NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

相馬 宏男

相馬 宏男

プロフィールを見る

アナウンサー

    キャスター

      仙台局に在籍していた
      アナウンサー

        このブログについて

        RSS

        メニュー TV NHK 地域 仙台 アナ キャス日記

        2017年02月24日 (金)
        【相馬 宏男】「ブーツの娘」からユネスコ運動を思う

        私の散歩コースの一つに、榴岡公園がある。手作りの紙飛行機をゴムの動力で飛ばす人、若い犬と一緒に飛び跳ねながら遊ぶ人、ベンチで読書に励む人など、公園での過ごし方は人それぞれ、そして様々。

        170224cas1.JPG

        170224cas2.JPG

        170224cas3.JPG

        公園の芝生広場の一角に、佐藤忠良さん作の銅像が建っている。ブーツの娘だ。

        実はこの銅像、同じものがパリにもあるという。

        仙台の像と向かい合う形で設置されていると言われている。仙台の像の台座にはいわく因縁が書かれていて、ユネスコの民間運動の発祥の地と記されている。

        170224cas4.JPG

        1947年仙台の知識人、文化人がユネスコの反戦の精神に賛同、ユネスコ運動を支援する世界初の民間団体を設立した。そんなこともあり、1984年には仙台で第1回の民間ユネスコ運動世界大会が開かれている。

        170224cas5.jpg

        仙台ユネスコ協会の建物は去年から耐震性の不足で建物の取り壊し作業が行われている。

        というわけで、ユネスコ協会は現在、青葉区の仙台市錦町庁舎で業務を続けている。

        これも時の流れを感じさせる出来事だ。民間団体設立から70年、改めて戦後の歳月を思った。

        最新記事

        検索

        カレンダー

        <<  2019年09月

        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3 4 5 6 7
        8 9 10 11 12 13 14
        15 16 17 18 19 20 21
        22 23 24 25 26 27 28
        29 30          

        バックナンバー

        ▲ ページの先頭へ