2017年6月

2017年06月30日 (金)

週刊Mr.シップ 第七十九回 「Group of Twenty」

 

G20(ジートゥウェンティー)とか言われてもなぁ…。

 

偉い人たちがいっぱい集まって会合するんだろ?

それで一体何が変わるんだヨーソロー??

 

20170630_4koma_G20.jpg

 

G20次第では、オレ、イケイケになっちゃうってことか?!

ワクワクだな~。

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:21:46 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


2017年06月29日 (木)

北朝鮮"反米闘争の日"

20170629_art_001.JPG

2017年6月25日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの高橋真麻さん、国際部塚本壮一デスクです。

 

「のっけから問題だぞ~」と、シップの言葉で始まった今回のせかいま。

6月25日は何の日?という問題でしたが、この日は「朝鮮戦争が始まった日」でした。

 

1年ちょっとぶりに帰ってきた塚本デスク!が解説しました。

20170629_art_002.JPG

「朝鮮戦争が始まった日」とは、67年前に北朝鮮が韓国に侵攻した日です。

当初、韓国を追い詰めた北朝鮮ですが、アメリカが参戦し、その後不利な状況に追い込まれます。そのことから、朝鮮半島の統一を妨害したのはアメリカだ!として、この日を「反米の日」ともしています。

 

ここから、塚本デスクの“北朝鮮テスト”が始まりました。

20170629_art_003.JPG

1つめの問題は、「なぜ北朝鮮は、実験をくりかえす?」

(1)アメリカをやっつけたい

(2)アメリカと仲良くしたい

 

正解は(2)です。

 

北朝鮮の最終目標は、“アメリカから認められたい”“アメリカと対等に交渉したい”です。

20170629_art_004.JPG

核やミサイルの技術を高めてアメリカを攻撃できる能力を持つことで、アメリカと対等な立場で交渉し、国家として認めてもらいたいとのこと。

20170629_art_005.JPG

“アメリカは手出しできない”“中国は本気出さない”と思っている北朝鮮にとっては、計画通りに実験が進んでいるようです。

 

だけど、そんなにバンバン実験を繰り返せるほどお金あるの?ということで、

20170629_art_006.JPG

2つめの問題は、「北朝鮮には、お金がある?ない?」

 

正解は…どちらかというと、ある!

 

経済制裁されていても、お金がある理由をシップが説明してくれました。

20170629_art_007.png

 [経済制裁されても、北朝鮮はいろんな手段でお金を手に入れてるんだヨーソロー。]

 

さらに、外貨獲得だけではなく、国内の経済活動が部分的に自由化されたことにより経済が活性化してきたようです。

 

最近の北朝鮮の気になる動きとしては、拘束されていたアメリカ人学生が解放され帰国しましたが、その後亡くなってしまいました。

 

3つめの問題は、「学生を拘束した、真の狙いは?」

20170629_art_008.JPG

答えは、アメリカの気を引くため、いわば交渉カードです。

20170629_art_009.JPG

亡くなってしまったため、「アメリカを引き寄せる」ことは失敗したかにみえますが、完全に失敗ではないようです。

アメリカの国務省北朝鮮政策担当ジョセフ・ユン特別代表が北朝鮮を訪朝したことが、トランプ政権との今後の対話の糸口になるかもしれないという期待があったと思います。

 

最後の問題は、「今後の交渉のキーパーソンは?」

20170629_art_010.JPG

正解は、3番の北朝鮮外務省アメリカ政策担当チェ・ソニ局長です。

「条件が整えば、トランプ政権とも対話する」とも言っています。

20170629_art_011.JPG

 

アメリカとの交渉の準備は進めているものの、米韓首脳会談次第で今後の出方を変えるのではないかとのこと。

トランプ大統領に期待していますが、発言次第では韓国を先に引き付けようとするかもしれません。

また、焦らず力を蓄え、さらに核・ミサイル実験を重ねてから、アメリカと堂々と交渉したいと考えているかもしれません。

 

 

 

1年ちょっとぶりの塚本デスクにソワソワするシップを発見。

20170629_art_012.JPG

物陰から塚本デスクの様子を伺うシップ。

 

シップ、足汚れてるけど、大丈夫??

