NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

2018年12月26日 (水)
【相馬宏男】放送局は「時計だらけ」?

新会館に移って仙台放送局は10か月になる。

280インチの大画面に見入る視聴者の視線は

4K8Kの超高精細の奥行の深さや、

きめの細やかな画面に吸い寄せられているようだ。

3300万画素という画面に一瞬驚きを隠せない。

 

anacasu_181226_8.jpg

 

二月に錦町から定禅寺通りに移転し、そろそろ

居住空間として定着したのかなという思いがする。

隣の錦町公園も今では「冬枯れ」

年末の慌ただしさの中にひと時の憩いを求めて

人々が椅子に腰かけて

思い思いの時間を過ごしている。

anacasu_181226_4.jpg

 

 

さて、放送局は時間が勝負。

1秒で我々は大体8~9文字を話す。

「おはようございます」ぐらいの文字数だ。

10秒ではこれの10倍ということになる。

情報量としては結構な文字数だ

普通の生活では1秒はあまり意識していない。

 

この秒数を意識するのが「時計」

 

 anacasu_181226_1.jpg anacasu_181226_7.jpg 

 

放送局にはやたら時計がある

そして、時計デジタルアナログ両様がある。

アナログは時間の経過が針の進む長さ速さで意識する。

デジタルでは1秒から次の1秒に移る際にその経過がわからない。

千分の一秒単位で表示でもすればなんとなく

時間経過がわかるのだが、目が付いていかないかもしれない。

 

古い人間にはやはり針の動くアナログがいいのではと思う。

年末に、アナログ派デジタル派かという

つまらないことを考えた。

 

最新記事

検索

カレンダー

<<  2019年06月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー

▲ ページの先頭へ