NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

村田 奈央

村田 奈央

プロフィールを見る

アナウンサー

    キャスター

      仙台局に在籍していた
      アナウンサー

        このブログについて

        RSS

        メニュー TV NHK 地域 仙台 アナ キャス日記

        2019年05月16日 (木)
        【村田 奈央】奈央のいいねフォト!その2

        こんにちは!もりすた!キャスターの村田奈央です(^o^)

        新コーナー「奈央のいいねフォト」

         m0516_1.jpg

        私が東北各地に出向きお出かけスポットや、ぜひ訪れてほしいスポットを紹介するコーナーです。

        16日(木)に放送したのは“山形市の山寺編”
        0516_02large.jpg

        伊藤友見キャスターとともに行ってきました。

        山寺は、俳人・松尾芭蕉の句が詠まれたとして有名ですよね。

        m0516_3.jpg

        「閑さや 岩にしみいる 蝉の声」

        (逆光でうまく撮れず・・・涙)

         

        山寺といったら・・・この階段!

        m0516_04.jpg

        全部で1,015段もあるそう。


        この階段を上る前にまずは腹ごしらえ

        腹が減っては階段ものぼれず・・・ということで

        m0516_5.jpg

        おそば with ゲソ天 をいただきました。

        m0516_6.jpg

        山形の“だし”は存じていたのですが、ゲソ天の文化は初めて聞きました。

         

        内陸のため昔は流通が発達しておらず、新鮮な魚が食べられなかったと。

        そのため、するめの足を天ぷらにして食べていたそう。

        山形県ではそばにゲソ天!がセットだということです。

         

        こしがあるおそばに、サクサクのゲソ天。

        ぺろっと完食です。

        m0516_7.jpg

         

        さて、おなかも満たされたということで!

        階段を一段一段のぼっていきます。


        m0516_8.jpg

         

        周りはこの景色!

        m0516_9.jpg m0516_10.jpg

        若葉がとてもきれいでした。

        木漏れ日がキラキラしていて、時折吹く風も気持ちよかったです。

         

        道は舗装されていましたし、手すりもあったため歩きやすい

        おじいちゃん、おばあちゃん、そして小さな子どもたちまでのぼっていました。

         

        休憩をしながらのぼること1時間・・・

        頂上に到着!

        m0516_11.jpg

        この景色を見てこの句を詠んだのですね。

        今も昔も変わらないこの景色感動しました。

         

        この日は最高気温が27度。一番気温があがる昼頃にのぼったため、汗をかなりかきました

        上るときは、脱ぎ着しやすい服装がおすすめです。頂上で飲んだ水がおいしかった~~。

         

        さて、体力を使った後は甘いもの?

        ということで、ソフトクリームをいただきました。

        m0516_12.jpg

        伊藤さんはラフランス味を。

        私はさくらんぼ味をいただきました。

         

        見て、食べて、感じて、癒やされて。

        山寺を満喫してきました。

         

        奈央のいいねフォト 続いては「宮城編」です。
        お楽しみに!

        最新記事

        検索

        カレンダー

        <<  2019年07月

        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2 3 4 5 6
        7 8 9 10 11 12 13
        14 15 16 17 18 19 20
        21 22 23 24 25 26 27
        28 29 30 31      

        バックナンバー

        ▲ ページの先頭へ