2020年02月09日 (日)

2020年2月9日の動画

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:ホームルーム | 固定リンク


  
2020年02月08日 (土)

週刊Mr.シップ 第百九十五回 「イスラエルとパレスチナ」

20200208_4koma_isuraerutoparesuchina.jpg

 

それぞれにとって、ゆずれない大事な土地だからこそ、たくさんの血が流れてきたんだよな。

 

納得する答えって見つかるのかな。

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:14:34 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


  
2020年02月07日 (金)

キャラクターにも注目!

前回の「せかいま」に登場したのは…

20200207_shin_001.jpg

かかしの「アイオワくん」、

アメリカ大統領選挙についてお伝えしました!

20200207_shin_002.jpg

 

そういえば、「せかいま」には、

これまでにも印象的なキャラクターが登場していました!

20200207_shin_003.jpg

「イーユーダー」

EUの今について紹介してくれましたねえ。

 

そして…

20200207_shin_004.jpg

「オンダンカデガス」

温暖化の原因とされる温室効果ガスについて考えましたねえ。

今後、どんなキャラクターが出てくるのか、お楽しみに!

(毎週出てくるとは限りません・笑)

 

「せかいま」のホームページ

https://www4.nhk.or.jp/sekaima/ )

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2020年2月9日のゲストは、サヘル・ローズさんです。

 

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:17:23 | カテゴリ:永井伸一の目指せ100点満点! | 固定リンク


  
2020年02月06日 (木)

アメリカ大統領選 トランプ大統領と戦うのは?

20200206_art_001.JPG

2020年2月2日の出演者のみなさんです。

左から、永井伸一キャスター、国際部の虫明デスク、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの虻川美穂子さん、国際部の久米井デスクです。

 

 

「2月3日は節分だなー、伸さん」。

20200206_art_002.png

「鬼は外~、福は内~」。

「そうだねシップ~。豆をまいて、邪気を払って、いい年のスタートにつなげたいよね!」。

 

スタートといえば、あの国でも、ながーい戦い「アメリカ大統領選挙」が始まります。

もう4年、大統領をやりたいトランプ大統領。

でも、それを阻もうとする人たちがたくさんいます。

トランプ大統領は、だれと戦うことになるのでしょうか。(2月2日の放送日時点)

 

国際部アメリカ担当・久米井彩子デスクが「アイオワ」と書かれた「かかし」とともに登場し、解説しました。

20200206_art_003.png

20200206_art_004.png

アイオワというのはアメリカの州のひとつで、農業で有名なところです。

アイオワ州では、アメリカの大統領を選ぶ戦いが始まるんです。

 

「アイオワ」にやってきた気分でみていきましょう。

アメリカには民主党と共和党という2つの大きな政党があり、それぞれが出した候補者が、大統領の座を争います。

実は、これは大統領選挙の「後半戦」なんです。

「前半戦」はなにかというと、民主党と共和党それぞれが、全米各州などで順番に集会を開いたりや選挙を行ったりして最終的な党の候補者を決めるんです。

2月3日のアイオワ州でこの「前半戦」が始まります。

つまり、党の候補者を決める戦いが始まるということなんです。

20200206_art_005.png

共和党は、トランプ大統領が「後半戦」まで進むのが確実です。

一方、民主党はたくさんの候補者がいて、誰が「後半戦」にたどりつけるのか見えていません。

それだけに、アイオワ州での初戦に注目が集まっているんです。

 

注目のアイオワ州がどんなところか見ていきましょう。

20200206_art_006.png

アイオワ州が位置するのはこのたりです。

アメリカのほぼ真ん中です。

農業が盛んで、トウモロコシは全米1位、大豆は全米2位の生産を誇ります。

しかし人口は、およそ310万で、全米のおよそ1%ほどなので、注目されることが少ない、どちらかというと地味な州なんです。

20200206_art_007.png

(地味と言われてがっかりするアイオワくん)

 

ただ、大統領選挙の年は、アイオワから選挙がスタートすることが決まっているため、世界中が注目するんです。

20200206_art_008.png

(注目が集まってうれしいアイオワくん)

 

全米で最も早く意思が示せるということで、誇りに感じるアイオワの人たちもいます。

さらに候補者たちはアイオワでの選挙活動にたくさんお金をかけて、力を入れるんです。

なぜなら、アイオワの結果が、その後の行方を大きく左右するかもしれないからなんです。

20200206_art_009.gif

[アイオワの結果がとーっても大事ってのを、過去の選挙が証明しているんだヨーソロー!]

