2019年02月01日 (金)

子供に負担をかけないで

2月3日(日)の「せかいま」で、医療通訳についてお伝えします。日本で病院を受診する外国人患者と医師の間のコミュニケーションを手助けする仕事です。先日(1月17日)のブログで、医療通訳としてデビューしたばかりの中国人女性について書きましたが、今日はもう1人、VTRに登場する人をご紹介します。

20190201_yoshi_001.jpg

日系3世のペルー人、モンテス・フランコさん(32)です。都内の通訳会社でスペイン語の通訳として勤務しています。モンテスさんが手掛けるのは、病院からの通訳依頼や外国人からの119番通報など、緊急性の高いものが中心です。

 

モンテスさんは16歳の時、父親が日本の自動車部品工場で働くことになり、両親と妹の一家4人で来日しました。それから2年後のある日、後から日本に来たばかりの親戚の男性が急に体調を崩すことがあり、親族の中で唯一、日本語が話せたモンテスさんが救急車に乗って付き添うことになりました。車内で、苦しそうな親戚の男性と救急隊員のやり取りを必死に通訳した当時の事を「専門用語はまだよくわからなかったし、そもそも救急車に乗るのも初めてで、とても怖かったです」と振り返ります。

 

この時の経験からプロの通訳になったモンテスさん。「他の人が自分と同じような経験をしなくて済むような社会にしたい」といいます。今も、日本語が分からない両親に代わって、若いうちに来日し日本語が堪能な子供たちが医療現場での通訳を担わざるを得ない事があるそうです。「命に係わる通訳だから、訓練を受けた専門家が担うべき。子供に大きな責任を背負わせないために」。この思いで、今日も業務にあたっています。

 

モンテスさんのお話を聞いて、私も医療通訳の必要性を強く感じましたし、今後、その利用がもっと広がれば良いなと思いました。

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2019年2月3日のゲストは、初登場!モト冬樹さんです。

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:13:00


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー


RSS

page top