麻町を訪れてみてはいかがでしょうか?

         

         

          0327special.JPG

        先週土曜日に収録させていただいた、

        「ゴジだっちゃ!東松島スペシャル」は、

        東松島市コミュニティセンターを会場に、たくさんのお客様と

        瀬川瑛子さん、山本譲二さんの歌で大盛り上がりでした!

        この模様は、30(木)・31(金)に放送予定です。

        高校野球などの関連で放送日が変わる可能性もあります。

        HPで確認してください!

         

        【曲】

        LIFE IS A MIRACLE/黒猫チェルシー

        CHANCE/HY

        四月になれば彼女は/SIMON&GARFUNKEL

         

        ※明日のメッセージテーマも「4月になれば○○」です。

          

        2017年03月14日 (火)
        【相馬 宏男】震災6年目の日、あなたはどう過ごしましたか?

        「3・11」この日は胸に刻まれた印のように、消えることはないだろう。

        テレビ、ラジオもあの東日本大震災のこと、そして今後のことを報じていた。

        私はいつものように起きだし、この日の「朝日」をカメラに収めた。

        170314cas1.jpg

        そして、海岸沿いには中々足が向かなかったのだが、意を決して、に向かった。

        震災の翌年にも、中野小学校のある蒲生に自転車で向かった。この日は、一年の慰霊祭が校庭で行われ、喪服姿の大勢の方々が、半ば呆然とその会場に佇んでいるのが心に迫ってきた。何度か訪れた蒲生の干潟も跡形もなく、わずかに、かつて日本一低い山の標識が、被災地を訪れた人々のメッセージで埋め尽くされていた。

        【続きを読む】

          

        2017年03月10日 (金)
        【ゴジだっちゃ!】平成29年3月10日(金)

        今日は、山元町での震災の体験や歴史などを聞き取り、本にまとめた

        櫻井みや子さん(写真)に来ていただきました。

        0310sakurai.JPG

        櫻井さんは山元町の出身。

        震災後、自分が生まれ育ったふるさとの人たちに寄り添わせてもらいたいと

        仙台から山元町に週に何度も通いました。

        震災の1ヶ月後から5年間、30代から90歳までの地域の皆さんと交流。

        本では山元町の人たちが、それぞれ3.11をどのように乗り越え、

        その後どのように暮らしているのかをストレートに地元の言葉で伝えています。

        櫻井さんは、「3.11の話だけでなく、過去に起きた昭和三陸津波の話など、

        宮城の人はもちろん、これから地震が起きるであろうほかの地域の人たちにも

        本を通して伝えることができれば」と話していました。

        『それぞれの時を紡いで 宮城県山元町の3.11』は、

        今後、宮城県内の各市町村の図書館、公民館の本棚に並ぶ予定です。

         

        「だっちゃ通信」は、しおがまベイウェーブの武田佑季さんでした。

        明日で東日本大震災から6年。各地で追悼行事が行われます。

        塩竈市では、午後2時30分から塩竈ガス体育館で追悼式典があります。

        また千賀の浦地区にある東日本大震災モニュメント前に献花所が設けられます。

        同じ日、午後5時30分からは、ふれあいエスプ塩竈ホールで

        「3.11 POWER of LIFE in SHIOGAMA MIYAGI」が開催されます。

        Doragon AshのATSUSHIさんや柴田三兄弟なども参加し、

        追悼と復興への思いを一つにするイベントです。

        詳しくは、ふれあいエスプ塩竈(TEL022-367-2010)へ。

          

        【曲】

        友だちへ~Say What You Will~/SMAP

        みちのく小唄/藤 圭子

         

        ※大相撲中継のため、番組はしばらくお休みです。

          

        2017年03月09日 (木)
        【ゴジだっちゃ!】平成29年3月9日(木)

        今日の「防災研究最前線」では、東日本大震災をどのように伝えていくか

        東北大学災害科学国際研究所の佐藤翔輔さん(写真中央)に

        事例を交えて紹介いただきました。

        0309sato.JPG

        インターネットサイトの一つ「動画でふりかえる3.11」は、

        東日本大震災で撮影されたたくさんの映像が、

        どこの場所のものなのかを伝えています。

        当時何が起きていたのか振り返ることができ、

        今後大きな地震が起きると言われている地域の人たちにも参考になるよう、

        地図と映像がセットになっています。

        ぜひ、パソコンやスマートフォンなどで

        「動画でふりかえる3.11」と検索してご覧ください。

         