20200206_art_010.png

 

民主党では、1972年以降、正式な大統領候補者に選ばれた9人のうち、アイオワでトップになった人は、7人もいます。

なかでも、オバマ前大統領は、本命だったクリントン氏を抑えてアイオワで勝利。

大統領にまで上りつめました。

初戦は注目されるだけあって、アイオワで勝てばメディアもたくさん取り上げて、支持者も増加、選挙につかうお金もたくさん集まり、勢いが増します。

 

アイオワで勝った民主党の人が、トランプ大統領の相手になるかもしれません。

 

誰が勝つのか気になるところですが、有力候補は4人。

農業の盛んな州での戦いということでトラクターに乗って、候補者選びのレースに臨んでいます。

20200206_art_011.png

◆「ミスター格差」こと、サンダース氏。

貧しい人とお金持ちの間に広がる格差を縮めよう!と訴えています。

 

◆「大企業嫌い」のウォーレン氏。

格差の解消を求めて怒りの矛先を大企業などに向けています。

 

◆「個性派」ブティジェッジ氏。

候補者の中で最年少、同性愛者で、8か国語を話すなど特徴を挙げたらキリがありません。

 

◆「ふつーのおじさん」バイデン氏。

オバマ政権で副大統領を務め安定感が売りです。

 

さらに見ていくとこの4人は考え方は、「左派」と「中道」の大きく2つに分けられます。

「左派」と「中道」とは、政策の路線の違いで分けられるグループです。

民主党が大切にしているのは弱者に優しい社会、つまり、弱い人の見方になるということです。

20200206_art_012.png

しかし「左派」と「中道」には、福祉や教育をめぐって大きな方針の違いがあります。

 

まず「左派」。

政府が手厚い支援をしたいと考えています。

この「左派」が、サンダース氏とウォーレン氏です。

2人は民主党の弱い人の見方という理念がより強く出ています。

20200206_art_013.png

一方の「中道」。

財政的なバランスを考えて、現実的な支援にとどめるべきだと考えています。

この「中道」は、バイデン氏とブティジェッジ氏です。

2人は「左派」の政策は現実的ではない面もあると主張してます。

 

政府がどこまで支援するべきかというのは、選挙でも重要なポイントになります。


それでは、アイオワのトラクターレースの状況はどうなのか。

2月3日は節分ということで豆を用意しました。

掛け声は「鬼は外~」ではなくて「アイオワー誰~?」。

20200206_art_014.png

まず飛び出したのは「大企業嫌い」ウォーレン氏と「個性派」ブティジェッジ氏。

20200206_art_015.gif

 

しかし最終的には…「ミスター格差」サンダース氏に「ふつーのおじさん」バイデン氏が続く結果に。

 

アイオワ州の最新の世論調査では「左派」のサンダース氏と「中道」のバイデン氏がトップを争っています。

「左派」と「中道」の対立がいま、民主党の支持者の中で激しくなっているんです。

20200206_art_016.png

 

アイオワ州の支持者たちを取材しました。

 

長年、格差解消を訴え続けてきたサンダース氏は、公的な医療保険で国民全員をカバーして、弱者に優しい社会を実現すると掲げています。

20200206_art_017.png

 

