2019年05月17日 (金)

大好きなんです!

手前みそではありますが、

「せかいま」のホームページ

( https://www4.nhk.or.jp/sekaima/ )

 これが実におもしろいんです!

20190517_shin_001.jpg

 

番組キャラクター・Mr. シップのマンガに…

https://www4.nhk.or.jp/sekaima/206/ )  

放送した動画もチェックできちゃう ) 

http://www.nhk.or.jp/program/sekaima/movie.html ) 

 

ワタクシも、これまでの放送から、

“世界”を学びなおしています!

20190517_shin_002.jpg

 

今週の放送も、ぜひお楽しみに!!!

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2019年5月19日のゲストは、福田萌さんです。

 

 

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:13:01 | カテゴリ:永井伸一の目指せ100点満点! | 固定リンク


  
2019年05月16日 (木)

トランプ大統領 トラになる!?

20190516_art_001.JPG

2019年5月12日の出演者のみなさんです。

左から、永井伸一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの高橋真麻さん、国際部禰津博人デスクです。

 

この日の時間割。

1時間目「トランプ大統領 トラになる!?」

2時間目「トンガと日本 深~い関係」

3時間目「南スーダン 元少年兵のいま」

 

1年半ぶりに弾道ミサイルを発射した北朝鮮。さらにイランでも気になる動きが…。

20190516_art_002.png

国際部アメリカ&中東担当・禰津デスクが、トランプ大統領の「トラ」にかけて、北朝鮮とイランのいまを解説しました。

20190516_art_003.png

こちらの「トランプ外交早わかり装置」を使って、トランプ大統領が北朝鮮とイランの2つ国をどう見ているのか説明していきます。

20190516_art_004.png

実は、トランプ大統領は、北朝鮮に対して、最近はトラではなく猫でした。

20190516_art_005.png

北朝鮮は今月4日に1回目の発射を行いましたが、トランプ大統領は、表面上怒りを見せていませんでした。

20190516_art_006.png

トランプ大統領のツイッターでは「キム委員長は私との約束を破りたいとは思っていない」と、北朝鮮の出方を見守っていました。

なぜかというと、3回目の米朝首脳会談に意欲を示しているのです。

北朝鮮への直接的な非難は避けて、対話ムードを保っていこうとしたのだと思います。

20190516_art_007.png

ところが北朝鮮はそのわずか5日後にまた、発射。

さすがのトランプ大統領も、メンツを潰された形となり「とても深刻に捉えている。誰も喜んでいない」と述べ、不快感を示しました。

20190516_art_008.png

アメリカ国防総省も2回目は「弾道ミサイルだった」とする分析結果をすぐに明らかにしました。

弾道ミサイルはものすごいスピードで、核弾頭を遠くまで運ぶ力を持っています。

つまり、核ミサイルになってしまいます。

今回は短い距離だったとしても、いずれアメリカに直接届く弾道ミサイルの発射まで行ってしまう可能性もあります。

それはトランプ大統領にとって最悪のシナリオです。

20190516_art_009.png

そうならないために、北朝鮮に「これ以上は控えるべきだ」と釘を刺したんです。

このままでは2人に芽生え始めた信頼関係も台無しになってしまうと警告する意味合いもあったかもしれません。

 

北朝鮮の狙いを、中国総局で北朝鮮を取材している長野記者に聞きました。

ひとことで言うと、アメリカに対する憤りを実際の行動で示す必要があると判断したからだと思います。

アメリカが一方的に非核化を要求しながら、制裁の解除など、見返りをくれないことは「規約違反だ」「強盗のようだ」とまで言っています。

北朝鮮は、これまで何度も挑発を繰り返してきています。

国際社会からの批判をものともせず、再びもとに戻ることもありえるというメッセージを示したかったのだと思います。

今の状態がつづけば、米朝首脳会談を行う雰囲気ではありませんが、アメリカから何としても「制裁解除」を勝ち取りたいと思っている北朝鮮は、挑発することが狙いだったのかもしれません。