20170629_art_013.JPG

20170629_art_014.JPG

あーぁ。怒られるよねコレ…。

 

 

 

※写真はすべてリハーサル時のものを使用しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年7月2日のゲストは、矢沢心さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:48 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


2017年06月24日 (土)

週刊Mr.シップ 第七十八回 「北朝鮮のいま」

 

 

ちょっと前までミサイルばんばん撃ってたのに、急におとなしくなったと思ったら、アメリカの大学生を…

北朝鮮て、やっぱりよくわかんないよなぁ~?

 

20170624_4koma_kitacyousennoima.jpg 

 

明日放送だけど、やっぱり行かなきゃダメ?

 

北朝鮮には行ってないけど、世界中でお金を稼いでる北朝鮮のことはちゃんと取材したぞ…。

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送だヨーソロー!

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:15:40 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


2017年06月23日 (金)

日本にいながら、異文化体験

 

先日、東京都内にあるモスクを訪ねる機会がありました。

渋谷の住宅街に見えてきたのはこちら。

20170623_yoshi_001.JPG

荘厳なドームのたたずまいが素敵ですね。

 

モスクの手前をよく見ると、日本の国旗と一緒にはためいているのはトルコ国旗。

ここはもともと、1920年代に日本にやってきたトルコ人によって建てられたモスクで、その後改築され、今では礼拝の場としてだけでなく、トルコ文化を紹介する場にもなっています。

決められた時間や服装を守れば、誰でも自由に見学できるんですよ。

 

私が訪ねたのは、イスラム教の断食月ラマダンの真っ最中。

日中は一切、食べ物や飲み物を口にせず、日没と共に食事を摂ります。

私は、こちらのモスクでラマダン期間中に開催されている夜の食事会に参加しました。

日が沈むと同時にモスク内に低い歌声のような合図が響き渡り、これと共に始まります。

20170623_yoshi_002.JPG

頂いたのは、チャーハンのような焼き飯と、肉じゃがのようなもの。

白いスープのようなものはお粥で、さわやかな酸味がありました。

日中、一切の食事をたって臨むこの食事会はイフタールと呼ばれていて、こちらのモスクではインターネットで事前予約することで参加できました。

 

食事の後は、礼拝場へ。

20170623_yoshi_003.JPG

礼拝はすでに終わり、残って静かに時間を過ごしている人たちもいました。

このドームには中二階のような場所もあって、そこは女性のお祈りの場所でした。

その場にいるだけで、なんだかとても気持ちが落ち着きました。

 

今回は、たまたま家族の知り合いのイスラム教徒の留学生に誘ってもらい、このような貴重な経験をすることができました。

私が訪ねたモスクでは、日本在住のイスラム教徒や旅行で訪れているイスラム教徒のほかに、見学のために来る日本人も多いそうです。

実際この日も、たくさんの日本人が来ていました。

中には会社帰りと思われる女性もいて、日常の生活の中で気軽にイスラム文化に触れられる環境は素敵だなと思いました。

日本にいてもできる異文化体験、これからも探していきたいです!

  

  

  

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年6月25日のゲストは、高橋真麻さんです。

 

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:16:03 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


2017年06月22日 (木)

FBIってどんな組織?

20170622_art_001.JPG

2017年6月18日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの松尾貴史さん、国際部横川浩士デスクです。

 

アメリカの「FBI」、日本語に訳すと「連邦捜査局」を、国際部横川デスクが徹底解説しました!

