NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

相馬 宏男

相馬 宏男

プロフィールを見る

アナウンサー

    キャスター

      仙台局に在籍していた
      アナウンサー

        このブログについて

        RSS

        メニュー TV NHK 地域 仙台 アナ キャス日記

        2017年04月12日 (水)
        【相馬 宏男】今年のサクラ観察日記

        仙台市宮城野区に仙台管区気象台があります。
        合同庁舎の建物の中に入っていて、屋上に気象レーダーのドームがあるので周辺からもよく分かります。
        気象台横の観測圃場(ほじょう)には、雨量をはじめ様々な気象観測機器が備えられています。

        soma0412-01.JPG

        soma0412-02.JPG soma0412-03.JPG

        これらの観測機器の中でも大きいのが、上空の風の様子をとらえる「ウインドプロファイラ」と呼ばれる大型のもの。地上から上空に電波を飛ばし、上空の風向、風速を測定しています。ここでは、10分間隔で観測しています。
        8日(土)の午前6時の観測では、上空1キロの地点では東南東の風、5メートルで、さらに上空6キロでは西南西の風25メートルとなっていました。こうしたデータが予報に生かされるというわけです。

        soma0412-04.JPG soma0412-05.JPG

        さて、私の散歩コースの一つに、この気象台の植物観察の圃場があります。
        梅がいつ咲いたか、桜の開花はいつかなど注目の場所です。

        soma0412-06.jpg

        梅がほころび始めた3月12日 ウメの花びらをぱちりと一枚撮影しました。

        soma0412-07.JPG

        そして、桜の標準木を何度か撮影していますが、目印のリボンが目立つ3月31日にも撮影しました。

        soma0412-08.JPG

        そして、開花が発表される日の午後、1時23分に撮影したのがこの写真です。花びらがほころび始めた久しぶりに見たサクラの一枚でした。4月7日(金)のことでした。

        soma0412-09.JPG

        最新鋭の観測機器と現実にそこにある植物の観察で季節や気象の変化が分かります。
        また、動物の観察でも季節の変化が分かります。

        soma0412-10.JPG

        今年のウグイスの初鳴きの日は3月10日でした。去年より7日早い観測でした。また、ひばりの初鳴き3月13日で、去年より3日遅い観測でした。
        こうした事実の積み重ねが大きな気候変動を知る一つの要素となっているのだろうと勝手に想像しています。

        最新記事

        検索

        カレンダー

        <<  2019年07月

        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2 3 4 5 6
        7 8 9 10 11 12 13
        14 15 16 17 18 19 20
        21 22 23 24 25 26 27
        28 29 30 31      

        バックナンバー

        ▲ ページの先頭へ