2017年07月21日 (金)

週刊Mr.シップ 第八十二回 「トランプ支持率」

 

 

ん~~~、なんか今日すんご~~~く眠いんだよなぁ…

 

20170714_4koma_trumpshijiritsu.jpg

 

 

だって、眠かったし。

もう夜だし。

戦後最低とか言われても、良のか悪いのかよくわかんないし。

 

ごめんな、よしよし。

4コマはちゃんと続けてくれヨーソロー…

スヤスヤ…

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:19:58 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


  
2017年07月20日 (木)

1.岐路に立つ五輪 2.劉暁波氏死去

 

20170720_art_001.JPG

 

2017年7月16日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、国際部奥谷龍太デスク、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの武井壮さん、国際部中島健夫デスク。

 

「オリンピック参加するぞー!」のポーズです(*’▽’)

 

2024年、2028年の夏のオリンピック開催地が同時に決まるかも!というニュースが入ってきました。

え?2020年の東京オリンピックを決めるときは、あんなに招致活動頑張ったのにどういうこと?

ということで、国際部中島デスクが解説しました。

20170720_art_002.JPG

2024年のオリンピックに5つの都市が立候補していましたが、選考や投票の前に3つの都市がおりていきました。

残ったのはパリとロサンゼルス。

通常なら投票で開催地を決めるはずが、IOCバッハ会長は“屋根の上の鳥より手の中の鳥”だと発言しました。

20170720_art_003.JPG

“屋根の上の鳥”とは、まだ見ぬ将来の開催地を指します。

“手の中の鳥”とは、パリとロサンゼルスのこと。

手の中にあるこの2つの都市を逃すまいと、2024年と2028年にパリとロサンゼルスを振り分けようと考えたのです。

20170720_art_004.JPG

なぜ、このような異例な決定をしたかというと、オリンピックを“やりたくてもできない”状況になっているからなんです。

 

20170720_art_005.png

武井壮さんのような体力のある人でも、持ち上げるのが大変なこの重い岩。

20170720_art_006.png

何を表しているかというと、“開催費用”です。

 

オリンピックが「世界最高のスポーツの祭典」になったから、負担が大きくなっているんです。

オリンピックの変遷を見てみると、「参加することに意義がある」「国の発展をアピール」「世界最高のスポーツの祭典」と時代とともに、変化しています。

20170720_art_007.JPG

現在では、商業化路線となり巨大ビジネスのイベントとなりました。

 

過去のオリンピック開催国では、経済成長が加速しています。

20170720_art_008.JPG

しかし、その経済効果を上回るほど、オリンピック開催には費用がかかるんです。

 

巨大な開催費用とその後のインフラの維持を考えると、メリットよりもデメリットの方が大きいのでは?と思った3都市が、2024年の招致活動から撤退していったんですね。

20170720_art_009.JPG

また、パリとロサンゼルスはそれぞれの特別な理由があって、オリンピックを開催したいと考えています。

ロサンゼルスの理由はというと、アメリカはスポーツ大国でオリンピック大好き。定期的に自国でオリンピックを開催したい。

パリは前回開催の1924年から、ちょうど100年の2024年にオリンピックをやりたいと考えています。

 

特別な理由がないと、招致活動に積極的になれない状況に加え、シップがオリンピックの決めごとについて説明してくれました。

20170720_art_010.png

[「世界最高の祭典」を目指すがゆえ、オリンピックは簡単にはいかないんだヨーソロー。]

 

開催費用削減したいのに、「オリンピック憲章」が障壁になっている現状があります。

 

そこでIOCは「世界最高のスポーツの祭典」に加え、「持続可能な祭典」を目指すため、改革を打ち出しています。

20170720_art_011.JPG

それが「アジェンダ2020」。

例えば、既存施設や仮設の利用、競技の一部を開催国以外で実施できるようにと、費用負担の軽減を考えています。

この改革案の中心的な考えが反映される最初の大会が、東京オリンピックです。

コンパクトな五輪を目指すとして招致を行った東京。

当初の設計通り、コンパクトな大会を開催できれば、これまでに開催したことのない国の中でもオリンピックをやりたい都市が増えていくのではないでしょうか。

20170720_art_012.JPG

また、成功のカギになるのが「市民参加」。

2012のロンドンオリンピックでは、世界中をまわる聖火リレーをやめ、国内のほとんどの街をまわる方法をとりました。

 

オリンピックで使われた施設が大会後も有効に活用されて、「ヒト・モノ」ともにいいものが残せれば「オリンピックを招致してよかった」と思える大会になるのではないかと思います。

 

 