サンダース氏の集会に参加したマケナ・ドリスコルさんは、サンダース氏の姿勢を支持しています。

夫と8歳の息子の3人で暮らしていますが、給料が上がらない中で物価が上昇し、常にぎりぎりの生活を強いられています。

ドリスコルさんは、以前、激しい頭痛に襲われた際、加入している保険では医療費がまかなえないと病院から治療を拒否された経験があります。

「雷が落ちたようなひどい頭痛で病院に運ばれたのに、薬だけ渡されて、そのまま家に帰されたのよ。アメリカの医療保険制度は壊れているわ」。

お金で命まで左右される現状に憤りを感じ、サンダース氏に大きな期待を寄せています。

20200206_art_018.png

「サンダース氏が『すべての人は平等であるべきだ』として、医療制度などを大きく変えると主張しているのは私にとって、とても重要なんです」。

 

一方、これに真っ向から対立しているのが、中道のバイデン氏です。

サンダース氏の政策は弱者に過剰に手厚く、財政的な負担が大きすぎると指摘して、現在の制度を拡充するのが現実的だと訴えています。

20200206_art_019.png

 

その現実路線を支持するマイク・ハーマンさんは、副大統領を務めたバイデン氏の安定感にも期待しています。

「バイデン氏は長年、政界にいる経験から政策の進め方を知っています。それに海外の首脳とすでに面識があり、これは、ほかの候補者とは違う点です」。

そして、サンダース氏の主張は極端で、無理に実行すれば国の財政が破綻するのではないかと疑問を感じています。

さらにハーマンさんが心配しているのは民主党支持者の間の深い亀裂です。

考え方があまりに隔たってしまい、党の正式な候補が決まった後、敗れた方の支持者がちゃんと支持するだろうかと不安を感じているのです。

20200206_art_020.png

「前回の大統領選挙の時はまとまらなかったので、トランプ大統領に負けたのです。分断を繰り返さないか心配です」。

 

 

候補者の対立が、支持者の分断にもつながっているんです。

対立に終止符を打って、民主党がひとつにまとまれるのか、今後の大きなポイントになってくると思います。

そしてこの混乱ぶりを、高いところから見ている人が、対戦相手となるトランプ大統領です。

20200206_art_021.png

いまはこんな気持ちなのかもしれません。

民主党の対立が長引けば、トランプ大統領が得するだけとの指摘もあります。

 

20200206_art_022.png

きょうのまとめは「上昇気流か?泥沼か?」。

この4人は、初戦のアイオワ州を制して、早く上昇気流に乗ることを狙っています。

この中から、トランプ大統領と全面対決する相手が見えてくるのか、それとも、さらに混迷を深め、泥沼化してくのか。

アイオワで見えてくるかもしれません。

20200206_art_023.jpg

 

 

 

【この日の時間割】

1.感染加速する新型肺炎 最新情報&拡大防止は

2.アメリカ大統領選 トランプ大統領と戦うのは?

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2020年2月9日のゲストは、サヘル・ローズさんです。

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:15:33 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


  
2020年02月02日 (日)

2020年2月2日の動画

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:ホームルーム | 固定リンク


  
2020年02月01日 (土)

週刊Mr.シップ 第百九十四回 「アイオワから始まる」

20200201_4koma_aiowakarahajimaru.jpg

 

もぐもぐ。とうもろこし、うまい。

アイオワ行ったら山ほどとうもろこし、食べられるのかな。

 

もぐもぐ。

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:19:05 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


  
2020年01月31日 (金)

間もなく節分ですねえ

ことしは2月3日が節分!

そこで、Mr.シップと、渋谷にある金王八幡宮へ。

20200131_shin_001.jpg

まさに都会の喧騒を忘れてしまうような場所、

ここでも3日に節分祭があるそうです。

20200131_shin_002.jpg

おっと、一足早く鬼が…

20200131_shin_003.jpg

いやいやスミマセン、ワタクシでした…

 

日本では節分の2月3日に、

アメリカでは長い戦いが始まるんです!

それは一体…

 

「せかいま」のホームページ

https://www4.nhk.or.jp/sekaima/ )

 

ご覧くださいね!

