2020年04月29日 (水)

ドイツの医療崩壊対策&経済悪化にブラジルは

20200429_art_001.JPG

2020年4月26日の出演者のみなさんです。

左から、国際部・花澤雄一郎デスク、Mr.シップ、坂下千里子さん、永井伸一キャスターです。

坂下千里子さんは、新型コロナウイルスの感染防止のため、テレワーク出演しました。

 

今回も世界の新型コロナウイルスをめぐる状況を、花澤デスクとお伝えしていきます。

20200429_art_002.png

今回のテーマは2つです。

「医療崩壊をどう防ぐのか」そして感染を防ぎながら「経済をどう守っていくのか」。

日本にも突きつけられている重要な問題です。

 

ドイツ・ベルリンの山口支局長と、ブラジル・サンパウロの小宮支局長が現地の状況を伝えました。

20200429_art_003.png

 

まずは「医療崩壊をどう防ぐのか」。

ドイツは医療崩壊を防いだことで死者を少なく抑えられた、と評価されています。

こちら、世界の感染状況の最新のデータです。

20200429_art_004.png

ドイツの感染者数は15万6,513人と、5番目に多くなっています。

ただ死者数は、5,877人でほかの国に比べてかなり少ないんです。

医療崩壊を防ぐことで多くの命を救ったと言われています。

 

なぜ死者が抑えられているのか、ベルリンの山口支局長に聞きました。

 

ベルリン・山口支局長)

ドイツはそもそも医療先進国で集中治療のベッドの数も多かったのですが、対策も早かったんです。

ポイントは2つ。

「軽症者の早期発見」と「病院のベッド確保」です。

まずは「軽症者の早期発見」についてですが、ドイツではものすごい多くのPCR検査が実施されているんです。

20200429_art_005.png

その数は、ピーク時には1週間に40万件にのぼります。

日本はきのうまでの1週間でおよそ3万6000人が検査を受けているので、日本の10倍以上の検査が行われているということになります。

これによって、重症化する前の感染者をいち早く見つけ出しているんです。

そして、軽症者は基本的には、自宅療養となるのですが、その間も患者のサポートを徹底的に行っています。

20200429_art_006.png

医師がテレビ電話で話しているのは、自宅療養中の患者です。

かかりつけ医が毎日、午前と午後の2回、症状を確認しています。

症状が悪化する兆候があれば専門の病院へ連絡し、すぐに入院することができます。

 

もうひとつのポイント「病院のベッドの確保」を見ていきます。

日本でも、すでに病床のひっ迫が報告されてきていますが、ドイツの状況は?

 

ベルリン・山口支局長)

ドイツはひとまず、最初の感染のピークを過ぎたと言われています。

そのピーク時でも、重症患者を治療するための集中治療のベッドはかなり余裕がありました。

いまも1万床の空きがあると言われています。

それは、政府がベッドを確保するために政策をとってきたからなんです。

 

[ドイツの「病院のベッドの確保」については、オレが説明するヨーソロー]

 

ドイツは、感染者が急増する前から、着々と準備を進めていたんだ。

3月中ごろには、病院に対して、急ぎじゃない手術を延期してベッドをあけるように求めたのさ。

そしてベッドをあけた病院には、1床につき1日およそ6万5000円の補助金を出すことにしたんだ。

さらに、症状が重い患者のための集中治療のベッドを新しく用意したら、1床につきおよそ580万円を出すんだぜ!

おかげで集中治療のベッドは、これまでの1.4倍の4万床にまで増えたんだってヨーソロー!

 

花澤デスク)

医療崩壊を防ぐには、結果、余っても良いから医療体制を大幅に増やしておくこと。

そして、軽症者にはきめ細かく対応してすぐに入院できるようにすること。

これが非常に重要だということがわかります。

それにはやはり政府の政策、リーダーシップが鍵を握っているようです。

 

続いては、もうひとつのテーマ「経済をどう守る」のか、見ていきましょう。

感染対策と、それによっておきる経済の悪化を防ぐ、このバランスにいま多くの国が悩んでいます。

20200429_art_008.png

 

こうした中で、ブラジルのボルソナロ大統領は、徹底して「経済」を重視しているんです。

ブラジルではいま感染者が5万人を超え、死者も4,057人と感染が拡大しています。

20200429_art_009.png

 

サンパウロの小宮支局長に聞きました。

20200429_art_010.png

サンパウロ・小宮支局長)