2時間目は中国の劉暁波氏(りゅう・ぎょうは)死去について、奥谷デスクが解説しました。

20170720_art_013.png

中国の民主化運動の象徴的な存在だった劉暁波氏。

天安門事件のリーダーの1人だった劉氏は非暴力を貫き、中国共産党の一党支配を批判、民主化を求め続けました。

20170720_art_014.JPG

そんな劉氏は、中国共産党にとって「怨霊」のようなもの。

自由に発言できないように、刑務所に入れ最後まで力で押さえ込みました。

20170720_art_015.JPG

民主化を求める市民に対して、人民解放軍が武力で鎮圧した天安門事件後、民主化のリーダーたちの多くは、海外に亡命しました。

大物の中では劉氏だけが国内に残って、民主化の主張を語り続けノーベル平和賞も受賞しました。

 

経済発展のおかげで国民の多くが、一党独裁でも仕方ないと黙っています。

いつの日か共産党の体制への批判が大きく高まり、民主化を求める日がきたら、そのとき劉氏が一種の“レジェンド”として、精神的支柱になるかもしれません。

20170720_art_016.JPG

 

 

 

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年7月23日のゲストは、初登場!前川泰之さんです。

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:21:41 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


  
2017年07月16日 (日)

重い!!!

 

 20170714_yoshi_001.JPG

あー重い!この岩、まったく持ち上がりません。

7月16日(日)の「せかいま」は、世界の岩特集・・・ではなくて、

オリンピックを取り上げます。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まったのは今から4年前。

あの「お・も・て・な・し」から、もうそんなに経つんですね。

当時は、東京に決定したことで日本中が喜びに包まれました。

 

ところが!最近はちょっと事情が変わってきているんです。

オリンピックをやりたいと手を挙げる国が少なくなってきているんです。

その大きな原因は・・・私が持ち上げられない重たい岩。

詳しくは7月16日の放送をぜひご覧ください!

 

ちなみにこの岩、重さは約20キロ。

もともと私の腕力がないから持ち上がらないんじゃない??という疑念は置いといて、

この岩が表すものは何か、ぜひそこにご注目。

 

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年7月16日のゲストは、武井壮さんです。

 

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:14:36 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


  
2017年07月14日 (金)

週刊Mr.シップ 第八十一回 「不人気」

  

オレも参加する気満々のオリンピックが、ヤバいらしいぞ…。

 

東京開催が決まったときは、あんなにみんなはしゃいだのに…

どうなってんだヨーソロー…

 

2024年と28年の五輪 9月に開催都市同時決定へ | NHKニュース 

五輪2大会同時決定 スポーツ庁長官が懸念 | NHKニュース 

※クリックすると記事が読めます。 

 

20170714_4koma_funinki.jpg

 

え?オリンピックって“夢の祭典”だよな?

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:21:48 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


  
2017年07月13日 (木)

ISを取り巻く大盤解説

20170713_art_001.JPG

 

2017年7月9日の出演者のみなさんです。

左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの野間口徹さん、国際部藤井俊宏デスク。

 

せかいまでも何度も取り上げている「過激派組織IS」ですが、そろそろ壊滅しそう!!

ということで、初登場の藤井俊宏デスクが解説しました。

20170713_art_002.JPG

3年前にイラク、シリアで「国家樹立」を主張したISですが、

イラク軍が、IS最大の拠点イラクのモスルをもうすぐ制圧というところまで追いつめました。

さらにシリアのラッカも完全に包囲しました。

 

しかし、喜ぶのはまだ早いようです。

崩壊間近のISですが、世界中に残した“負の遺産”があるんです。

20170713_art_003.JPG

世界中の過激派組織やテロ組織が、有名な「IS」の名を名乗り“ISブランド”に便乗しました。

20170713_art_004.JPG

ISが無くなっても、また別の名を語るようになるだけで、残念ながら組織はなくなりません。

 

さらにもう一つ、負の遺産があります。

20170713_art_005.JPG

「ローンウルフ」=一匹狼。

小規模グループや個人によるテロがヨーロッパで頻発していますが、これはローンウルフの仕業と言われています。

インターネットなどで流れるISのプロモーションを見て、過激派思想に染まった人たちのことです。ISがなくなっても、ISの過激な思想はインターネット空間で広がり続けます。

 

それでも、イラクやシリアからISがいなくなれば、2か国は復興に向かうのでは?と思いきや、もっと厄介なことになるかもしれないんです。

 

20170713_art_006.png

[ISなくなるとか言ってるけど、そもそもシリアが大変なことになった理由を、オレが説明しヨーソロー。]

 

民主化を成し遂げたかった「アラブの春」ですが、市民の思いとは別に、戦闘が続いています。

ISが生まれる前からたくさんあった武装集団は、いまはどんな状況かというと…

20170713_art_007.JPG

藤井デスクが将棋の大盤解説を使って解説しました。

 

ん?藤井デスクが大盤解説?流行りに乗っちゃいましたね(*’ω’*)

 

20170713_art_008.gif

ISではなく、別のところで争っている武装集団…

20170713_art_009.gif

そしてISがいなくなっても、アサドと反アサド側についたりして争いは終わらない…。

 

再びISと同じようなテロ組織が出現しないよう、イラクやシリアの復興が進むよう国際社会の協力が必要なようです。

 

 

 

リハーサルの合間、アートスタッフにちょっかいを出すシップを発見!