        「だっちゃ通信」は、首都圏から田辺希さん(写真左)でした。

        神奈川県横浜市で、巻きずしの作り方を指導する教室「ぐるり」があります。

        震災前から開いて8年余り。代表の中矢千賀子さん(写真右)は登米市の出身です。

        東北応援イベントは2013年から毎年行っていて、

        東松島市大曲浜ののりを使い、節分に合わせて親子で恵方巻を作っています。

        それだけでなく、ビデオで震災のことを見たり、

        去年、おととしは東松島から語り部を招いて、話を聞いたりしたとか。

        今年で5回目。3月11日(土)に20人ほどが集まって開かれます。

        特別に、田辺さんも体験してきたそうですよ。

         0309sushi2.JPG

         0309sushi.JPG

         

        「週刊 防災士」は、東北福祉大学の吉成仁紀さんでした。

        東日本大震災からまもなく6年。身近なものを使って作ることが出来る、

        災害時に役立つ道具を紹介してくれました。

        ツナ缶を使ったランプや、懐中電灯がランタンのように明るくなる方法など、

        ちょっとした工夫で役立つことが分かりました。

        0309akari1.JPG0309akari2.JPG

        そして3月12日(日)仙台国際センターで開催される

        「仙台防災未来フォーラム2017」で、

        東北福祉大学防災士協議会 チーム防災士もブースを出展します!

        防災士の活動について紹介したり、Team Bousaisiが独自に作った

        防災絵本を閲覧することができるそうです。

         

        【曲】

        千年桜/普天間かおり

         

        ※明日のメッセージテーマも「語り継ぐ」です。

          

        2017年03月09日 (木)
        【石川 奈津紀】3.11によせて

        7日のひるはぴでは、仙台市を拠点に活動する4人組
        和太鼓Atoa.のインタビューをお送りしました。

        ishikawa0309_1.jpg


        メンバーは
        世界的に活躍する太鼓芸能集団「鼓童」出身の兄弟、
        兄・高橋勅雄(ときお)さん弟・亮(あきら)さん

        ishikawa0309_2.jpg ishikawa0309_3.jpg


        そして、女川町出身の二人、
        阿部裕哉さん木村直広さん

        ishikawa0309_4.jpg ishikawa0309_5.jpg

        【続きを読む】

          

        2017年03月08日 (水)
        【ゴジだっちゃ!】平成29年3月8日(水)

        今日の「届け☆復興の風」は、「震災語り部の会ワッタリ」の活動を

        柳生聡子さんがリポートしました。

        0308watari-1.JPG

        バスで町内を回りながらのツアー。

        移動中の車内でDVDを見せながら震災当日のことを説明している場面では、

        学校に避難したときの人々の声や様子がリアルに伝わってきて、緊迫感がありました。

        さまざまな思いを抱えながら、語り部の活動をされている

        佐藤信三さん(左)と岡崎由紀子さん(中央)。

        0308watari-3.JPG

        震災から6年。語り部という活動を通して、

        震災を語り継いでいる人たちの現状を知ることができました。

         

        「だっちゃ通信」は、仙台市宮城野区の菅原康雄さんでした。

        3月12日(日)、仙台国際センターで開催される

        「仙台防災未来フォーラム2017」で、菅原さんが町内会長を務める

        宮城野区福住町の活動を発表するそうです。

        また同日、東日本大震災中野学区合同慰霊祭7回忌を

        なかの伝承の丘慰霊碑前(旧中野小学校跡地)で行い、

        献花とメッセージ付きの風船を飛ばします。

        慰霊とともに防災への気持ちをあらたにしたいですね。

         

        「おらほの地名」は、登米市豊里の「白鳥(しらとり)」を解説しました。

        この地域には白鳥山(しらとりやま)もあり、白鳥神社が祀られていたことから、

        神様の名前が山やエリアの地名になったということです。

          

        【曲】

        この闇を照らす光のむこうに/Anly+スキマスイッチ

          

        ※明日のメッセージテーマも「語り継ぐ」です。

          

        2017年03月08日 (水)
        【相馬 宏男】塩釜神社に紅白の梅が・・・

        仙台駅東口に、塩釜神社がある。

        ここは、塩釜神社の分社でかつて島崎藤村が下宿をしていた「三浦屋」の跡地に建てられている。

         

