2016年03月27日 (日)

岐路に立つラテンアメリカ

先日、都内某所で開かれた歓迎レセプションにお邪魔しました。

集まったのは、実に陽気で、愉快な人たち。中南米からやってきた、大学生や行政官、それにジャーナリストなど、将来を期待される若きリーダーたちです。日本との文化交流を目的に、遠路はるばる、キューバ、ペルー、チリ、ブラジル、ベネズエラなど、中南米各地から集結しました。日本の技術や文化への興味が旺盛で、逆に僕が質問攻めにあうほど。

 

そんな中で、キューバの新聞記者がこう話していました。

「これから、私の国だけじゃなく、いろいろ状況が変わると思うわ。“いろいろ”ね」。

何か含みを持たせる言い方をしていたのです。

そのときは深く考えなかったものの、後日その意味がわかりました。

 

このニュースです。

「アメリカのオバマ大統領が、キューバとアルゼンチンを歴訪」。

 

国際部・中南米担当の中島デスクによると、中南米は今大きな転換点を迎えていて、今回のキューバ訪問はアメリカにとってあくまで“布石”で、実はもっと大きな青写真を描いているというのです。オバマ大統領の笑顔に隠された目的とは?詳しくは放送で!

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 本日午後6:10~ 生放送です!

出演:井上裕貴 坂下千里子 Mr.シップ

ゲスト:宮澤エマさん

 

投稿者:井上裕貴 | 投稿時間:12:04


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS

page top