20170622_art_002.JPG

まずはこちらから。

20170622_art_003.JPG

アメリカ大統領選挙に干渉したとされる“ロシアゲート疑惑”。

2017年1月、FBIを含むアメリカの情報機関は、「ロシアがクリントン氏の陣営などにサイバー攻撃を仕掛けていた」と公表しました。

その後、トランプ大統領はFBIのコミー長官を突然解任。

 

そもそも、“ロシアゲート”の“ゲート”は、どこからきてるのかと言うと…

20170622_art_004.JPG

1972年の“ウォーターゲート事件”になぞらえて付けられました。

ニクソン大統領が辞任するに至った事件ですが、これ以降大きな政治スキャンダルには“なんとかゲート”とつけて呼ぶことが多くなりました。

20170622_art_005.JPG

“ロシアゲート疑惑”で注目を浴びるFBIですが、前身の組織は1908年に30人余りでスタート。

現在は約3万5000人の巨大組織になりました。

20170622_art_006.gif

 

ざっくり大きくわけると、捜査機関と情報機関の2つの顔があります。

20170622_art_007.JPG

州を越えた犯人追跡や逮捕を警察から引き継いだり、外国スパイの監視やテロ事件の予防、サイバー攻撃の捜査なんかもやっています。

 

FBIが大きな組織になったのには、とある人物が大きく関係しているんです。

シップがその人物について説明してくれました(・o・)

20170622_art_008.png

[アメリカのFBIが大きな組織になった理由を説明しヨーソロー。]

 

FBIはアメリカ国内だけではなくて、世界60か国以上の大使館にも派遣されています。

そのため、専門知識や特殊技能を持つ職員が求められています。

20170622_art_009.JPG

シップのツイッターを見てみると、シップには条件が合わなかったようですね。残念(^-^;

 

強大な権限を持つ組織なので、政治的に「独立性・中立性」が必要なため、長官の任期が10年となりました。任期を設けようというきっかけはフーバーが独裁者のようになったことへの反省がからです。

 

今では、アメリカ国民から一定の評価を受けているFBIですが、「やり過ぎ」と批判を浴びることもあります。

去年の話ですが、FBIがアップル社に「犯人のアイフォンのロックを解除する鍵をよこせ!」と依頼しましたが、アップル社や世間から猛反発され、結局アップル以外の企業から技術協力を得て解読することになりました。

20170622_art_010.JPG

 

コミー長官は任期を6年残してトランプ大統領にクビにされましたが、FBI長官が解任されるのは非常にまれです。

“ロシア疑惑”については、モラー特別検察官という人が任命され、検査を開始。

20170622_art_011.JPG

この特別検察官という役職は、トランプ大統領にも直接解任する権限はありません。

さらに、モラー氏はコミー長官の前のFBI長官。

FBI仕込みの粘り強い捜査に期待されているようです。

 

 

 

FBIバッジを狙うシップを発見!!!!

20170622_art_012.JPG

20170622_art_013.JPG

 

それじゃ、隣の泥棒と一緒になっちゃうよ!

FBIに捕まる側になっちゃう( ;∀;)

 

 

私に怒られて反省したのか、後ろに隠れてFBIの紋章を眺めるシップ。

20170622_art_014.JPG

採用条件に合わなかったから、拗ねてるのかもしれません(・_・;)

 

 

シップにはせかいまがあるよ(*^-^*)

 

 

※写真はすべてリハーサル時のものを使用しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年6月25日のゲストは、高橋真麻さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:21:35 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


2017年06月17日 (土)

FBI

 

映画やドラマでおなじみのFBI。

アメリカの連邦捜査局ですね。

6月18日放送のせかいまでは、そのFBIを大特集!そもそもどんな組織なの?いつできたの?どんな人が働いているの?など、知っているようで知らない(というか、映画などで見たことがある以外は私も何も知りませんが・・・)FBIに迫ります。

 

毎週土曜日に行われる、せかいまの打ち合わせ。

NHK局内の会議室で、本番のイメージを膨らませます。

黒板ならぬ白板に、放送当日の絵や、さまざまな“貼り物”を想定して書き込みます。

20170617_yoshi_001.JPG

こちらが、担当するディレクターが描いた今日の白板。

むかって左は、FBIのロゴです。中央の細かい星もちゃんとありますね。

 

では、問題です。

私が指差している2人は、誰と誰でしょうか??