        この近辺は、「初恋通り」と呼ばれ、藤村の文章の一部も石碑に掘り込まれ、藤村と仙台の関係がわかるようになっている。

         

        soma0308_1.JPG  soma0308_2.JPG

        【続きを読む】

          

        2017年03月07日 (火)
        【ゴジだっちゃ!】平成29年3月7日(火)

        今日は「短歌の時間」をお送りしました。みなさんの力作はコチラ

         

         「だっちゃ通信」は、仙台市青葉区の齋藤高晴さんでした。

        4月2日(日)、東北大学カタールサイエンスキャンパスホールで、

        「TED x Tohoku University 2017」が開催されます。

        革新的なアイデアや業績について、10人の登壇者が語ります。

        参加申し込みは、3月10日(金)まで。

        参加費は、学生3000円、一般6000円です(懇親会含む)。

        詳しくは、担当のチャノンさん(TEL080-3322-4806/日本語OK)

         

        現在は東京にいる塩澤大輔アナウンサーが仙台に帰ってきています。

        ニュースで見かけることがあると思います!

        「ゴジだっちゃ!に出演して」というリクエストに応え、

        ほんの少しだけスタジオに入ってもらいました。

        0307shio.JPG

        そのメッセージを読む塩澤アナ。

         

        【曲】

        時代/中島みゆき

        キズナ/X4

         

        ※明日のメッセージテーマも「語り継ぐ」です。

          

        2017年03月07日 (火)
        【相馬 宏男】ヒロオさん☆歩 今年度を振り返る

        ひるはぴ~ヒロオさん☆歩~は今年度、最北は青森県の今別町、最南は福島県のいわき市を訪ねた。

        今別町は新幹線の通る本州、最北の町トンネルを抜けるとそこは津軽の地青森県だった。

         

        soma0307_1.jpg soma0307_2.jpg

         

        というわけで、カモメとともにこの街をぐるりと歩いた。ダルマに似た形状の滝が山肌を滑るように流れ落ちる場所も見つけた。

         

        soma0307_3.jpg

         

        福島いわきでは、8500万年前恐竜「フタバスズキリュウ」骨格模型を見ることができた。

         

        【続きを読む】

          

        2017年03月03日 (金)
        【ゴジだっちゃ!】平成29年3月3日(金)

        今日は、新しい時代の理想の上司を育てる「イクボス」についてお伝えしました。

        ゲストは、NPO法人ファザーリング・ジャパン東北の竹下小百合さん。

        息子の「あっくん(6)」と一緒でした(写真)。

        0303takesita.JPG

        「イクボス」とは、仕事も私生活も充実できるよう、社員のプライベートを

        尊重しながら、みずからも私生活を楽しむことができる

        経営者や管理職のことを言うそうです。

        竹下さんは、「イクボスが増えることでストレスが緩和され、

        仕事の生産性が上がったり、女性が社会で活躍する機会を

        持つことが出来る」と話します。

        宮城には先月「みやぎイクボス同盟」が設立されたばかり。

        時代の流れとともに理想の上司像も変化していくのかもしれません。

        「イクボス」についての詳しいお問い合わせは、

        NPO法人ファザーリング・ジャパン東北(TEL090-5836-4854)へ。

         

        「だっちゃ通信」は、ラジオ3の青木朋子さんでした。

        仙台市天文台で2012年から上映している「星空とともに」が

        今年も3月25日まで行われています。

        震災の被災者から寄せられた、星と震災にまつわるエピソードをもとに

        制作したプラネタリウム番組です。

        震災から6年となる3月11日(土)には、番組のほかに、

        「防災エンスショー~311の夜、ラジオで呼びかけた言葉とともに」と題し、

        サイエンスインストラクター・防災士の阿部清人さんが出演します。

        詳しくは、仙台市天文台(TEL022-391-1300)へ。

         

         

        【曲】

        GREEN MAN/ポケットビスケッツ

        悲恋草/三橋美智也

         

        ※6日(月)のメッセージテーマは「語り継ぐ」です。

        最新記事

        検索

        カレンダー

        <<  2017年10月

        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3 4 5 6 7
        8 9 10 11 12 13 14
        15 16 17 18 19 20 21
        22 23 24 25 26 27 28
        29 30 31        

        バックナンバー

        ▲ ページの先頭へ