2017年9月

2017年09月28日 (木)

国連 VS 北朝鮮

20170928_art_001.JPG

2017年9月24日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの高橋真麻さん、岩田明子解説委員です。

 

挑発を続ける北朝鮮に対し、国際社会は足並みが揃っていません。

各国が水面下でどのような交渉を進めているのか、国連総会から帰ってきたばかりの岩田明子解説委員が解説しました。

 

今月11日、国連安保理の制裁決議が全会一致で決まり、各国が北朝鮮への「圧力」強化で一致しました。

しかし、その後の国連総会では、足並みが揃っていないように見えました。

20170928_art_002.JPG

「圧力」グループにいる日本とアメリカは、「制裁」などで北朝鮮に迫ろうとしています。

「圧力」と「対話」の重なったグループにいるロシアと中国は、「制裁」と「交渉」を同時に進めようとしています。

20170928_art_003.JPG

そして韓国は本来、日米韓という同盟関係で足並みが揃っているべきですが、行ったり来たり揺れ動いています。

 

そうした中、トランプ大統領は国連総会で「北朝鮮を完全に壊滅する以外、選択肢はなくなる」と発言しました。

20170928_art_004.JPG

その後の昼食会でも安倍首相に、「北朝鮮の発する言葉は尋常ではない。尋常ではない相手だから、厳しい言葉を国連演説で使った」「北朝鮮と対峙する上では力が必要だ」と語り、「キム・ジョンウンは、日本を焦土に変えると言った。驚くべき声明だ。crazy,insane!」と連呼したそうです。

そして安倍首相も「必要なのは対話ではない。圧力だ」と言っています。

 

なぜ、対話ではいけないのか?シップが説明してくれました。

20170928_art_005.png

[北朝鮮に対して、アメリカや日本が「対話ではなく圧力だ!」っていうのには、裏切られてきた過去があるからなんだヨーソロー。]

 

騙されてきたという認識がある日本とアメリカ。

だからこそ、「圧力」にこだわり、その「圧力」によって、北朝鮮が「対話」という選択肢しか選べない状況にしたい、そして“核兵器”を放棄させる。というのが日本とアメリカの狙いです。

同じ対話でも、ロシア・中国の言う「対話」とは違い、北朝鮮の方から「対話」を引き出すということです。

20170928_art_006.JPG

少し前まで、「対話」グループにいたロシアですが、日本の説得や、制裁案の譲歩などもあって現在の立場となりました。

 

どの国も抜けがけをせず、密輸も断ち切れば効果は早まり、北朝鮮が水面下で対話を求めてくる可能性もあります。

そして大切なポイントは、どのあたりが北朝鮮が「対話」を求めてくる環境になるのか、という点です。

そこで、日本が果たす役割が重要です。日本だからこそできることがあり、やらなければいけないことがあるからです。

20170928_art_007.JPG

北朝鮮とつながりのある国と交流を深めようと動いているんです。

安倍首相は、北朝鮮とキューバの関係に目をつけ、フィデル・カストロ氏と会談しました。

フィデル氏は亡くなりましたが、弟のラウル氏と引き続き協力関係を保っています。

20170928_art_008.JPG

さらにキューバだけでなく、北朝鮮と関係のあるインドのモディ首相やイランのロウハニ大統領とも会談を行いました。

 

日本と北朝鮮が直接交渉することはないのかというと、15年前、小泉元首相が北朝鮮を訪問し実現した「日朝首脳会談」を思い出しますが、経済が安定し、軍事技術も進み、キム・ジョンウンに変わった今では、北朝鮮の出方はわかりません。

20170928_art_009.JPG

国連総会で「拉致問題」に言及したトランプ氏。

これには大きな意味があり、北朝鮮との対話になった場合「拉致問題」を置き去りにさせないためです。

 

緊密な日米ですが、韓国とは足並みが揃っていません。

韓国は北朝鮮に、日本円でおよそ9億円の人道支援を行うことを発表しました。

20170928_art_010.png

日本は、日朝対話の経験者として、各国との橋渡しや調整役をして「圧力」も「対話」もどちらも主導していくべきだと思います。

 

 

 

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年10月1日のゲストは、Snow Manの阿部亮平さんです。

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:15:41 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


2017年09月23日 (土)

高校生のころ

 

先週の「せかいま」は、台風関連のニュースのため休止になりました。

9月24日(日)の放送から、またよろしくお願いします!

 

さて、こちらは私が高校時代、アメリカに留学していたときの1枚です。

NHKアナウンス室のホームページで特集記事を掲載したときに(以前このブログでもご紹介しました)、自宅から引っ張り出してきたものです。

20170923_yoshi_001.JPG

 

なぜまた、いきなりこの写真か??