北朝鮮はアメリカから何としても制裁解除を勝ち取りたいと思っています。

トランプ大統領を本気で怒らせない程度に危機感を演出して、その上で、譲歩を引き出そうとする北朝鮮の得意の交渉術がまた始まったのかもしれません。

 

その北朝鮮に1度は不快感を示したトランプ大統領ですが、次の日には態度を変えました。

20190516_art_010.png

トランプ大統領の態度はちぐはぐしているようにも見えます。

ただこれは、裏を返せば、北朝鮮との非核化の交渉が行き詰まりを見せている現れなんです。

北朝鮮の挑発的な行動は不愉快だけれど、対話を決裂させるわけにはいかないと思っているんです。

 

北朝鮮には、トラ猫で接してきたトランプ大統領ですが、イランに対しては…

20190516_art_011.png

猫どころか怒り狂った、トラになっています。

 

アメリカとイランは今月になって緊張が一気に高まっていて、トランプ大統領は、イランを追い詰めようとしているんです。

ちょうど1年前に関係を決裂させた大きな動きがありました。

イランの核開発をやめさせようと、世界の主な国が一緒になって結んだ「核合意」を、トランプ大統領が一方的に離脱すると言い出したのです。

 

20190516_art_012.png

「核合意」についてオレが説明しヨーソロー

 

核合意は、オバマ大統領が主導して実現しました。

ところが、オバマ前大統領がとにかく嫌いなトランプ大統領は、「この合意は欠陥だらけだ」と主張して離脱しました。

 

さらにトランプ大統領の周りには、イランが大嫌いな側近が揃っていて、イランに対して強硬的な政策を次々と繰り出しています。

20190516_art_013.png

その1つが、イランで最も重要な産業「原油」の輸出をできなくしたことです。

イラン経済は相当なダメージを受け、この1年で通過の価値は3分の1にまで減りました。

食料品や日用品が激しく値上がりしていて国民の間に不満が高まっています。

 

さらに、トランプ大統領は軍事面でも新たな圧力をかけ始めました。

イランの周辺に、原子力空母や爆撃機など次々と展開すると発表し、イランを威嚇しています。

 

追い詰められたイランは、これまで何とか耐えてきましたが、ついに先週大きなカケに出てきました。

20190516_art_014.png

「イランの経済が改善しなければ、60日後に核開発を再開させる」と揺さぶりをかけてきたんです。

しかし仮にそうなると、アメリカだけでなくイランと敵対している中東の国々との間で一気に軍事的な緊張が高まります。

もしかしたら、戦争が起きてしまうかもしれません。

 

ここで鍵を握るのが、これまで仲介役を担ってきたヨーロッパの国々です。

この60日間にヨーロッパの国々が、制裁に苦しむイランに手を差し伸べることができるのか、そして核開発の再開をしないよう説得できるかどうか、時間が限られているため非常に厳しい交渉となりそうです

20190516_art_015.png

「イランにかみつきそうなトランプ大統領。北朝鮮に猫かぶるのいつまで?」

イラン情勢は待ったなしです。

一方の北朝鮮についてはトランプ大統領は今は様子見ですが、それもいつまで続くかはわかりません。

世界の安全保障に大きく関わるこの問題についてしっかりと見ていかないといけない時期にきています。

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2019年5月19日のゲストは、福田萌さんです。

 

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:15:19 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


  
2019年05月11日 (土)

週刊Mr.シップ 第百六十二回 「令和」

大型連休は海の男らしく、世界を旅してきたんだヨーソロー。

 

20190511_4koma_reiwa.jpg

 

むしろ、北朝鮮もイランも少し後退したような気がするけど…。

こりゃ先生に聞くしかないヨーソロー。

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:18:29 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


  
2019年05月10日 (金)

貴重な体験!

連休、皆さんはいかが過ごしましたか?

ワタクシは、学生時代の友人を訪ね台湾へ行きました。

今回の旅のお目当ては、“食”ではなく…

20190510_shin_001.jpg

この畑に行くことでした。

何が育っているのかといいますと…

20190510_shin_002.jpg

枝豆です!

