2017年10月26日 (木)

沈黙の北朝鮮

20171026_art_001.JPG

2017年10月22日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの西田ひかるさん、国際部塚本壮一デスクです。

 

9月15日のミサイル発射を最後に、北朝鮮はミサイル発射も核実験も行っていません。

20171026_art_002.JPG

1時間目は、沈黙している北朝鮮が一体何を考えているのか、国際部塚本デスクが解説しました。

 

沈黙と言っても、この間もアメリカと北朝鮮の間で激しい言葉が飛び交いました。

20171026_art_003.JPG

トランプ大統領が国連の場でキム委員長を「ロケットマン」と呼ぶと、キム委員長は声明でトランプ大統領を「ならず者」と呼んだりしました。

 

北朝鮮はミサイルを「撃てない」のか「撃たないのか」というと、

今もミサイルを撃つ気はあります。

ただ、少なくともこの1か月あまりは、撃つのを控えていたのではないかと思います。

20171026_art_004.JPG

沈黙の理由その①は、

アメリカとの対話ができるかどうかを探っている可能性があります。

推測ですが、水面下で交渉とまでは行かなくても、何らかのやりとりが行われている可能性があります。

20171026_art_005.JPG

アメリカのティラーソン国務長官は、「ピョンヤンとは複数の連絡のルートがある。意向を探っているところで、見守って欲しい。」と話していました。

 

沈黙の理由その②は、「内部を固めること」です。

20171026_art_006.JPG

今月7日、「朝鮮労働党中央委員会総会」という、北朝鮮にとって重要な会議が開かれました。

キム委員長は、体制を盤石なものにするため、「経済」に力を入れる姿勢を示すとともに、「人事」を行いました。

 

経済についてキム委員長は演説で、国連安保理決議による制裁に負けない経済力を持つと強調しました。

20171026_art_007.JPG

おそらく北朝鮮は制裁の影響を乗り切れると踏んでいるのだと思います。

1990年代に多くの国民が飢饉にさらされた「苦難の行軍」と呼ぶ厳しい時代を克服したという「自信」があるからです。

 

とはいえ、不安もあるので、経済の足腰を強めようとしています。

そこで打ち出したのが、“万里馬”大会開催です。

20171026_art_008.JPG

北朝鮮の国営テレビでよく流れる、馬の銅像、

1948年の建国後に急速な経済成長を遂げた時期を“千里を駆ける馬”に例えて、“千里馬”といいます。

この“千里馬”の10倍の1万里を駆ける万里馬という名称の大会を開き、国民に対して「経済活動に邁進せよ、制裁に負けるな」とはっぱをかけるとみられています。

 

内部固めのもう一つの柱が「人事」です。

対象は、朝鮮労働党の上位を占める幹部たち。

20171026_art_009.JPG

この政治局員候補に抜擢されたのがキム委員長の妹、キム・ヨジョン氏です。

ヨジョン氏はすでにキム委員長のすぐ近くで補佐する様子が映像でも確認されています。

 

もうひとつの注目人事は、リ・ヨンホ外相の政治局員への昇格です。

元イギリス大使でもあり、外交を重視した人事の現れとみることができます。

 

こうした動きを見ると、経済や人事を軸に内部をしっかり固めて、次に備えていると見てとれます。

 

気になるのは今後の北朝鮮の外交です。

北朝鮮と中国の関係がよくわかるのがこちら。

20171026_art_010.JPG

北京で開かれている中国共産党大会に送った祝電です。

まずは祝電を送ったことに驚きですが、今回送った祝電から、北朝鮮が中国を嫌いだということがよくわかります。

20171026_art_011.JPG

5年前に送った祝電と比較すると…

今回の祝電は、量も内容も素っ気ない形になりました。

 

国連安保理の制裁決議に賛成した中国に強い不信感を持つ北朝鮮は今、ロシアに接近しています。

定期航路を開設したり、北朝鮮政府公認の旅行代理店を作ったりしています。

NHKの取材班には応じず、ロシアのメディアにはきちんと英語で対応していました。

さらにある女性が、ロシアを訪問。

 

[北朝鮮の、チェ・ソニって人がどんな大物か、オレが教えヨーソロー。]

20171026_art_012.png

 

マダム・チェをロシアに送ることで中国に当てつけることができます。

といってもロシアにアメリカとの仲介役を頼んでいるわけではありません。

やはり、北朝鮮の大きな目的は、アメリカ。

20171026_art_013.JPG

しかし、水面下で米朝の対話が行われていたとしても、北朝鮮はアメリカが核保有を認めるべきだという立場、話が嚙み合うとは思えません。

20171026_art_014.JPG

仮にアメリカが、本土に届く長距離ミサイルを廃棄することを条件に、日本に届く中距離ミサイルを黙認ということになったら日本にとって危機的です。

そんなことにならないよう、アメリカにしっかり働きかけることが日本にとって重要になります。

20171026_art_015.JPG

北朝鮮がいつ挑発を再開するかは予断を許しません。

アメリカへの威嚇をいうことで、来月5日から始まるトランプ大統領の日本・韓国訪問というタイミングを狙ってくるのでは?という懸念もあります。

 

 

 

リハーサルにちゃんと参加しているシップを発見(゜o゜)

20171026_art_016.JPG

すごーく小さく映ってるけど…見つけられました(^-^;?

 

 

  

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年10月29日のゲストは、初登場!小林綾子さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:18:49


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top