実は先日、私の高校時代の恩師からご連絡を頂き、

「今度、高校で創立記念式典をやるので、そこで講演をお願いできないか?」とのご依頼を受けました。

先生からは、「生徒たちが、広い視野で将来の進路を決められる一助となるような話をお願い!」と言われています。

そこで、この写真を改めて出してきて、当時の気持ちを思い出し、高校生たちのためにどんな話をすればよいか考えよう!と思った次第です。

しかし、20年前の自分がどんな気持ちで何を考えていたかを思い出すのは至難の技ですね・・・。

ご期待に添えられるよう、もうしばらく悶々とした日々を送ります(笑)

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年9月24日のゲストは、高橋真麻さんです。

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:17:43 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


2017年09月22日 (金)

週刊Mr.シップ 第九十回 「国連のアノ話」

 

珍しく、よしよしに呼び出されたから、

ちょっと行ってくる。

 

地下の会議室なんてちょっと物騒だな…

 

20170922_4koma_kokurennoanohanashi.jpg

 

ってか、今どきカセットテープって…

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:20:46 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


2017年09月21日 (木)

放送休止のその後

9月17日の放送日、急きょ番組がニュースに変更となり、せかいまが休止になりました。

 

休止の報告を受けたのは、カメラリハーサルの最中でした。

20170921_art_001.JPG

教室をあとにするせかいまスタッフたち…。

 

20170921_art_002.JPG

放送で映るはずだった黒板アートと記念撮影をするミーハーたち…。

 

20170921_art_003.JPG

「早く帰って遊ぼうかな」とニヤつく芳川キャスター…。

 

というのは私の妄想で、このあと夜中のニュースを読むためずっと待機していました。

 

 

せかいまは、2015年4月に始まって以来、ずーーーーっと生放送なんですが、気付かれていないことが多く、ハプニングや臨時ニュースが入るたびに「生放送だったの?」という声をいただきます。

なんで生なの?というと、れっきとした“ニュース番組”なんです。

今後も他のニュース番組で生まれた疑問や謎を読み解き、ニュースの楽しみ方や新しい見方を、解説を通して伝えていきたいと思います。

 

次回、9月24日にお会いしましょう!

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年9月24日のゲストは、高橋真麻さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:18:02 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


2017年09月16日 (土)

前回のブログの続き

 

前回のこのブログで、タイの大学で日本語を学ぶ、サラン・ナンタラットさん(21)について書きました。

サランさんがあるユニークな方法で日本語を学んでいるとご紹介しましたよね?

日本の会社でも通じる「あいさつ」や「敬語」などを学ぶことができていると。

さあ、いったいどんな勉強方法なのでしょうか?

今回はヒントを出しましょう!こちら!

20170916_yoshi_001.JPG

神奈川県内の高齢者施設に暮らす、田口陽子さん(83)です。

実は田口さんの存在が、サランさんの日本語学習のために大きな役割を担っています。

え!タイにいるサランさんと、神奈川の田口さん?

国も年齢も離れた2人にどんなつながりがあるのでしょうか?

 

2回のブログに分けて“じらして”きましたが、その答えは、10月1日(日)放送予定の「せかいま」で明らかになりますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年9月17日のゲストは、武井壮さんです。

 

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:18:37 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


2017年09月15日 (金)

週刊Mr.シップ 第八十九回 「敬老の日」

9月18日は「敬老の日」だぞ!

 

20170915_4koma_keirounohi.jpg

 

日本は超高齢社会だからな!

お年寄りがみんな元気に暮らせるように、

みんなで考えていかないとな。

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:16:43 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


2017年09月14日 (木)

対北朝鮮 アメリカ軍の戦略は

20170914_art_001.JPG

2017年9月10日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの藤本隆宏さん、津屋尚解説委員です。

 

挑発を続ける北朝鮮に対して、アメリカはどんな行動に出るのでしょうか。

津屋尚解説委員が解説しました。

20170914_art_002.JPG

北朝鮮は、アメリカが軍事攻撃に出ないと、たかをくくっているかもしれません。

しかし、忘れてはならないのは「トランプ政権は、北朝鮮の核保有を絶対に認めない」ということです。

来年にもアメリカへ届く弾道ミサイルICBMが完成するとみられているため、アメリカは「急いで北朝鮮を止めないといけない」と考えています。

 