 

友人が台湾で冷凍枝豆の生産・輸出をしている会社に勤めていて、

今回は収穫を見せてもらえることになったのです。

20190510_shin_003.jpg

運転席にいる人が左側に見えますねえ、結構大きな機械で収穫していきます。

そばで見ていると大迫力!

 

そして…

20190510_shin_004.jpg

トラックに積んで、その日のうちにボイルして冷凍するとのこと。

日本では台湾産の冷凍枝豆が多く輸入されているということなので、

これからしっかり味わって食べたいと思った今日この頃です・笑。

20190510_shin_005.jpg

「オレと収穫する機械」

 

やっぱり現地に行って何かを体験する、知るってとても刺激的ですね。

今週の「せかいま」も、現地経験豊富な先生(国際部のデスク)の解説が楽しみです!

ぜひご覧くださいね。

「これでわかった!世界のいま」ホームページ

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:13:00 | カテゴリ:永井伸一の目指せ100点満点! | 固定リンク


  
2019年05月08日 (水)

ロ朝首脳会談 今後の北朝鮮と関係国は

20190508_art_001.JPG

2019年4月28日の出演者のみなさんです。

左から、永井伸一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストのパックン、国際部佐々一渡デスクです。

 

この日の時間割。

1時間目「スリランカ同時爆破テロ1週間 現地では」

2時間目「ロ朝首脳会談 今後 北朝鮮&関係国は」

3時間目「難民問題訴える “スーパー高校生”」

 

1時間目は、インド洋にあるスリランカの同時爆破テロ事件についてお伝えしました。

日本人も犠牲になったこのテロ事件から1週間が経ちました。

これまでに日本人1人を含む253人が死亡しました。

捜査当局によると実行犯は9人で、ほとんどが裕福な家庭で育ち、高学歴で留学経験がある者もいます。

キリスト教徒のお祭りの日に起きたので、少数派のキリスト教徒や外国人観光客を狙ったのではと見られています。

かぎを握るのは、リーダー格だったザヘラーン容疑者です。

ザヘラーン容疑者は当初は敬けんなイスラム教徒だったそうですが、イスラムの教えを忠実に守ろうと訴える集会をめぐり警察とトラブルになり人が変わったといわれています。

その後、インドなどを転々とし、過激なビデオをインターネット上で発信するようになりました。

そしてその間に接近したとみられるのが過激派組織IS=イスラミックステートなのです。

20190508_art_002.png

一時期、中東で勢力を拡大したISですが、今は弱体化が進み、メンバーはアジアなど自分の国に戻ってきています。

そうした中で、居場所を失ったISの関与の疑いが強まったことで、アジアにとって新たに脅威になりかねない事態となっています。

 

 

2時間目は、

ロシアを訪れた北朝鮮のキム・ジョンウン委員長について、国際部佐々一渡デスクが解説しました。

20190508_art_003.png

ロシアのプーチン大統領と初めての首脳会談を行ったキム委員長ですが、

本当に会いたかった相手は、別にいたようです。

 

それは、アメリカのトランプ大統領です。

今回のプーチン大統領との首脳会談も、トランプ大統領を意識したものだと言えそうです。

20190508_art_004.png

こちら、世界の首脳たちが集うカフェです。

お客さんは、キム委員長とトランプ大統領。

去年の6月、史上初めての米朝首脳会談が行われました。

世界からも注目を浴び、キム委員長も会談は成功したと、とても満足気でした。

20190508_art_005.png

ここにお客さんが入ってきました。プーチン大統領です。

じつはこの頃、キム委員長はプーチン大統領からも会談の誘いを受けていました。

誘いは何度かあって「9月の国際会議に合わせてはどう?」とか、具体的な誘いもありました。

 

