2019年03月14日 (木)

1.EU離脱 2.アラスカ犬ぞりレース

20190314_art_001.JPG

2019年3月10日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの前田航基さん、国際部・向井麻里デスクです。

 

1時間目は、今週がヤマ場となったイギリスのEU離脱ついて、国際部・向井麻里デスクが解説しました。

2時間目は、伝統継承しながら動物愛護も…アラスカの犬ぞりレースについてお伝えしました。

 

3月29日に期限が迫った、イギリスのEU離脱。

今週が、イギリスにとって明暗を分けるヤマ場となりそうなんです。

20190314_art_002.png

国際部・向井麻里デスクが解説しました。

 

結局、EU離脱をするのか、しないのか、こればかりは向井デスクも見当がつきません。

イギリスは、いま暗雲垂れ込める状態です。

20190314_art_003.png

 

暗雲の原因となっているのが、離脱するための条件がいろいろと定められている「離脱協定案」です。

これが決まらないと、イギリスはスムーズにEUから離脱できません。

でも内容の一部に議会が反発していて、いま、EUと話し合って修正しようとしています。

話し合いは難航していて、メイ首相自身がEU本部のあるブリュッセルに行って協議するという見方も出ています。

20190314_art_004.png

採決は今週12日に行われますが、いまの段階では難しそうで、否決されるかもしれません。

イギリスが納得できる修正は難しいと見ている人が多いんです。

メイ首相はギリギリまで話し合いを続けるということなので、決着できる可能性はありますが、否決されてしまったら次は、「合意なき離脱」をするのかどうかを判断するための採決が行われます。

採決は、13日に行われますが、イギリス議会には「合意なき離脱」は嫌だ、という議員が多くいて、否決されるという見方が多くなっています。

20190314_art_005.png

「離脱協定案」もダメ、「合意なき離脱」も嫌だとなれば…

ここで、奥の手です。

20190314_art_006.png

「離脱自体を延期するかどうか」を採決しようというものです。

これは、14日に採決が行われます。

メイ首相も、「離脱の延期も検討せざるを得ない」という考えを先日初めてあきらかにしました。

この採決が行われれば、可決される見込みです。

しかし、イギリス議会で可決されるだけでは離脱は延期できません。

来週の21日、22日に開かれるEU首脳会議でイギリスを除く27の加盟国すべてから離脱延期の承認を得る必要があります。

20190314_art_007.png

EU離脱の問題、日本への影響も大きいんです。

イギリスに垂れ込める「暗雲」の影響を受けているのが、イギリスに生産拠点を置く自動車メーカーなど日本企業です。

イギリスに工場があるメーカーの多くは、EUをはじめとする国外から部品を調達しています。

そして、完成した品物の多くをEUに輸出しています。

もし「合意なき離脱」になって、これまでのようにモノのやり取りが自由にできなくなると大きなダメージを受けます。

イギリスの人たちは「離脱がもたらすマイナスの面は深刻かもしれない」と考える人が増えてきたと思います。

最近ロンドンの議会前で掲げられているプラカードには、「EUから離脱すれば、日産、ホンダ、トヨタなどの日本企業はイギリスからいなくなってしまう」と書かれています。

20190314_art_008.png

先月にはホンダがイギリスからの撤退を表明したばかりで、イギリスでは、次はどのメーカーから衝撃の発表があるのかという恐怖が広がっています。

 

ここ数か月、イギリスのEU離脱をめぐる動きは日々変わっていて、正直なところ先行きはわかりません。来週には考えていたのとはまったく違った展開になっているかもしれません。

29日の離脱の日まで3週間を切っているのに大丈夫だろうかと心配になりますが、今週が離脱の行方を左右する運命の1週間になることは確実だと思います。

20190314_art_009.png

 

 

2時間目は、アラスカの犬ぞりレースについて現地から、依田武揚カメラマンが伝えました。

20190314_art_010.png

20190314_art_011.png 

今、アラスカでは1600キロのコースを10日ほどかけて横断する伝統のレースが開かれています。

 

20190314_art_012.png

[アラスカの歴史についてオレが説明するヨーソローワン!]

 

かつては先住民の移動や運搬の手段だった犬ぞりですが、今はスポーツとしての犬ぞりレースが人気です。

しかし動物愛護団体が「過酷なレースは犬の虐待だ」と訴え、伝統ある犬ぞりレースの中止を求めています。

このレースでゴールまでたどり着ける犬は全体の3分の2程度で、脱水症状やケガで走れなくなってしまう犬も多いのです。

 

こうした批判を踏まえ、今回取材した大会では、今年からコースの途中で診察にあたる獣医師の数を増やし、犬の体調管理の態勢を強化しました。

さらにレース中に犬が死んだ場合は失格になるという、新しいルールも作られました。

 

犬ぞりは単なる移動や輸送手段ではありません。

先住民にとって犬は生活の中で密接な関係にあった大切なパートナーだったんです。

先住民たちは今後も、犬を大切にしながらレースを後世にしっかりと残していくと思います。

20190314_art_013.png

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2019年3月17日のゲストは、初登場!ベッキーさんです。

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:13:21


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top