20200131_shin_004.jpg

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2020年2月2日のゲストは、虻川美穂子さんです。

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:15:16 | カテゴリ:永井伸一の目指せ100点満点! | 固定リンク


  
2020年01月30日 (木)

担当デスクも驚いた プーチン大統領の野望

20200130_art_001.JPG

2020年1月26日の出演者のみなさんです。

左から、永井伸一キャスター、国際部の虫明デスク、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの渡辺徹さん、国際部の石川デスクです。

 

 

ロシアでは、むか~しから食べられている“ブリヌイ”。

20200130_art_002.png

ロシア人はこの“ブリヌイ”に食材を乗せて、巻いて食べるそうですが、特に好きなのがイクラ。

長く愛されてるだけあって、とてもおいしい“ブリヌイ”ですが、

ロシアで、長い!と言えば…

20200130_art_003.png

プーチン大統領。

大統領や首相として、20年も国を率いてきました。

ところが、年明け早々、大臣がみんな辞めてしまいました。

さらに、プーチン大統領、「大統領」を辞めてしまうかもしれないんです。

 

プーチン大統領が、いったい何を考えているのか、国際部ロシア担当の石川慎介デスクが解説しました。

20200130_art_004.png

プーチン大統領どうなるのでしょうか、それをひもとく前にまずは、こちらの映像をご覧下さい。

 

ことしはじめの恒例の演説の模様です。

最初はいつもと同じような話をしていたからでしょうか、演説を聞いている人の中には眠そうにしている人や、ちょっと退屈そうに見える人もいます。

20200130_art_005.png

ところがこのあと、プーチン大統領は「憲法改正の議論は、これからのロシアにとって大事なことではないでしょうか」と、終盤近くに突然、憲法改正を言い出したんです。

これで会場の雰囲気が一変しました。

20200130_art_006.png

さらにこの演説の直後に、内閣が総辞職し、首相も変わりました。

予想だにしないロシアの政治の急激な動きに、世界が驚いたんです。

20200130_art_007.png

この演説でプーチン大統領は“憲法を改正して、ロシアの政治のしくみを大きく変える”、さらにプーチン大統領自身は“これ以上、大統領を続けない”ということも示したんです。

その背景にはロシアの国内で広がる、格差、そして不満の高まりがあるんです。

20200130_art_008.png

 

モスクワの北村記者が、モスクワ市内を取材しました。

 

モスクワの中心部はいま、超高層ビルの建設ラッシュです。

人気のレストラン街の駐車場には、ヨーロッパの高級車がずらりと並んでいます。

マーケットには品物があふれ、人々の生活が豊かになっていることを実感します。

しかし、中心部から車で1時間ほど離れると、冷戦時代に建設された集合住宅が建ち並び、老朽化が進んでいます。

20200130_art_009.png

冷蔵庫の容量が十分でない家庭は、窓に食料品をぶらさげて冬を過ごします。

20200130_art_010.png

 

住民に話を聞くと…

「給料を上げてほしいよ。私の給料は18年前からまったく変わっていないんだ」。

20200130_art_011.png

「行政にもお願いをしたけど、何もしてくれませんでした。もう頼む気もなくなったわ」。

このように、中心部のような繁栄から取り残された、貧しい人たちも増えています。

 

20200130_art_012.png

[ロシアの人々の不満が、プーチン大統領の長期政権にも向かっているんだヨーソロー]

 

2000年、47歳の若さで就任したプーチン大統領は「強いロシアの復活」を掲げて、国を立て直しました。

国民は、大喜び。

それから20年がたってもプーチン大統領はトップに君臨し続け、外相や国防相などの主な大臣たちは、ずーっと同じ人です。

そして、大企業のトップたちも、やっぱりずーっと同じ人なんです。

代わり映えしない顔ぶれに、国民は“うんざり”。

それに、長い間権力が集中したせいで、汚職もひどいんです。

たとえば、若者がビジネスで成功するためには、権力者とのコネが必要になってしまいました。

「プーチン大統領は、もうたくさんだ!」。

「ロシアには変化が必要だ!」。

かつては80%を超えていた支持率も下がって、最近では大規模な反プーチン集会も開かれています。

 