ただ、このときはキム委員長はプーチン大統領の誘いには応じませんでした。

具体的な理由は明らかにされていませんが、まずは、トランプ大統領との2回目の会談を成功させたいと考えていたのかもしれません。

20190508_art_006.png

そしてことし2月、キム委員長にとって待ちに待った2回目の米朝首脳会談。

キム委員長は「非核化は進める。その代わりに経済制裁を少しずつでも緩めてほしい」と求めました。

20190508_art_007.png

しかしこの会談は、物別れに終わりました。

キム委員長の主張に対し、トランプ大統領は「非核化が完全に終わるまで、制裁は緩められない」と。

2人はどうしても折り合えず、双方の立場が違うことはわかっていましたが、ようやく会談をしたのに何も決まらずに終わってしまいました。

キム委員長にとっても想定外のことだったと思います。

 

ここで、キム委員長は以前に誘われていたプーチン大統領との首脳会談に応じることにしました。

これが今回のロ朝首脳会談です。

キム委員長は「3回目の米朝首脳会談を開きたい」という気持ちが大きく、そのためには新たな作戦が必要だと考えました。

ロシアは世界でも発言力のある大国です。

北朝鮮にとって、中国のほかに歴史的にも関係が深い国。

しかもこれまでも、非核化を進めれば、少しずつ制度を緩めてもいいんじゃないかと、北朝鮮の立場に理解を示していました。

会談でもプーチン大統領は「キム委員長から朝鮮半島の情勢をめぐる立場をアメリカに伝えてほしいと言われました」と話しました。

つまりキム委員長は、自分の立場をアメリカに伝えて、そしてそれを後押ししてねとプーチン大統領にお願いしたのです。

20190508_art_008.png

プーチン大統領が自分たちの仲間であるとアピールをしたのでしょうか。

キム委員長がプーチン大統領にお願いしてまで3回目の会談を開きたいのは、やはり国際社会による制裁が効いているからなんです。

北朝鮮の国民生活にも影響が出ていて、制裁を緩めてもらいたいと思っているんです。

そのために必要なのが、アメリカのOKをもらうことです。

 

20190508_art_009.png

[北朝鮮への制裁はここ数年どんどん厳しくなっているんだヨーソロー]

 

キム委員長は、経済に力を入れる姿勢を鮮明にしているだけに、何としても制裁を解除してもらいたい。だからここまで、アメリカとの交渉を再開させることに必死になっています。

そのために「3回目の米朝首脳会談を開きたい」と、プーチン大統領と会談するという作戦にまで出ました。

 

ただ、キム委員長の作戦はそれだけではありません。

 

ここで、メニューが届きました。

20190508_art_010.png

トランプ大統領にもういちどテーブルについてもらうために、キム委員長が用意した特別メニュー、「戦術誘導兵器」と「トランプ大統領の側近批判」です。

これは、新型の兵器のようなんですが、写真なども公開されていないので、これがどういったものなのか詳しいことは一切わかっていません。

この兵器の発射実験が、先日、キム委員長も立ち会って行われました。

 

このメニューには、隠し味があるんです。

それがこちら。

20190508_art_011.png

「自分たちのことをしっかりと見てほしい」ということです。

つまり「このまま交渉に応じないと、またかつてのように挑発をすることになるかもしれないよ」というメッセージなんです。

そしてもう1つの「トランプ大統領の側近批判」とは、最近の北朝鮮の高官が、米朝首脳会談にも同行したトランプ大統領の側近に、かなり厳しい発言をしています。

隠し味は「大切なのは大統領だけ」。

というのも、側近は批判しても、トランプ大統領本人については、一切批判しない。

今月もキム委員長「トランプ大統領との個人的な関係はすばらしい」と強調している。

つまり、トランプ大統領と直接話をしたいんだと呼びかけているのだと思います。

 

キム委員長はここまでいろいろしていますが、3回目の米朝首脳会談は本当に実現するのでしょうか。

20190508_art_012.png

「北朝鮮もアメリカ・ファースト」

トランプ大統領の「アメリカ第1主義」とはもちろん違う意味ですが、制裁緩和にしても北朝鮮が何よりも重視しています。

自分たちの国を守るためにも、アメリカが最もカギになる国です。

つまり、北朝鮮のあらゆる行動は常にアメリカを見据えているということです。

そしてそのアメリカの大統領の中で、トランプ大統領は直接話ができた初めての相手です。

北朝鮮としては、今のトランプ大統領のうちに、できるだけ交渉を進めておきたいのが本音だと思います。今後もさまざまな形でアメリカの出方を探り、国際社会にも働きかけながら、自分たちにできるだけ有利な環境を整え、次の直接対話のチャンスをうかがっていくことになると思います。