ボルソナロ大統領は、高齢者には外出を控えるよう求める一方で、21才から64才までの人は働くべきだと言っているんです。

感染対策による経済の停滞をとても恐れているからです。

そして、新型コロナウイルスが深刻な病気であること自体、認めていないんです。

20200429_art_011.png

「私にとっては、こんなものに感染する心配もないし、かかったとしても軽いインフルエンザか、ただのカゼだ」。

毎週、自らのSNS上に、マスクをせずに国民と記念撮影をしたり、握手をしたりする映像を繰り返し投稿しています。

ボルソナロ大統領が感染対策よりも経済を優先する背景には、人口の20%とされる貧困層の問題があります。

感染対策で経済が悪化すれば貧しい人々が生活できなくなり、命に関わると考えているのです。

こうした大統領の姿勢は貧困層を中心に支持を集めています。

20200429_art_012.png

「失業は貧困、飢餓を死をもたらしてしまう。貧しい国は、日々の食糧を求めて働かなくてはならないんだ」。

 

さらにボルソナロ大統領は、経済が悪化すれば、犯罪も増えると心配しています。

そこで、貧しい人たちへの対策を強化しているんです。

まずは、給付金です。

ブラジルには、月収が1万円以下の人たちが、およそ2000万人います。

こうした人たちに、毎月収入とほぼ同額の給付を始めました。

申請はネットで行って、2日後にはお金を受け取ることができます。

また、仕事を増やそうともしています。

目をつけたのは感染拡大で需要が増えている宅配の仕事です。

20200429_art_013.png

サンパウロでは、ご覧のように自転車を使って、配達の仕事をする人が増えています。

宅配をする人を新しく雇う企業や店舗に対して政府が助成金を出しているんです。

この取り組みで新しく仕事を得た人はサンパウロだけで10万人を超えました。

こうした取り組みで、大統領の支持率も上がり始めています。

 

ただ、その一方で、このままでは感染が拡大してしまうのではないかと、心配の声も上がっています。

 

ドイツにも「経済をどう守るか」について、聞いてみました。

 

ベルリン・山口支局長)

ドイツも、感染拡大は抑えなければならないんですが、経済への悪影響も抑えようと、先週から、小規模なお店などの営業再開を認めたんです。

徐々に町に人が戻りつつあります。

20200429_art_014.png

店も対策を取った上で、営業を再開しています。

本屋の店先には「マスクをして、間隔を空け、店に入れるのは5人まで」と書かれた看板が置かれています。

自動車メーカーも止まっていた工場を再開させるなど、町全体に活気が戻りつつあるんです。

20200429_art_015.png

「みんな距離を取ってびくびくしているけど、やっぱり町には活気が必要よね」。

「再開には賛成だけど、感染対策もしっかりしてほしいね」。

 

メルケル首相は、早すぎる緩和には慎重なんですが、経済のことも考えなければならず迷いも見られます。

ドイツはいま、国民も、そして政府も、経済の再開と感染対策という2つの間で揺れています。

20200429_art_016.png

 

ベルリン・山口支局長とサンパウロ・小宮支局長のまとめはこちら。

 

20200429_art_017.png

サンパウロ・小宮支局長)

「ウイルスとともに」。

ボルソナロ大統領の姿勢は、一見無茶に見えますが、それだけブラジルは貧困や犯罪が深刻だ、とも言えます。

しかし、感染者が増えれば、国民の考えも変わるかもしれません。

ブラジルの取り組みが今後どんな結果につながるのか。

多くの国にとって重要なものとなりそうです。

 

20200429_art_018.png

ベルリン・山口支局長)

「感染の初期段階」。

メルケル首相も専門家も一貫して「ドイツは感染の初期段階にある」と言い続けています。

第一の波は越えつつあるが、今は第二の波がくることに警戒を続けている。

経済とのバランスに神経を使いながら、ウイルスの脅威が長期にわたって続くことを覚悟して乗り越えようとしています。

 

20200429_art_019.png

花澤デスク)

日本では、まず、外出や人との接触を避けて徹底した感染対策をしなければなりません。

そして同時に、医療崩壊を防ぐ取り組みは徹底して行う、人員もそのためのお金も十分に投じる必要があります。

「やり過ぎ」ということはありません。

そのうえで経済へのダメージをどう小さくしていくのか、ということになります。

ウイルスとの戦いは長期戦です。

各国の経験から学びそれを生かせるのか、多くの命を左右することになります。

 

 

 

【この日の時間割】

1.ドイツの医療崩壊対策&経済悪化にブラジルは

2.新型コロナウイルス 発生源は?

 

20200429_art_020.png

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

登録タグ:   

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:17:21


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top