NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

相馬 宏男

相馬 宏男

プロフィールを見る

アナウンサー

    キャスター

      このブログについて

      RSS

      メニュー TV NHK 地域 仙台 アナ キャス日記

      2019年01月08日 (火)
      【相馬 宏男】柳原義達の白色セメント像

      柳原義達は神戸市の生まれだが、

      仙台市には彼の彫刻が各地にある。

      柳原は1910年に生まれ2004年、94歳で亡くなった彫刻家だ。

      「靴下をはく女」高村光太郎賞などを受賞している。

      戦後の具象彫刻の代表的な作家のひとりだ

       

      anacasu_190108_1.jpg

       
       
      定禅寺通りのNHK新会館の隣に「錦町公園」がある。

       その一画に二体の彫刻レリーフ状に飾られている。

      正面から見て左側が

      「集うーレジャーセンターの思い出」

      1952年ごろの制作といわれ、

      この彫刻は仙台市レジャーセンターの建物正面に飾られていた。

       

      ちなみにレジャーセンターNHK仙台放送局と隣接する

      錦町公園にあった。

      ヒマラヤ杉が林立する隣にあった建物だ。

       

      anacasu_190108_3.jpg

       

      もう一つが「集うー公会堂の思い出」

      仙台市公会堂外壁に飾られていたもの。

      公会堂は現在の仙台市民会館の場所にあった建物だ。

       

      この彫刻は1950年ごろの制作で

      これも白色セメント像のレリーフ状のもの。

      こうして二つ並べて置かれているとまた違った表情を見せる。

       

      anacasu_190108_2.jpg

       

      話変わって、岩出山町の城山公園には

      同じ柳原平服姿の伊達政宗像が建っている。

      鎧兜姿のイメージの政宗だが、

      この公園にあるのは青年政宗の平服姿だ。

       

       

      背の高い像の見つめている先は何なのか。

      遠く仙台藩の行く末、未来を見つめているのではと想像する。

       

      柳原は実に多くの像を残している。

      白色セメント表現するという作風に

      何か彼の意図が隠されているのではないかと思うが、

      凡人には及びもつかない。

       

       

       

      anacasu_190108_5.jpg

       

       

      最新記事

      検索

      カレンダー

      <<  2019年01月

      Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2 3 4 5
      6 7 8 9 10 11 12
      13 14 15 16 17 18 19
      20 21 22 23 24 25 26
      27 28 29 30 31    

      バックナンバー

      ▲ ページの先頭へ