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2019年5月12日のゲストは、高橋真麻さんです。

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:14:18 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


  
2019年04月27日 (土)

週刊Mr.シップ 第百六十一回 「各国の関係」

ベテランになると、いろんな仕事があるんだよな。

 

20190427_4koma_kakkokunokankei.jpg

 

外交って難しいよなぁ。

国のトップって、交渉のプロだろ?

そのプロ同士が駆け引きをするんだから、思い通りにするのは、本当に難しいよな。

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:18:14 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


  
2019年04月26日 (金)

福岡から来ました!

ワタクシ、「せかいま」を担当する直前まで福岡にいまして、

20190426_shin_001.jpg

「実感ドドド!」という番組を担当していました。

ユニークなタイトルですねえ、“ドドド”って???

20190426_shin_002.jpg

九州沖縄がドうなってるの、ドうしてなの、ドうすればいいの、

この3つのドをなるほどの“ド”に変えちゃうという番組。

「実感ドドド!」ホームページ

 

 

九州沖縄の皆さま、

2年間本当にお世話になりました、そして今年度からは、

“世界のいま”が、ドうなってるのか、しっかりお伝えしていきますね!

「これでわかった!世界のいま」ホームページ

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2019年4月28日のゲストは、パックンです。

 

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:13:05 | カテゴリ:永井伸一の目指せ100点満点! | 固定リンク


  
2019年04月25日 (木)

コメディアンが大統領に?ウクライナ大統領選挙

20190425_art_001.JPG

2019年4月21日の出演者のみなさんです。

左から、永井伸一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストのハリー杉山さん、国際部権平恒志デスクです。

 

この日の時間割。

(スリランカ6か所で爆発が起こり、138人が死亡したニュースを冒頭でお伝えしました。)

1時間目「ノートルダム大聖堂火災 その後」

2時間目「ウクライナ新大統領誕生なるか」

3時間目「中国で進むAI医療の実用化」

 

今月15日の月曜日、フランス・パリのノートルダム大聖堂で大規模な火災が起きました。

20190425_art_002.png

セーヌ川の川岸からは、せん塔が失われ、足場だけが残された痛々しい大聖堂の姿が見えます。

大聖堂は倒壊するおそれがあり、周辺は立ち入りが規制されています。

今は、イースターといってキリスト教徒にとって最も大切な祝日の真っ只中です。

市民も「火災のことがいまも信じられない」と話す人が多くいます。

 

国際部権平デスクが解説しました。

20190425_art_003.png

ノートルダム大聖堂は、パリの中心部のシテ島の中にあります。

20190425_art_004.png

このシテ島は紀元前から人が暮らし始めた「パリ発祥の地」です。

パリの町は、大聖堂があるシテ島から渦巻き状に広がっていきました。

ちなみに「シテ」というのは英語の「シティー」。

つまり町の語源とも言われているんです。

大聖堂の前には、「ポイント・ゼロ」と呼ばれる印があり、フランス全土の道路のスタート地点になっているんです。

20190425_art_005.png

フランス国内のすべての場所は、ここを起点に距離を測っているんです。

 

ノートルダム大聖堂が、フランス人にとって大切なもう1つの理由があります。

「ノートルダム」というのは、フランス語で「わたしたちの貴婦人」。

つまり、聖母マリアを意味します。

フランス人の多くを占めるキリスト教のカトリックにとって「心のよりどころ」なんです。

ノートルダム大聖堂ができたのは14世紀ごろと言われています。

長い歴史の中で、パリ市民を見守り続けてきた存在です。

今回の火事ではせん塔が焼け落ちてしまいましたが、その先端に取り付けられていた風見鶏が焼け跡から見つかりました。

これが見つかった直後の写真です。

20190425_art_006.JPG

パリ市民にとって市民を見守ってきたお守りのような存在なんです。

今後ノートルダム大聖堂はどうやって再建されるのでしょうか。

 