20170914_art_003.JPG

北朝鮮を止める手段ですが、

「対話」による解決は極めて困難です。対話の前提条件がまったく噛み合っていないためです。

経済制裁などの「圧力」も、効果が出るまで一定の時間がかかってしまいます。

「謀略」については、韓国が北朝鮮指導部への攻撃を行う専門部隊を12月に創設すると発表しました。しかし、表には見えないので実際のところはわかりません。

20170914_art_004.JPG

「軍事攻撃」は、北朝鮮による反撃のリスクを考えれば難しい選択だが、「現実味」を増してきたとの受け止めが広がっています。

20170914_art_005.JPG

「北朝鮮が核兵器を保有しているという現実を受け入れる」か、「それを力で奪い去るのか」という“悪夢のような選択肢”しか残されていない状況に近づいています。

20170914_art_006.JPG

「レッドライン」は“決して超えてはならない一線”です。

この一線を越えたら軍事攻撃も辞さないということになります。

アメリカにとってのレッドラインはどこかというと、これは「軍事攻撃」が始まるまで判断できません。というのも軍事攻撃には準備が必要で、すぐに始まるものではないからです。

20170914_art_007.JPG

 

アメリカ軍は世界最強の軍隊です。国防費は世界1位。

20170914_art_008.JPG

数年前までは、世界の国防費の半分を占めていました。

20170914_art_009.JPG

 

こちらの地図は、アメリカ軍が作戦を行うことを想定した区分けです。

20170914_art_010.JPG

このようにアメリカは、世界中での軍の活動を想定し、実際に軍を展開させています。

 

20170914_art_011.png

 [世界に軍を配置しているのは、アメリカの立地に関係があるんだヨーソロー。]

 

そんなアメリカ軍にとって大きな転換点となったのが、9月11日で16年を迎えるアメリカ同時多発テロ事件です。

何が変わったかというと、国際テロやアジアでの新たな脅威を強く意識し「軍を再編」、ヨーロッパの兵力を6万5千人にまで削減して本国に戻したりしました。

20170914_art_012.JPG

そして、9.11のもう一つの重要な点は「アメリカが、本土攻撃の怖さを知ったこと」です。

当時アメリカ国内は異様な興奮状態で世論は「テロとの戦い」を後押しし、そのままアフガニスタンやイラクでの戦争に突き進んでいきました。

 

戦争は必ずしも目論見どおりには進みません。

我々日本人だけでなく誰しも戦争はいけないと思います。

しかし、歴史の教訓は、「アメリカは後から考えれば正しいとは言えなかった判断に基づいて戦争を始めることがある」ということです。

軍事攻撃をするかしないか選択するのは日本人ではなく、アメリカ国民であり、トランプ大統領です。

 

アメリカのテレビ局などが行った世論調査では過半数が支持すると答えた調査結果もあります。

20170914_art_013.JPG

9.11を除けば本土に対して大規模な攻撃を受けた経験がないため、本土攻撃に対しては私たちが想像する以上に極めて敏感です。

それに国内が戦場になる経験も南北戦争以来150年間ないので、戦争に対する抵抗感は日本と比べると低いと言われています。

 

アメリカはいま、北朝鮮に対して言葉による極めて強い警告を送っています。

20170914_art_014.JPG

 

今後の注目は、実際の軍の動きです。

もし攻撃が行われるとすれば、限定的な攻撃だと思われます。

 

軍事攻撃が回避され、平和的解決が最も望ましいですが、「起きてほしくないから起きない」とは限りません。

北朝鮮が今の姿勢を改めなければ、結果として独裁体制の崩壊につながるということを自覚して行動を改めてくれることを切に願います。

 

 

 

飛行機の模型で遊びたいシップですが、

20170914_art_015.gif

そう簡単には捕まりません…

 

 

 

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年9月17日のゲストは、武井壮さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:48 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


2017年09月09日 (土)

週刊Mr.シップ 第八十八回 「アメリカ軍」

北朝鮮とアメリカ、けっこうピリピリしてるよな…

 

20170908_4koma_amerikagun.jpg

 

ヨーソロー!!

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:16:52 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


2017年09月08日 (金)

日本語を学ぶタイ人学生

20170908_yoshi_001.JPG

こちら、タイ人の大学生、サラン・ナンタラットさん(21)です。

サランさんはバンコクの大学で日本語を勉強しています。

今月(9月)から、大阪のシステム開発会社でインターンシップ(企業研修)に参加するために来日しました。

 

サランさんは小学生の頃、日本のアニメやゲームを通じて日本語に興味を持ちました。

将来の夢はゲームプログラマーになること。自分が影響を受けたような面白いゲームを作りたいと考えています。

そのためにも、日本の会社での研修は良い経験になります!と、これから約1ヵ月半の研修をとても楽しみにしています。

 

さて、私がサランさんと知り合ったのは、サランさんがあるユニークな方法で日本語を学んでいると聞いたことがきっかけでした。

もちろん、大学の授業や趣味のアニメなどを通じて学んでいるのですが、それだけではないんです。

何やら、“その勉強方法のおかげで、サランさんは日本の会社でも通じる「あいさつ」や「敬語」などを学ぶことができたそうです。

さあ、いったいどんな勉強方法なんでしょうか?!