うーん、髪型など特徴ありますね~。

ヒントは、なぜ今、せかいまがFBIを取り上げるのか・・・?

 

答えは、6月18日の放送でぜひご確認ください!!!

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年6月18日のゲストは、初登場!松尾貴史さんです。

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:18:58 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


2017年06月16日 (金)

週刊Mr.シップ 第七十七回 「FBI」

 

FBIの前長官コミー氏が話題になってるじゃん。

気になるじゃん。

調べるじゃん。

そしたらさ…

 

20170616_4koma_fbi.jpg

 

勤務地“世界各地”ってオレにピッタリだろ?

 

でも、せかいまとFBI両方やってたら、スパイだと思われちゃうか…

 

 

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:21:21 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


2017年06月15日 (木)

どうなるイギリス 揺らぐ政権基盤

 

20170615_art_001.JPG

2017年6月11日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの藤本隆宏さん、国際部松木昭博デスクです。

 

イギリスの総選挙について、松木デスクが解説しました。

20170615_art_002.JPG

メイ首相は、議席数を増やせると思って、予定より3年も前倒しして選挙を行いました。

それなのに、議席数を減らしてしまう結果となりました。

20170615_art_003.JPG

20170615_art_004.JPG

メイ首相の与党保守党が議席を減らした理由は、保守党が続けてきた「財政緊縮策」です。

20170615_art_005.JPG

「社会保障費」…高齢者の介護費用の負担増。

「警察予算」…2010年から20%減。

前政権では治安対策責任者だったメイ首相。

テロを防げなかったことが、支持率低下につながりました。

 

なぜ3年も前倒しで選挙を行ったかというと、EUとの離脱交渉を有利に進めるためです。

たくさんの支持を集めて、政権基盤を強くしておきたかったのです。

 

メイ首相が掲げたのが「ハード・ブレグジット」。

20170615_art_006.JPG

EU加盟国の中なら関税はかからず、人の移動が自由なため、イギリスには東ヨーロッパから多くの移民がやって来ます。

移民を制限したいと言ったイギリスに対して、EUが拒否したため、EUを離脱するという選択をしました。

EUを離脱しても、経済的なメリットは失いたくないイギリスですが、EUからは“いいとこ取り”は許さない!と、言われてしまいました。

 

それでも、イギリスには経済的にやっていけるという思いがあります。

なぜなら、イギリスには「イギリス連邦」といった国家の親睦グループのようなものがあるんです。

20170615_art_007.png

[イギリス連邦が世界中にある理由をオレが説明しヨーソロー。]

 

「イギリス連邦」の国々と新しい貿易協定を結んでいけば、経済的にEU以上のメリットが得られるんじゃないかと考えている人も多いです。

しかし、イギリス連邦側からすると、人口6000万のイギリスと交渉するよりも、4億4000万人がいるEUと先に交渉した方が得だという意見もあります。

20170615_art_008.JPG

そしてイギリスも一枚岩ではありません。

 

イギリスの正式名称は、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」。

日本人がイギリスと呼ぶ国は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの地域の「連合王国」なんです。

20170615_art_009.JPG

2014年には、スコットランドで独立を問う住民投票が実施されました。

イギリス国内では、「国家が分裂する」「戦後最大の国家危機」と大騒ぎになりました。

投票の結果、イギリスに留まることになりましたが、スコットランドでは、イギリスから独立してEUにとどまろうという意見は根強いんです。

 

メイ首相は、4つの地域のバランスを崩さないように気をつけながら、EUとの離脱交渉も進めていかなくてはなりません。

20170615_art_010.JPG

 

 

そういえば、我らがMr.シップはオープニングから登場していましたね。

20170615_art_011.png

もしや、あの有名なラグビー選手(・o・)?