フランス政府は失われたせん塔のデザインを公募すると発表しました。

また、マクロン大統領は大聖堂を5年以内に再建したいと訴えました。

この5年という期間については専門家から実現を疑問視する声も上がっています。

損傷の大きさ、再建に必要な人材や資材の確保などを考えると10年以上かかるのではないかという見方も出ています。

フランスのメディアは、これまでに国内外で表明された寄付の総額は日本円で1000億円を超えたと伝えていますが、短期間に巨額の資金が集まったことにより、一部の市民からは、再建に比べて貧困層への支援が後回しにされていると、批判の声も上がっています。

20190425_art_007.png

 

 

2時間目は、こちら。

20190425_art_008.png

ドラマの中で大統領を演じたコメディアンが、本当に大統領になってしまうかも?

まさに、ドラマのような展開が、ウクライナの大統領選挙で起こっているんです。

放送日のこの日、ウクライナでは大統領を決める選挙が行われていました。

 

次の大統領の椅子を目指して2人が争っています。

ドラマの中で大統領役を演じた新人のゼレンスキーさんと現職のポロシェンコ大統領です。

ゼレンスキーさんが極めて優勢で、約60%の支持を集めてポロシェンコ大統領を圧倒しています。

20190425_art_009.png

ゼレンスキーさんは41歳のコメディアンで、政治経験はありません。

当初はあまり注目されていませんでしたが、前評判をひっくり返して一気に選挙戦のトップに躍り出ました。

支持されている理由はというと、選挙の争点にあるんです。

それがこちら。

20190425_art_010.png

プーチン大統領のロシアです。

ウクライナとロシアは歴史的にも経済的にも非常に関係が深いんです。

20190425_art_011.png

今回の大統領選でも、そのロシアとどう向き合うか問われているんです。

 

20190425_art_012.png

[ウクライナとロシアのふか~い関係をオレが説明しヨーソロー]

 

ウクライナでは、親ロシアの大統領と、ロシアから自立して欧米の仲間入りをしたい親欧米の大統領が、交互に大統領の座についてきました。

しかし、5年前、親欧米の野党勢力が、親ロシアの大統領を追放してしまいました。

それに怒ったロシアが、ウクライナのクリミアを併合してしまいました。

20190425_art_013.png

さらにウクライナ東部もロシアの支援を受けた武装集団が実効支配。

ウクライナ国民の間では、ロシアに対する反発がこれまでになく強まっているんです。

それにより、今回の大統領選挙では、ロシアとどう向き合うのかが大事になっているんです。

そこを見ていくと、ゼレンスキーさんに支持が集まる理由がわかってきます。

 

まず、現職のポロシェンコ大統領は、反ロシアの姿勢が最も強い「強硬派」です。

クリミアの問題にしろ東部の紛争にしろ「侵略者のロシアと対話による解決はない。力で奪い返す」という姿勢を貫いてきたんです。

しかしそれがうまくいかず、東部では今も戦闘が続きクリミアも結局取り戻せていません。

さらに国内の問題も深刻になっています。

20190425_art_014.png

混乱が長引く中で経済は低迷してしまい、政治家や実業家による汚職も深刻化してしまったんです。

だから、国民の間にはこんな声が出ているんです。

20190425_art_015.png

「現状を変えてほしい」「平和や安定をもたらしてほしい」

そんな声が高まっているんです。

 

一方のゼレンスキーさんはロシアに対して「穏健派」と言えます。

20190425_art_016.png

まずはロシアと話し合いをしましょうと言っています。

クリミアを取り戻し、東部の紛争を集結させるためには話し合いが出発点ではないかと主張しているんです。

そんなゼレンスキーさんに対する国民の期待が高まっているんです。

 

