NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

2019年04月17日 (水)
【相馬 宏男】今年もオオムラザクラが咲きそう

満開になった仙台の桜、場所によっては散り始め、花吹雪模様のところもある。

仙台市中心部の錦町公園も大勢の市民がお花見に訪れている。

時折、近所の保育園の子供たちが保育士さんに連れられて、

静かにお花見をしている光景が見られる。

 

souma190416_1.JPG

 

さて、桜の名所は、宮城野区の榴岡公園もよく知られている。

ここは広域避難所としての役割もあり、広い空間でゆったりとお花見ができる。

 

souma190416_2.JPG

 

その一角に、長崎県の大村市から贈られた若い桜の木が植えられている。

オオムラサクラ」だ。

去年も花をつけたが、薄紅色のまあるい塊の花だった。

国の天然記念物の指定を受けた桜で震災復興祈念として贈られたものだ。

この桜の咲く時期は、ソメイヨシノが終わったころだ。

souma190416_3.JPG

 

掲げられた看板を見ると高尚優美な花をつけるとある。

昨年も観察を続け、咲いた花を見ることができた。

丸い花は何かほのぼのとした感じで

ソメイヨシノとはまた趣が違う感じがする。

最新記事

検索

カレンダー

<<  2019年06月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー

▲ ページの先頭へ