NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

相馬 宏男

相馬 宏男

プロフィールを見る

アナウンサー

    キャスター

      仙台局に在籍していた
      アナウンサー

        このブログについて

        RSS

        メニュー TV NHK 地域 仙台 アナ キャス日記

        2019年11月20日 (水)
        【相馬 宏男】仙台は「黄葉」真っ盛り

        愛宕上杉通り仙台駅方向から泉区方向に延びる路線

        朝夕は通勤や通学などで車の通りも多い。

        この通りの歩道にはイチョウの葉のレリーフ状の敷石がある。

        別名「銀杏坂(いちょうざか)」とも呼ばれイチョウ並木中央分離帯や歩道の両側にズラリと並ぶ

        souma1120b.jpg

        souma1120a.jpg

         

        今の時期は全体が黄色になっている木まだ緑の大分残った木など様々。

        そしてこの時期はぎんなんの実イチョウの葉風に飛ばされ道に落ちる

        souma1120c.jpg

        横断歩道にこのぎんなんが固まって落ちていて歩道を渡るとする人にとってはちょっとした障害物だ。

        数多く落ちているので、避けて通るのも難しい。

         

        歩道のあたりは独特のにおいが漂っている。

        このにおいの物質、実を覆っている皮にあるという。

        「酪酸」「エナント酸」が含まれていて、この二つが混じりあうと強烈なにおいを発する

        イチョウの木は雌雄あり、実ができるのは雌だけ、仙台の晩秋の風物詩「イチョウの黄葉」を見るにつけ自然の不思議さを垣間見た思いがする。

        最新記事

        検索

        カレンダー

        <<  2019年11月

        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
                  1 2
        3 4 5 6 7 8 9
        10 11 12 13 14 15 16
        17 18 19 20 21 22 23
        24 25 26 27 28 29 30

        バックナンバー

        ▲ ページの先頭へ