ゼレンスキー氏を支持しているイーゴリ・ラビッチさんは、4年前までウクライナ東部の町で雑貨店を経営しながら暮らしていました。

20190425_art_017.png

しかし2014年、ウクライナ政府軍と親ロシア派の武装勢力の間で紛争が始まり、ラゴビッチさんの町も戦闘の最前線になりました。

身の危険を感じたラゴビッチさんは家族を連れて首都のキエフに移ってきたのです。

自宅が気になりある日故郷に戻ると、駐留する政府軍の兵士たちが、ラビッチさんの自宅を拠点として勝手に使って荒らしていました。

20190425_art_018.png

「再び故郷で平和に暮らしたい。それを実現できるのはいまの大統領ではなくロシアと話し合う姿勢も見せるゼレンスキー氏だ」とラゴビッチさんは考えています。

 

こうした変化を求める人たちが、ゼレンスキーさんの支持に傾いているのです。

ロシアからすれば、対話を拒否するポロシェンコさんよりも対話の姿勢を示しているゼレンスキーさんに勝ってほしいはずです。

ロシアの国営テレビの番組では、ポロシェンコさんをアニメの豚のキャラクターになぞらえて「卑しい」人物だと批判しているんです。

実はロシアのプーチン大統領にとっては、そこまでする理由があるんです。

というのもプーチン大統領には、気になっていることがあるんです。

20190425_art_019.png

NATO(北大西洋条約機構)というのは、アメリカを中心とした軍事同盟です。

青で塗られた地域がNATOの加盟国です。

20190425_art_020.png

ロシアに目を光らせています。

ウクライナはちょうどその真ん中にあります。

ロシアにとってはウクライナというのは、NATOに対するいわば防波堤となってきたんです。

 

仮に、ウクライナがNATOに加盟してしまうと、ロシアはNATOと直接長い国境を接することになります。

20190425_art_021.png

現職のポロシェンコさんは「是が非でも加盟したい」と主張していますが、ゼレンスキーさんは「国民投票で決めようじゃないか」ということで、必ずしも加盟ありきではありません。

 

20190425_art_022.png

「コメディアン大統領に笑うロシア」

プーチン大統領は内心では笑みを浮かべているかもしれません。

選挙戦を見ていても、ゼレンスキーさんの主張は具体性に欠けていて、心もとない印象はぬぐえないんです。

政治経験もなく百戦錬磨のプーチン大統領に取り込まれるのではないか、そんな懸念が欧米の間で出始めています。

結果しだいでは、ヨーロッパの勢力図が変わるかも知れない今回の選挙、どうなるのでしょうか。

 

 

▼放送の翌日

新人のゼレンスキー氏が当選しました。

ウクライナ大統領に新人のゼレンスキー氏 対ロシアが焦点 | NHKニュース   

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190422/k10011892461000.html

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2019年4月28日のゲストは、パックンです。

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:19:12 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


  
2019年04月20日 (土)

週刊Mr.シップ 第百六十回 「ホントの話」

海外のドラマとか映画って、かっこいい政治家いっぱい出てくるよな。

 

20190420_4koma_hontonohanashi.jpg

 

しかもウクライナって、隣のロシアと領土をめぐって争ってる大変な時なんだヨーソロー。

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:19:16 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


  
2019年04月18日 (木)

自己紹介 ~海外旅行好きです~

今週の「せかいま」も楽しみですねえ!

「せかいまホームページ」

 

まだ2回しか担当していませんが、

世界各地のことを、あれやこれや知ることができるのは、

とっても刺激的!

 

そんなワタクシ、海外旅行大好きなのです。

時間ができれば、格安チケットを探して、すぐどこかに行ってしまう・・・

去年は、

20190412_shin_001.jpg

「平昌オリンピックとオレ」

20190412_shin_002.jpg

「スイスでチーズフォンデュとオレ」

20190412_shin_003.jpg

「アンコールワット遺跡群に到着したオレ」

どれも分かりづらいセルフショットでスイマセン・・・涙

 

「せかいま」担当になって、気になるところが早くも続出!

どこへ行こうかなあ・・・

みなさんの旅行の参考になるかもです、今週もぜひご覧くださいね!

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2019年4月21日のゲストは、ハリー杉山さんです。

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:20:56 | カテゴリ:永井伸一の目指せ100点満点! | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top