2016年12月22日 (木)

韓国弾劾裁判と日本の偉人

20161222_art_001.JPG

 

12月18日の出演者のみなさんです。

左から、井上裕貴キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストのとよた真帆さん、国際部矢野尚平デスクです。

 

20161222_art_002.JPG

韓国のパク・クネ大統領が職務停止となり混乱する韓国のいまを、国際部矢野デスクが解説しました。

 

韓国では、すでに次の大統領が誰なのかと話題になっています。注目されている4人の人物に焦点をあてました。

 

もともとパク・クネ大統領の任期後に後押しされると思われていた、国連事務総長パン・ギムン氏。

現在はパク・クネ大統領の支持率低下とともに、人気を落としているようです。

パク・クネ大統領の仲良しと思われているのが不利な状況になってしまったんですね。

 

他にも韓国版トランプと言われるイ・ジェミョン氏など個性的な人物を紹介しました。

 

さて、パク・クネ大統領も弾劾されたことだし次の選挙はいつなんでしょう?

と思いきや…

まだ、弾劾されない可能性があるんです。

なぜなら、韓国の大統領にはとっても強い権限が与えられていて、裁判官も大統領が任命しています。

大統領の権限についてシップが説明してくれました。

20161222_art_003.png

[韓国の大統領にはつえ~権限が与えられてるんだヨーソロー。]

 

国会でパク・クネ大統領の弾劾議案が可決されましたが、それを受けて“憲法裁判所”が最終的な判断をします。

20161222_art_004.JPG

裁判官は全部で9人いて、このうち6人が“弾劾は妥当”とすれば、パク・クネ大統領の弾劾が決まります。

3人はパク・クネ大統領が任命していますが、他の6人を任命したのもパク・クネ氏と同じ保守系の政権なんだとか。

さらに、任期切れで裁判官が2人減るのに“弾劾に必要な人数=6人”は変わらないんです。

 

もしも弾劾されなかったら、パク・クネ大統領は職務に復帰し、再来年の2月まで続けることになります。

弾劾されてもされなくても、しばらく混乱が続きそうです。

 

 

 

2時間目は「世界で活躍!知られざる日本の偉人」

明治時代の冒険家、和田重次郎さんの功績をお伝えしました。

20161222_art_005.JPG

犬ぞりをひく和田重次郎さん。

20161222_art_006.JPG

犬ぞりワンちゃんの黒板アート、かわいい(*^-^*)

20161222_art_007.JPG

よく見ると4匹いるよ(*’▽’)

20161222_art_008.JPG

 

 

和田重次郎さんの冒険は、その功績を伝えるためにロシア語と日本語のマンガになっています。

20161222_art_009.JPG

マンガを読んだ井上さんの感想です。

「100年前に単身でアメリカに渡った偉人に、アッパレ!」

 

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:10~ 生放送

出演:井上裕貴 坂下千里子 Mr.シップ

12月25日のゲストは、初登場!舞の海秀平さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:00


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top