 

不満が高まって支持が落ちているプーチン大統領ですが、任期は2024年までで、あと4年あります。

しかし、そこまで指をくわえて何もしないわけにはいきません。

そこで「憲法改正」「大統領を続けない」というお湯で国民の不満を溶かし「変わるロシア」を見せようという狙いなんです。

20200130_art_013.png

 

こちらの雪だるまで、プーチン大統領がどうしようとしているのか、見ていきましょう。 14

20200130_art_015.png

大統領に権限が集中していて、議会よりかなり大きな力を持っています。

プーチン大統領はこの圧倒的な力で政治を動かしてきました。

ところが、このかたちを変えようというんです。

 

どうするかというと…

20200130_art_016.png

このように、権力のバランスを変えて、大統領の権限を分散させようとしているのです。

例えば、今は大統領が首相を決めていますが、改正案では、首相候補は議会が決めることになります。

20200130_art_017.png

さらに、大統領を長くできないようにします。

いまの憲法では、大統領は2期までですが、1回休めば、また続けられます。

いまのプーチン大統領がこれです。   

20200130_art_018.png

これからは「完全に2期」としたんです。

そのため、プーチン大統領ももうこれ以上、続けられなくなります。

そこでカギを握るのが、この小さな雪だるまです。

20200130_art_019.png

これは「国家評議会」という名前の組織です。

大統領に助言をする役割ですが、今はそれほど力はありません。

プーチン大統領は、この力を大きくしようとしているんです。

20200130_art_020.png

そして、ここに国の大方針を決める権限を持たせようとしています。

20200130_art_021.png

しかし、この雪だるま、ちょっと大き過ぎますよね。

ここにプーチン大統領の「したたかな思惑」が隠されているとみられます。

プーチン大統領は、この大きくした国家評議会のトップに、自らがつくのではないかとみられているんです。

20200130_art_022.png

さらに、次の大統領に自分に従う人物を置いて、引き続き実権を握る思惑があるのでは?というわけなんです。

20200130_art_023.png

 

ただプーチン大統領には気になることもあります。

20200130_art_024.png

67歳という年齢です。

 

こちら、昔のプーチン大統領です。

20200130_art_025.png

そして、こちらは去年。

杖をついて登山をしています。

20200130_art_026.png

かつての強いリーダーというイメージと落差があります。

これがロシアで大きな話題になったんです。

 

67歳となったプーチン大統領、なぜそこまでして権力を握っていたいのでしょうか。

それはやはり、強力なリーダーシップがあるからなんです。

これが失われてしまうと、ロシア自体も崩れてしまうのではないか、そうした心配が本人にも周りの人にもあるんです。

つまり…

20200130_art_027.png

「私しかいない」というわけです。

20200130_art_028.png

キーワードは「ロシアの行方占う2020」です。

ロシアは、ことし注目の国になると思います。

プーチン大統領は4年の任期を残して、国民の不満も踏まえ、年明け早々から先手を打ちました。

その狙いがことし、よりはっきりすると思います。

 

 

 

【この日の時間割】

1.感染拡大 新型ウイルス 最新情報

2.担当デスクも驚いた プーチン大統領の野望

3.客が作るレストラン!? フランス料理の楽しみ方

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2020年2月2日のゲストは、虻川美穂子さんです。

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:16:40 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


  
2020年01月26日 (日)

2020年1月26日の動画

投稿者:スタッフ | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:ホームルーム | 固定リンク


  
2020年01月25日 (土)

週刊Mr.シップ 第百九十三回 「ロシアが変わる?」

20200125_4koma_roshiagakawaru.jpg

 

みんなは知らないかもしれないけど、オレは歌がうまいんだ!

 

そんなことより、プーチンの“ウラの思惑”の方が気になるよなぁ。

日曜日のせかいまで、レッツ解説!するヨーソロー!

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:17:54 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS

page top