 

こちらは放送では登場し損ねたサッカーシップですが、

20170615_art_012.JPG

イギリス、この髪型、7番、と言えば…、

あの有名なサッカー選手ですね(*’▽’)/

 

うーーーん、いろんな有名人に変身できるシップって、一体何者なんだろう(゜-゜)?

 

 

 

※写真はすべてリハーサル時のものを使用しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年6月18日のゲストは、初登場!松尾貴史さんです。

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:21:03 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


2017年06月10日 (土)

今週の黒板アート

 

前回のブログでもご紹介した、せかいま名物の黒板アート。

イランについて取り上げた先週の放送では、世界遺産のイマーム広場にあるモスクを描きました(詳しくは前回のブログをチェック!)。

放送後、視聴者の方から「もっとゆっくり見たかった!」というご意見を頂きましたが、番組内では、なかなかじっくりとご覧頂く時間を取れないのも事実・・・。ごめんなさい。

せめて、このブログでお楽しみください、ということで!

今週(6月11日放送)の黒板アートがこちら!

20170610_yoshi_001.JPG

2階建てバスに、高くそびえるビッグベン。そう、イギリス・ロンドンの町並みです。

 

今回は、総選挙を終えたばかりのイギリスが授業テーマです。

去年の国民投票でEUからの離脱を決め、その交渉の行方にも注目が集まります。

今回の選挙結果が、離脱交渉にどんな影響を与えるのか?

首相のメイさんてどんな人?などなど、今、何かと注目のイギリスを徹底解剖いたします。

 

黒板の地の色を陰影として活かしながら、白いチョークだけで6時間かけて描かれた今回の黒板アート。

番組の中でもぜひチェックしてくださいね。

 

でも、あまり写らなかったらごめんなさい・・。

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年6月11日のゲストは、藤本隆宏さんです。

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:21:51 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


2017年06月09日 (金)

週刊Mr.シップ 第七十六回 「せかいま離脱」

 

生まれる国は選べないけど、どうせなら、社会保障がちゃんとした国に生まれたいよな。

オレは船乗りだから、海さえあれば幸せだけどな。

 

20170609_4koma_sekaimaridatu.jpg

 

EU離脱が決まってるイギリスでの選挙は、大変なことになったみたいだ。

イギリス国民はいつも予想を超えてくるヨーソロー。

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:18:37 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


2017年06月08日 (木)

どうなるイランとアメリカ

20170608_art_001.JPG

 2017年6月4日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの小芝風花さん、河野憲治記者です。

 

今回はニュースウオッチ9の元キャスター河野記者がやってきました!

20170608_art_002.JPG

シップ待望の「河野さん」。

20170608_art_003.jpg

クリックすると続きが読めます。

 

河野記者は過去にイランに駐在していたのですが、15年ぶりにイランを取材してきたとのこと。

20170608_art_004.JPG

イランは日本にとって大事な石油を輸出してくれる国。

 

アメリカのトランプ大統領が中東を歴訪した際に立ち寄ったのは、サウジアラビアとイスラエル。

この2つの国はイランと対立しています。

そしてトランプ氏は対立する国イランには、行きませんでした。

20170608_art_005.JPG

アメリカのオバマ前大統領はイランと仲良くしていたので、またも、オバマ氏のやり方をひっくり返そうとしているトランプ氏。

 

そしていま、注目されているのがトランプ氏の「核合意を破棄する!」という発言です。

「核合意」とは、「イランが核開発を止める代わりに経済制裁も解除する」という国際的な約束です。

20170608_art_006.JPG

この約束を破棄すると言い出したトランプ氏。

そもそもイランとアメリカはとっても仲が悪いのですが、それは過去の事件が関係しているのです。

 