 

その答えは、9月17日(日)の「せかいま」でお伝えする予定です。お楽しみに!

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年9月10日のゲストは、藤本隆宏さんです。

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:16:51 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


2017年09月07日 (木)

2.イギリス王室

 

*****1時間目「北朝鮮核実験」解説はこちら*****  ※クリックすると記事が読めます。

 

2時間目は、ハリー王子の婚約が噂される「イギリス王室」について、税所支局長が解説しました。

20170907_art_008.png

時代の変化に合わせて国民との距離を変えてきたイギリス王室。

エリザベス女王の長男チャールズ皇太子と、ダイアナ元妃との間に生まれたのが長男ウィリアム王子と次男ハリー王子です。

20170907_art_009.png

長男のウィリアム王子は2015年にNHKを訪れ、どーもくんと対面。まわりに気を遣う優しい印象でした。

一方の次男は、裸の写真がメディアに流れるなどヤンチャな王子として有名です。

そのヤンチャなハリー王子の婚約のお相手が、アフリカ系ルーツも持っているアメリカの女優で、離婚歴もあるメーガン・マークルさん。

20170907_art_010.png

王室公認の交際とされていますが、今は世論の反応を見極めているようです。

 

イギリス王室は自分たちのことを“THE FIRM”(会社)と呼んでいて、王室を存続させるために、イメージ戦略にとても力を入れています。

20170907_art_011.png

そのため、王室は世論だけではなく、マークルさんが制約の多い王室の暮らしに馴染めるのかどうか、慎重に判断していくのだと思います。

 

王室が慎重になったきっかけは、20年前。

ダイアナ元妃とチャールズ皇太子の離婚や、ダイアナ元妃の事故死への王室の対応が、世論の猛反発を招きました。

夫の愛人問題に苦しみ離婚し、その後事故死したダイアナ元妃にイギリス国民は同情し、エリザベス女王は「冷たい」と批判しました。

20170907_art_012.png

女王の「冷静な対応」が国民から非難を浴びたわけですが、王室には

「ジェントルマンシップ」=「どんなときにも冷静に、気品と礼節を保つことが美徳」

という考え方があるんです。

その考え方を象徴するのがエリザベス女王で、対照的だったのがダイアナ元妃でした。

 

20170907_art_013.png

[イギリスの「伝統」や「格式」にとらわれなかったことも、ダイアナ元妃の魅力の1つだったんだヨーソロー。]

 

ダイアナ元妃も貴族の生まれですが、両親が離婚し寂しい思いをしたことから、弱者に寄り添う慈善活動を続けました。亡くなる直前まで力を注いだのが“対人地雷禁止運動”です。

20170907_art_014.JPG

15歳と12歳で母を亡くしたウィリアム王子とハリー王子ですが、そんな母の思いを引き継ぎ、今では慈善活動に力を入れています。

今年4月には、ロンドンマラソンで、心の病に対する理解を呼びかけるキャンペーンを展開、また、ハリー王子は母と同じ“対人地雷禁止運動”に取り組むと宣言しました。

さらに、母の死去から20年たってようやく胸の内を詳細に語り、心のバランスを崩してカウンセリングも受けたと告白しました。

20170907_art_015.JPG

かつての王室では、こうした弱さを見せることは考えられなかったが、ダイアナ元妃の死をきっかけに王室が変化した結果だと思います。

伝統を重んじるエリザベス女王も、時代の変化に応じて、女王なりのやり方で変わろうと努めてきました。ファストフード店に出かけたりTwitterで情報を発信したり、ロンドンオリンピックの開会式VTRで演技を披露したりしました。

20170907_art_016.png

今では68%の国民が“王室は大事”と答えています。

91歳となったエリザベス女王にかわって、息子のチャールズ皇太子がより多くの公務を担うなど世代交代が進んでいます。2人の王子たちが父を支えながら新しい風を吹き込んでいけるのか注目です。

 

 

20170907_art_017.JPG

この日の黒板アートは、バッキンガム宮殿でした(^-^)

