NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

相馬 宏男

相馬 宏男

プロフィールを見る

アナウンサー

    キャスター

      仙台局に在籍していた
      アナウンサー

        このブログについて

        RSS

        メニュー TV NHK 地域 仙台 アナ キャス日記

        2017年10月31日 (火)
        【相馬 宏男】たまには足下を見つめてみよう

        背筋を伸ばして、前を見つめ、時代の先を見つめるのもいいが、たまには自分の足もとを見つめるのもいいかもしれない。


        最近は、土の道は公園などわずかなところにしかない。先日、散歩の途中、仙台駅東口近辺を歩いた。その時目についたのが、地面には、マンホールのふたが結構あるということだ。

         

        171030soma_01.JPG  171030soma_02.JPG

        そのデザインも様々だ。
        工業デザイン的に、あまり派手ではないものも多い。

         

        仙台市のふたは、「ハギ」があしらわれ、その土地の特徴を表している。

        171030soma_03.JPG

         

        駅東の歩道には、地元、榴岡小学校の子供たちがデザインした、楽天イーグルス関連のものがある。21種類あるそうで、市内の21か所にこうした楽天デザインのものがある。中には楽天の日本一、優勝記念のものもある。これは楽天野球団が作成したもの。

        171030soma_04.JPG  171030soma_05.JPG

         

        都市の中でこうしたある意味「遊びこころ」があるというのは、人間の余裕とでもいえるものを感じることができて、いいのではないかと思った次第です。

        171030soma_06.JPG

        もう一つ注目をしたいのが、ガス局のマンホールのデザイン
        ビル街と虹がデザインされ、都市の未来を表しているかのようでこれもまたいい。

         

        171030soma_07.JPG

        足下のこうしたマンホールのふたに何か遊び心と世の中の余裕を感じる。

        最新記事

        検索

        カレンダー

        <<  2019年07月

        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2 3 4 5 6
        7 8 9 10 11 12 13
        14 15 16 17 18 19 20
        21 22 23 24 25 26 27
        28 29 30 31      

        バックナンバー

        ▲ ページの先頭へ