NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

相馬 宏男

2019年06月11日 (火)
【相馬 宏男】政宗を支えた重臣たち

先日、歴史研究会のメンバー主催による講座を聴講した。

講師は郷土史家元仙台市史編纂室長菅野正道さん。

表題の「政宗を支えた重臣たち」がテーマ。

政宗自身は様々な形で研究が進められているが、その家来については小生もあまり知らない。そんなこともあり、日曜日の午前出かけてみた。

 

政宗は西暦で言うと1567年~1636年で、1600年が「関ケ原の戦い」だからまさに時代は織田信長豊臣秀吉徳川家康の時代と重なる。

政宗の重臣として知られているのは片倉景綱伊達成実など。

片倉は政宗の父「輝宗」の小姓から政宗の養育係に転じ、側近、重臣となった人物。

宮城の人にとっては片倉小十郎の方がなじみが深いかもしれない。

福島の大森城亘理城を経て、慶長7年(1602)には白石城主となりその子孫は代々白石城主で一万八千石余を領している。

DSCN9023.JPG

【続きを読む】

  

2019年05月08日 (水)
【相馬 宏男】筆まめか筆不精か

仙台藩、初代藩主伊達政宗筆まめであることが知られている。

戦国時代の武将たちはそのほとんどが、右筆という代書屋的人物が口述筆記的に殿の意向を書き記している。

これに対し、政宗は家臣や家族などに送った手紙は1000通を下らず、ほかの武将を凌駕している

また、字も抜群にうまく、伊勢物語を書写して襖絵に残すなど,書には自信があったようだ

 

一方時代は少しさかのぼるが、織田信長の自筆書状は5~6通で、ほかのほとんどは右筆の手になる代筆だという。

その数からしても政宗の筆まめぶりは特筆すべきものだ

 

DSCN9035.JPG

【続きを読む】

  

2019年04月24日 (水)
【相馬 宏男】「オオムラザクラ」間もなく満開か

 仙台市宮城野区の榴岡公園の一角に

3本の若い桜の木が植えられている。

長崎県の大村市から送られた「オオムラザクラ」の若木だ。

この桜はソメイヨシノが咲き終わった後に花開天然記念物の桜だ。

1941年に発見、命名されている。

大村市では市の花に指定されている。

特徴花が二段咲きで、外花と内花が一本のめしべで串刺ししたようになっている。

がく片と花弁の数が多いのが特徴だ

 

souma0423_3_0657.JPGのサムネイル画像

  写真は4月23日(火)朝、撮影

【続きを読む】

  

2019年04月17日 (水)
【相馬 宏男】今年もオオムラザクラが咲きそう

満開になった仙台の桜、場所によっては散り始め、花吹雪模様のところもある。

仙台市中心部の錦町公園も大勢の市民がお花見に訪れている。

時折、近所の保育園の子供たちが保育士さんに連れられて、

静かにお花見をしている光景が見られる。

 

souma190416_1.JPG

【続きを読む】

  

2019年04月03日 (水)
【相馬 宏男】サクラサクは健在か

かつては合格発表電報で知らせてもらうケースが多かった。

 

 また、学生などはこれをアルバイトとして請け負い、

いい小遣い稼ぎになったようだ。

その電文で有名なのがサクラサク

勿論落ちた場合はサクラチル』になる。

 

この電文は、各大学によって異なり、

お茶の水女子大学『オチャカオル』だとか。

また、高知大学『クジラがツレタ』

そして、筑波大学『ガマガエルワラウ』

三重大学『イセエビタイリョウ』

その土地その土地の名物などを使っている。

 

私の場合は、どうだったか忘れたが、確か自分で見に行ったような気がする。

今の時期、桜もちらほら咲いているところがある。

場所によっては満開のところも。

木の勢いによって随分と違う。

DSC_0525.JPG

 

DSC_0515.JPG

  

2019年03月19日 (火)
【相馬 宏男】縁は異なもの乙なモノ

時間があれば、様々な会合に顔を出す。

先日、仙台で「在仙6大学の集い」があり参加した。

テーブルが同じになった方と世間話に花を咲かせた。

その後しばらくたってからその方から写真同封のお手紙をいただいた

写真は昭和20年代半ばのもので,仙台放送劇団の下に「仙台児童劇団」が結成され、その公演の様子が映っていた。

ステージに掲げられている吊り看板を見ると「ミツバチの学校」と読める。

 

0319_1.jpg

【続きを読む】

  

2019年03月12日 (火)
【相馬 宏男】仙台に公共図書館の走り青柳文庫があった

街を歩いていると、様々なモノに出会う。

街角に、チョットした空き地に、そしてビルに埋もれた感じでそれらのものがある。

 

0312a.jpg

 

 

先日、広い通りの東二番町通りを歩いていたら、

【続きを読む】

  

2019年02月28日 (木)
【相馬 宏男】「人」も歩けば、歴史の残像、欠片(かけら)に出会う

仕事が午後からの日、軽い運動を兼ねて朝方、散歩に出かける。

目に優しい「」を求めて、「榴岡公園」に出かけるケースが多い。

ここには広い広場彫刻ランニングコースなどもあり、

目には何か四季折々の様々な風景

人々の歩みなど見せてくれる。

 

この公園からほど近いところに五重塔のある「孝勝寺」というお寺がある。

正式名称は光明山孝勝寺日蓮宗の寺だ。

五重塔のある大きな寺だ。

塔の正面には

「南」「妙」「法」「蓮」「華」「経」の文字が掲げられ、

仏の教えをこうした形で現わしている。

そして、この寺の境内の一角に「釈迦堂」がある。

 

DSC_0305_souma.jpg

 

DSC_0306_souma.jpg

【続きを読む】

  

2019年02月21日 (木)
【相馬 宏男】東照宮の石灯篭

 NHK仙台放送局からさほど離れていないところに、

仙台東照宮がある。

徳川家康を祭神としてまつっている神社だ。

 

 政宗の世継ぎ、二代藩主「伊達忠宗」によって創建された。

東照宮が建設されたのは、政宗没後で、

領内では「大火」や「洪水」など自然災害が相次いだという。

 

 そうした時代の中で幕府の援助により危機を脱したため

この地に東照宮を造営したものだという。

つまり、徳川家に対する感謝の標として造営したものだ。

 

別当寺仙岳院など15棟以上の社殿の建設80万人の人出を要し、

2万両を費やす大事業だった。

 

souma_190220_2.jpgのサムネイル画像 souma_190220_6.jpgのサムネイル画像    

【続きを読む】

  

2019年02月05日 (火)
【相馬 宏男】歴史的町名に往時を思う

NHK仙台放送局が定禅寺通に移転してから一年が経つ。

冬枯れの景色からもう少し経つと緑が芽吹く季節を迎える。

定禅寺通はその象徴ともいえる。

anacasublogsouma_190205_1.jpg

【続きを読む】

最新記事

検索

カレンダー

<<  2019年06月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー

▲ ページの先頭へ