20170608_art_007.png

[イランとアメリカ、なんでこんなに仲が悪くなっちゃったのか、オレが説明しヨーソロー。]

 

イランとアメリカには、こんな歴史があって、基本的に反米国家のイラン。

そんなイランの大統領選挙で選ばれたのは、穏健派のロウハニ師。

20170608_art_008.JPG

民主的な選挙により、大統領が決まったわけですが、

イランには「最高指導者」と呼ばれる、大統領よりも強い権限を持った指導者がいるんです。

20170608_art_009.JPG

大統領に立候補するのも、「最高指導者」の許可が必要な上、

国の外交や安全保障といった重要な方針を決めるのも「最高指導者」。

さらに、正規軍とは別に「革命防衛隊」という直轄の軍隊を持っています。

 

全然民主的じゃない(・_・;)!「最高指導者」はイラン革命で誕生してるから絶対反米だし(+o+)

 

そんなイランでも、アメリカが、アフガニスタンのタリバンを攻撃するときには、アメリカ軍に協力をし反米が弱まったこともありました。

20170608_art_010.JPG

それなのに、ブッシュ元大統領に「悪の枢軸」呼ばわりされて、再び反米に傾きました。

20170608_art_011.JPG

その後、対話を大切にするオバマ前大統領のおかげで、反米が弱まったにも関わらず、

20170608_art_012.JPG

トランプ氏の「核合意を破棄する!」発言。

20170608_art_013.JPG

そもそも核合意は国際的な合意なため、アメリカの一存で破棄してよいのかという疑問の声が強いですが、もしも本当に破棄することになったら、イランは一気に反米を強めるかもしれません。

 

 

 

せかいま黒板アートは、イランの「イマーム・モスク」。

20170608_art_014.JPG

20170608_art_015.JPG

20170608_art_016.JPG

20170608_art_017.JPG

 

 

黒板アートの前ではしゃぐ河野さん(*’▽’)

20170608_art_018.JPG

20170608_art_019.JPG

と、芳川キャスター(*’▽’)

 

 

※写真はすべてリハーサル時のものを使用しています。 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年6月11日のゲストは、藤本隆宏さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:28 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


2017年06月04日 (日)

背景にもご注目!

 

「せかいま」といえば、黒板に描かれる絵も見所の1つ!

黒板に、様々な色のチョークを使って描きます。

今日(6月4日)の放送では、2種類の黒板アートが登場しますよ。

まずはこちら。

20170604_yoshi_001.JPG

イランの世界遺産、イマーム広場にあるモスクです。

青を貴重としたタイルで覆われた荘厳なたたずまいを表現しています。

番組のアート担当者が8時間かけて完成させた力作です。

今日の授業では、イランとアメリカの関係について見ていきますが、その際は、ぜひとも背景の黒板アートにもご注目を!

 

そしてもう1枚。

20170604_yoshi_002.JPG

ハリウッド俳優のヒュー・ジャックマンさん(48)です。今月(6月)公開の主演映画について、先日、私がインタビューしてきました。

この絵は、ヒュー・ジャックマンさん演じる、アメリカンコミックのヒーローです。

両手から生えた鋭い爪で敵をなぎ倒すという役柄です。

架空の世界が舞台のフィクション映画ですが、そこには、現実世界に対するあるメッセージが込められていました!こちらも、今日、放送予定です。

ぜひお楽しみに!!

 

黒板の上に、白や青、黄色のチョークを使って描かれる緻密な世界。

思わず、しばらく見入ってしまいました・・・・あ、もうすぐ放送本番だ!

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:12:46 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


2017年06月02日 (金)

週刊Mr.シップ 第七十五回 「河野さん」

 

せかいまの先生情報って、みんなは事前に知りたいか?

