2019年06月27日 (木)

世界の首脳が大阪に G20サミット

201906027_art_001.JPG

2019年6月23日の出演者のみなさんです。

左から、永井伸一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストのベッキーさん、国際部 辻浩平デスクです。

 

この日の時間割です。

1時間目「世界の首脳が大阪に いよいよG20サミット」

2時間目「香港で続く抗議活動 中国とアメリカは」

3時間目「女性が平均7人出産 影を落とす貧困問題(ニジェール)」

 

今週末に迫ったG20大阪サミット!

世界のトップが大阪に集まる一大イベントです。

初めて日本が会場となって、6月28日と29日に開かれます。

G20サミットを知ると世界のいまが、これでわかった!となるんです。

 

国際部・辻浩平デスクが解説しました。

201906027_art_002.png

G20に入っているのがこちらです。

201906027_art_003.png

「G20」の「G」は「グループ(Group)」の「G」です。

この20の国などのトップが毎年集まって、世界で起きている問題について話し合います。

「G7」という似た名前も聞いたことがあるかもしれませんが、「G7」は上にある1列、先進国などのグループです。

この7つに、中国やインドなど経済力をつけて影響力を増してきている国が加わったグループが「G20」なんです。

G20の国々にも参加してもらわないと世界の問題が解決できなくなってきたという事情があるんです。

 

そのG20のサミットが大阪で開かれるということで、開催直前の現地に永井キャスターが行ってきました。

201906027_art_004.png

開催の1週間前でしたが、どこに行っても警察官がいて、ものものしい雰囲気でした。

警戒にあたっていたのは、警視庁をはじめ全国各地から応援に来た警察官でした。

空の玄関口、関西空港でも特別な警戒が始まっていました。

G20サミット用に、通り抜けるだけで服の下や荷物に隠された爆発物などを発見できる特別な検査機が設置されていました。

 

世界の国々のトップが集まるG20サミットですが、私たちに身近な話題も話し合うんです。

こちらを使って説明します。

201906027_art_005.png

G20サミットを大阪のお好み焼き店にみたてて説明します。

 

話し合われるテーマの1つが「貿易」です。

せかいまでも取り上げていますが、自由に貿易をするべきか、それとも関税をかけて自分の国の産業を守るべきか。

そういったことを話し合います。

 

2つ目は「海洋プラスチック」です。

海のプラスチックごみをどうするのかを話し合います。

 

そして3つ目がこちら。

201906027_art_006.png

「データ」です。

データを知るのに欠かせない言葉があります。

「GAFA」です。

GAFAとは、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの巨大IT企業の頭文字をとったものです。

みなさんが毎日使っているものもあると思いますが、こうした企業はみなさんのさまざまな個人情報、データを持っています。

どんな買い物をしたか、何を検索したか、どんな関心をもっているかなどです。

それが広告などに使われて企業は利益をあげています。

今はルールがないので、安全に取引きするためにどんな国際的なルールを作ったらいいのかということも話し合います。

さらに、データにまつわる税金の問題も話し合います。

IT企業はネット上のサービスですから、国をまたいで活動しています。

でもそれだと各国は企業の活動を把握できないので、十分な税金がかけられていません。

そのため、どのように税金をかけるのかも議論されるんですね。

201906027_art_007.png

貿易、海のプラスチックごみ、そしてデータ。

こうしたテーマを議長国の日本が中心となって、共同声明をまとめていくことになります。

 

でも、首脳たちはG20サミットのためだけで大阪に来るわけではないんです。

201906027_art_008.png

[G20は、それぞれの国が個別に会談するチャンスでもあるんだヨーソロー]

 

