2017年10月08日 (日)

ロヒンギャ

 

20171008_yoshi_001.JPG

こちらは、ロヒンギャの人たちを描いた黒板アートです。

ミャンマーの西端、バングラデシュとの国境に近い一部の地域で暮らしている少数派のイスラム教徒、ロヒンギャ。

ミャンマー政府から国民として認められず、様々な権利が制限されています。

今からおよそ2年前、難民として他国に渡ろうと木造船に乗ったロヒンギャ難民の映像をニュースで見た記憶がある人も多いと思います。

 

私も当時、日本国内に暮らすロヒンギャの人たちにお会いして話を聞きました。

群馬県館林市に暮らす当時46歳の男性は、学生時代に当時の軍事政権に反対するデモに参加してミャンマー政府に拘束され、仮釈放された後、さらなる迫害を恐れて日本にやってきました。

男性は、「日本国内には200人を超えるロヒンギャの人たちが暮らしている」と教えてくれました。

しかし、そのうち、在留のための特別許可を得て仕事ができているのはごくわずか。

普段の食事やお金の工面など、互いに助け合って生活しているんだと話していました。

 

そして今、再びロヒンギャが世界の注目を集めていますよね。

武装したロヒンギャ側の勢力とミャンマー政府の治安部隊との間で戦闘が起き、これまでにおよそ50万人のロヒンギャの人たちが隣国のバングラデシュに避難しています。

難民キャンプは衛生環境も悪く、感染症の拡大も心配です。

ミャンマーの国家顧問、アウン・サン・スー・チーさんは、この問題をどう解決しようとしているのか?

なかなか解決に向けて進んでいないように見えるが、その理由はいったい?!

10月8日(日)の「せかいま」では、スー・チーさんの“苦悩”を中心に、ロヒンギャ問題を取り上げます。

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年10月8日のゲストは、矢沢心さんです。

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:12:45


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top