 

先週、「小阪田先生だ!」ってつぶやいたら、フォロワーのみんなが喜んでたからさ。

これからは告知しようかなぁ。

 

20170602_4koma_kounosan.jpg

 

ちょっと悪ふざけが過ぎたかな?

ニュースウオッチ9に出てる河野さんを見てたから、なんか緊張しちゃうんだヨーソロー。

 

うふふ。

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:20:15 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


2017年06月01日 (木)

アフリカに広がる子ども兵

 

20170601_art_001.JPG

2017年5月28日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストのサヘル・ローズさん、国際部小阪田和也デスクです。

 

イギリスのコンサート会場にて起きたテロですが、

容疑者はアフリカのリビアを出入りしていて、両親がリビア出身とのこと。

過激派組織ISが犯行を主張する声明を出したけど、リビアとISって関係あるの?

20170601_art_002.JPG

アフリカのいまを、国際部小阪田デスクが解説しました。

 

中東の民主化運動「アラブの春」によって、リビアの独裁者カダフィが政権の座を引きずりおろされ、その隙をついて登場したのがIS。

20170601_art_003.JPG

ISと言えば、中東のイメージがありますが、アフリカにもいるんですね。

さらにアフリカには、他にもイスラム過激派がいくつもあって、暗躍しているんです。

ソマリアのアッシャバーブ、イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ、ナイジェリアのボコ・ハラム。

20170601_art_004.JPG

アフリカでは過激派組織が勢力を維持できてしまう独特の事情があります。

1つめは、政治の空白。リビアやソマリアでは事実上の無政府状態がつづいています。

2つめは、政府軍や警察の目の行き届かない砂漠やジャングルが多いんです。

 

中でも、ボコ・ハラムという組織は、276人の女子生徒を誘拐する事件を起こし、世界的に有名になりました。

ナイジェリアは実はアフリカ有数のリッチな国ですが、その理由が「油田」。

 

世界のいまを勉強していると、もう必ずと言っていいほど、油田が登場しますね(^-^;

世界は石油を中心に回っているのではないかと思うほど…。

20170601_art_005.JPG

ナイジェリアの油田は南部に集中していて、北部の人々は不満を抱いています。

 

20170601_art_006.png

[ナイジェリアの過激派組織ボコ・ハラムについて、説明しヨーソロー。]

 

善悪の区別がついていない子どもを誘拐し、兵士にしたり、自爆テロをさせたり、ボコ・ハラムはやりたい放題です。

今月、3年前に誘拐された女子生徒が82人解放されましたが、解放後も周りから偏見の目を向けられたりスパイではないかと疑われたり、大変な時間が続きます。

ボコ・ハラムによって誘拐された子どもは、国連などの調査でなんと推計8千人にものぼるそうです。

20170601_art_007.JPG

さらに!子どもが誘拐され兵士や兵士の妻にさせられているような国は他にも、中央アフリカ、コンゴ民主共和国、マリ、ナイジェリア、ソマリア、南スーダン、スーダン…とたくさんあります。

また、子どもが扱える銃が流通していることも問題になっています。

20170601_art_008.JPG

過激派の活動をどう抑えていくのか、蔓延する武器をどう減らしていくのか、子どもを争いの犠牲にしないために、世界がどう向き合い取り組んでいくのか、問われています。

 

 

☆おまけ☆

リハーサルの合間にどこかに電話をかけているシップ。

黒電話、貴重ですね!ってどこに繋がってるの?

20170601_art_009.jpeg

「もしもし~、ゆうき?

 オレのシールとタンブラー使ってくれてるんだってな。忘れられてなくて嬉しぞ。

 ありがとヨーソロー。」

 

前キャスター井上さんが、7ブログにシップのこと書いてくれてましたね(*^-^*)

 

って!シップ、私にもタンブラーちょうだいよ(・o・)!

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年6月4日のゲストは、初登場!小芝風花さんです。

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:22:50 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー


RSS

page top