こちらのお好み焼き店には個別のテーブル席があり、お好み焼きとはまったく違った料理があります。

すき焼き、鉄板焼き、天ぷら。

首脳たちは、テーブルで1対1の「さし」で食べたいってことなんですね。

みんながいる円卓から離れて、個別テーブルで2人だけで食べたいと思っている人たち。

せかいまが注目したのは、まずこの2人です。

201906027_art_009.png

アメリカのトランプ大統領と、中国の習近平国家主席による会談です。

そこで食べるメニュー、つまり話し合う議題は「貿易摩擦」です。

アメリカと中国は互いに輸入品に対して高い関税を掛け合って、いわば「大げんか」をしている状態です。習主席は「関税をやめてほしい」と思っていて、トランプ大統領は「関税を下げてほしければ中国がアメリカの技術などを盗むのをやめるべきだ」という主張しています。

 

そこで習主席は解決に向けて話し合いを進めたいと、先週ピョンヤンを訪問して、キム・ジョンウン委員長と会談しました。

アメリカは北朝鮮と核問題をめぐって交渉をしていますがうまくいっていません。

中国は、北朝鮮といういわばスパイスを持ってトランプ大統領との会談に臨むというわけです。

アメリカに「中国は北朝鮮との強い関係があるんだよ」と示しているんです。

201906027_art_010.png

それが「貿易摩擦」とどう関係しているのかというと、

習主席にしてみたら「トランプ大統領が北朝鮮との交渉をうまく進めたいなら、中国が手伝ってあげてもいいですよ、その代わり貿易問題で一歩譲ってね。」というメッセージなのかもしれません。

 

そして、アメリカ側でも動きがありました。

先週、トランプ大統領が来年の大統領選挙に向けて立候補を正式に表明しました。

選挙で勝つためには有権者に成果をアピールしないといけません。

中国との貿易摩擦をどう扱うのが一番有権者の支持を得やすいのか、トランプ大統領は考えるはずです。

貿易摩擦が続けばアメリカでもモノの値段が上がって困る有権者も出てくる一方、アメリカの立場を脅かす中国に対して、厳しい態度を取って欲しいという有権者もいます。

2人の会談の行方次第で今後の世界経済が大きく左右されるかもしれません。

 

2つ目のテーブルにいきましょう。

すき焼きを食べるのは、トランプ大統領とロシアのプーチン大統領。

201906027_art_011.png

アメリカとロシアの会談も注目です。

ポイントは「ようやく話せるね」です。

両国は対立していますが、2人の指導者は本当は関係をよくしたいと思っています。

ただ、トランプ大統領はロシアとやましい関係にあると疑われてきたので、会うのは簡単ではありませんでした。

それがことし4月、その証拠は十分じゃないとして、捜査が終わったんです。

これで堂々とプーチン大統領と会談をできるというわけです。

会談のテーマの1つは「核軍縮」です。

アメリカとロシアがこれまで進めてきた核兵器を減らす取り組みを、これからも続けていくかどうかといった話し合いが進むのでしょうか。

 

では、最後のテーブルです。

天ぷらを食べているのは、習主席と韓国のムン・ジェイン大統領です。

201906027_art_012.png

中国と韓国の首脳会談では新しいインフラとも言える通信規格5Gを扱う中国企業「ファーウェイ」と韓国が取引を続けるのかが注目点です。

中国は自国の会社ですから当然「ファーウェイ使って」という立場です。

これに対して韓国は、同盟国のアメリカからはやめろと言われているので板挟みになっているんです。

韓国が中国にどうこたえるのか、世界が関心をもってみています。

 

201906027_art_013.png

「世界の縮図を見る場 G20」。

G20では世界が直面する課題を話し合う場なので、それに対する各国の立場が明らかになります。

さらに首脳会談では、どの国とどの国がどんな問題を抱えているというのが浮き彫りになり、まさに世界の縮図が見える場といえます。

それがそのまま日本の大阪に来るわけなので、ぜひ注目していただきたいです。

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:永井伸一 坂下千里子 Mr.シップ

2019年6月30日のゲストは、和田アキ子さんです。

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:17:30


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS

page top