2016年02月21日 (日)

"チャレンジャー"が残したメッセージ

“ジャパニーズアメリカン(日系人)”と聞くと、身体の中で何かがざわつきます。

僕はアメリカで生まれたわけではないので、日系人ではありません。でも、2歳で渡米しアメリカの白人社会で育った中で、良くも悪くも、日本人としての自分を幾度となく意識させられてきました。先人の日系人たちも、言葉や人種の壁に立ち向かいながら、アメリカ人として、そして日本人として道を開拓してきました。おこがましいですが、そんな日系人たちに、どこか、無条件に親近感を覚えるのです。

  

今週は、そのうちの一人に注目します。みなさんは、この方をご存じでしょうか?

エリソン・オニヅカ氏。

20160221_yuki_01.png

20160221_yuki_02.png

  

30年前、7人の宇宙飛行士が亡くなった、スペースシャトル「チャレンジャー」の爆発事故。このとき搭乗していた一人が、日系人で初めて宇宙に行ったオニヅカ氏だったのです。39歳という若さでした。この方、大変な努力家だったといいます。決して裕福ではない家庭で育ち、両親の農園を手伝いながら勉学に励みました。チャレンジャー号の名の通り、白人しかなれないと思われていた時代に宇宙飛行士を目指し、夢を叶えた挑戦者でした。そんなオニヅカ氏が残したメッセージが、事故から30年経った今、改めて多くの若い世代を惹きつけているといいます。

夢を追いかけたチャレンジャーの言葉、続きはどうぞ今日の放送で!

 

20160221_yuki_03.png

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:10~ 生放送!

出演:井上裕貴 坂下千里子 Mr.シップ

2月21日のゲストは、井田寛子さんです!

 

投稿者:井上裕貴 | 投稿時間:12:18


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS

page top