 

 

 

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年9月10日のゲストは、藤本隆宏さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:56 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


2017年09月07日 (木)

1.北朝鮮6回目の核実験

 

20170907_art_001.JPG

2017年9月3日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの福田萌さん、ロンドン支局税所玲子支局長、国際部高野洋デスクです。

 

1時間目は“北朝鮮6回目の核実験”について、高野デスクが解説しました。

20170907_art_002.png

8月14日に「アメリカを見守る」と発言したキム委員長。

しかし、北朝鮮は、米韓合同軍事演習中に短距離弾道ミサイルを3発発射しました。

さらにその3日後、太平洋に向けて、新型の中距離弾道ミサイルを発射しました。

20170907_art_003.png

そして、番組放送当日、6回目の核実験を行いました。

 

北朝鮮が強気である背景には、2つのポイントがあります。

1.“アメリカの軍事攻撃はない”その理由は…

20170907_art_004.png

1990年代に1度、アメリカが北朝鮮の核施設を空爆しようと考えましたが、ソウルなどへの報復攻撃の被害を考え断念しています。そして今では、そのリスクは当時と比べ物にならないくらい大きくなってしまいました。

また、アメリカが緊張時に在韓米国人を退避させなかったことも、“軍事攻撃はない”と考える要因になっていると思われます。

 

2. “経済制裁は効かない” その理由は…

20170907_art_005.png

中国やロシアが足並みを揃えるとは考えられない。

また、北朝鮮はそもそも孤立していません。国交がない国は約30か国、国交がある国は162か国。

20170907_art_006.png

日米韓が必死になって包囲網をつくっているつもりでも、実は抜け穴だらけなんです。

 

 

先日、日本の上空を通過した弾道ミサイルですが、今までにはなかった要素が3つありました。

20170907_art_007.png

1.弾頭の再突入技術確立へ

2.ミサイルの制御技術の向上

3.初めて首都ピョンヤンを発射場所に

 

また、核の開発についても、ICBMに搭載できる核爆弾の開発と実験を繰り返しているようです。

北朝鮮建国70年の節目となる来年中にも、ICBMの実戦配備ができるようになるのではと予測されています。

 

 

*****2時間目「イギリス王室」解説はこちら***** ※クリックすると記事が読めます。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:48 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


2017年09月03日 (日)

英国王室

20170903_yoshi_001.jpeg

「せかいま」名物の黒板アート。今回はこちら、イギリスのバッキンガム宮殿です。

エリザベス女王のロンドンの公邸であり、外周の警備を担当している衛兵の交代儀式でも有名ですよね。

 

イギリス王室といえば、今、ダイアナ元皇太子妃の息子・ハリー王子の結婚が近いとされていて、イギリス国内も盛り上がっているとの事!

え!お相手は誰なの?結婚はいつ?と、そちらも気になりますが・・・

ダイアナさんの死去から20年がたち、今、ハリー王子とその兄のウィリアム王子は、母の遺志を継ぐ形で、様々な慈善活動に積極的に取り組んでいます。

 

バッキンガム宮殿に象徴される伝統と格式のイギリス王室。そんな王室は今、時代の変化を捉えながらどう変わろうとしているのか。

9月3日(日)の「せかいま」で探ります。

 

 

この日は、北朝鮮についても取り上げます。

7月下旬、このブログで、北朝鮮の現状や今後について学ぶアナウンサーの勉強会について書きました。

あれからおよそ1か月。

先週、北朝鮮は日本の上空を通過する形での弾道ミサイル発射に踏み切りました。

あの朝、Jアラート=全国瞬時警報システムで情報が発信され、テレビやラジオ、携帯電話の音に驚いた人も多かったと思います。

国際部の朝鮮半島担当・高野デスクに、

北朝鮮がなぜここまで強気でミサイル発射を繰り返すのか、北朝鮮の核ミサイル開発を止めることはできるのかなど、解説してもらいます。

 

9月3日(日)の「せかいま」、ぜひご覧ください。

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年9月3日のゲストは、福田萌さんです。

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:12:40 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


2017年09月01日 (金)

週刊Mr.シップ 第八十七回 「イギリス王室」

 

 

20170901_4koma_igirisuoushitsu.jpg

 

ダイアナ妃が亡くなって、すごくショックだったんだヨーソロー。

でも、ダイアナ妃の子どもたちも大きくなって、立派な大人になったよな。

長男のウィリアム王子なんかは2人も子どもがいて、しっかりパパだし。

んっとー、次男は…、ちょっと税所デスクに聞いてくるっ!!

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:17:27 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top