NHK仙台 アナウンサー・キャスターblog

塩澤 大輔

塩澤 大輔

プロフィールを見る

アナウンサー

    キャスター

      過去に在籍していたみなさん

        このブログについて

        RSS

        メニュー TV NHK 地域 仙台 アナ キャス日記

        2015年01月09日 (金)
        【塩澤 大輔】私、気になります~注目の番組「知られざるコミケの世界~

         

        ども、普段はなかなかこれと決めてテレビ番組を見ない方塩澤です。

         

        そんな、気になっている番組が、来週月曜日に放送されます。

        「いや、されてしまいます!」(なぜこの表現かは後述しますが)

        それが、こちら

        総合テレビ 1月12日午後6時10分~6時45分

        「知られざるコミケの世界」

        (仙台局制作の番組ではありませんが…)

         

        ご存じない方に簡単に説明しますと、

        「コミケ」というのは「コミックマーケット」という巨大な同人誌即売会イベントのことです。いえ、正確には「頒布会」。

        に3日間ずつ開かれるイベントで、3日間のべ60万人が訪れる日本有数のビッグイベントなのです。

        (60万人…、私がかつて勤務していた鳥取県の人口が現在59万人。恐ろしい人数です)

        (ちなみに、40年の歴史があります)

         

        去年12月に開かれた、いわゆる「冬コミ」には、なんとNHK企業ブースとして初出展しました。

        そして広報局がおそらく総力をあげて!?作ったであろう「薄い本」を配っていたのです。

         

        それが、こちら

         

        NHK公式パンフレット

         

        中身はというと、NHK気象情報でおなじみの「春ちゃん」「冬将軍」4コマなどなど

         

        公式パンフレット中身

         

        なぜ?塩澤の手元にこの本があるのか??激務の合間をぬって…リサーチにいったのですよNHKオタアナとしては…

        そんな、NHKも初参戦した「コミケ」私も一度番組で取材したいとかねてから思っていたのですが、をこされてしまったわけですね。

         

        ここで、書き出しの「いや、されてしまいます」につながるわけです。

        正直、「コミケ」を取材するのって、いろんな意味事情で難しいはずなんです。

         

        とかく、おもしろ半分に取り上げられがちな分野なので、参加者の中にはそっとしておいてほしいという方も多いはずの現場。かといって、分かる人にしか分からないように遠慮すると、また特殊な世界なんだなと視聴者に思われてしまいます。

        「コミケ」を番組が、どう誠実に描くのか、テレビマンとしても漫画アニメファンの一人としても注目しています。

        (自分だったらどうしてたかなあという目で見ちゃいますねきっと)

         

        このブログで興味を持って、見てみようかなと思ってくれた方に一つだけお伝えしておきます。

         

         「好きなことを好きだ!と言えるエネルギーが渦巻いている現場」番組です。

        最新記事

        検索

        カレンダー

        <<  2016年08月

        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2 3 4 5 6
        7 8 9 10 11 12 13
        14 15 16 17 18 19 20
        21 22 23 24 25 26 27
        28 29 30 31      

        バックナンバー

        ▲ ページの先頭へ