20170713_art_010.JPG

「おい、オレも手伝うぞ~。駒を配置するの大変だろ~?」

20170713_art_011.JPG

「お~い」

20170713_art_012.JPG

「これをどっかに貼ればいいんだろぉ?」

20170713_art_013.JPG

「ねえどこに?ねえどこにこれ貼るの?ねえ…」

 

 

シップ、邪魔しちゃダメだよ(´・ω・`)!!

 

 

 

※リハーサル時の写真を掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年7月16日のゲストは、武井壮さんです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:22:16 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


  
2017年07月09日 (日)

大盤解説!

前人未踏の29連勝を成し遂げた、将棋の藤井聡太四段。

NHKスペシャルなどの番組でも数多く取り上げられ、今、改めて将棋に注目が集まっていますよね。

 

そこで!・・・

7月9日の「せかいま」も、流行に乗っかって、こんなものを用意しちゃいました!!

20170709_yoshi_001.jpeg

私の身長(173センチ)よりも大きな大盤です。

これを使って、中東・シリアの今を解説します。

過激派組織ISの掃討作戦も大詰め。

しかし、たとえISが崩壊したとしても安心できないのです。

その理由は、大盤に貼られた数々の駒。詳しくは番組の中で・・・。

 

ちなみに、今日、解説を担当するのは、国際部の藤井デスク。

“藤井つながり”でこのアイデアが誕生した・・・かどうかは、ご想像にお任せします(笑)。

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年7月9日のゲストは、初登場!野間口徹さんです。

 

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:12:42 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


  
2017年07月07日 (金)

週刊Mr.シップ 第八十回 「IS」

せかいまでも、何回も取り上げてきた「IS」だけど、そろそろ無くなりそうだぞ…。

 

だけどな…。

 

20170707_4koma_is.jpg

 

問題は山積みだ!!

いったいぜんたい、このあとどうなるか…

 

藤井デスクに聞いてみるんだヨーソロー。

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:21:46 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


  
2017年07月06日 (木)

G20サミットの見どころは?

 

20170706_art_001.gif

「あーっちっちっちっちっちっち!!!!」

 

7月2日の日曜日の夕飯は、みなさん何を食べましたか?

せかいまを見て、思わずハンバーグを食べたくなった方もいたのでは(^-^)?

20170706_art_002.JPG

巨大ハンバーグを狙って鉄板の上に乗ったものの、火傷しそうなシップですが、

みなさんもハンバーグの鉄板は熱いので気を付けてくださいね(*_*;

 

7月2日のせかいまは、世界の主要20か国の首脳が集まる「G20サミット」(今月7日~開催)について、2人の先生が解説しました。

まずは国際部小宮デスク。

20170706_art_003.JPG

実は、「G20」と名の付く会議はよく行われていて、財務大臣や環境大臣などが集まって開かれています。

これらの会議は各国首脳が集まる、今回の「G20サミット」への前振りみたいなものなんです。

サミット参加国のGDP合計は、世界のGDPの90%に達するため、ここで決めたことの影響力はとても大きいです。

だからこそ各国は、時に対立したり、共同戦線をはったりしてきました。

 

ここでシップが登場!

20170706_art_004.png

[20がどんな風にできて、どう対立してきたかオレが説明しヨーソロー。]

 

この先進国と発展途上国の対立が、ここ最近変わってきています。

20170706_art_005.png

教室に巨大ハンバーグがやってきましたが、なぜハンバーグ?なのかというと、

今回のG20サミットの開催地が、ドイツのハンブルク。

一説には、ハンブルク地方の肉料理のことをハンバーグと言うそうです。

20170706_art_006.JPG

芳川キャスターがハンバーグを切り開いてみると…。

20170706_art_007.png

これまでのG20サミットの構図が出てきました。

真ん中の黄色い美味しそうな部分はとろけたチーズです(^-^)

アメリカを中心とした「自由貿易を公正なルールで進めよう」というグループと、中国を中心とした「ルール作りが必要だ」というグループの主導権争いがありました。

 

ところが、今回のG20サミットでは、「アメリカ対“残りの19”」という構図になりそうなんです。

その理由が、トランプ大統領の登場です。

トランプ大統領はこれまでの「自由貿易を公正なルールで進めよう」というグループを抜け出して、「保護主義」を目指しているからです。

保護主義とは、トランプ大統領の言う自国の利益最優先という「アメリカ第一主義」のことですね。

20170706_art_008.png

今回のサミット最終日に出す声明に、「保護主義と闘う」という文言が入れられるかどうかというのが今回の最大の見どころです。

 

 

そこで、トランプ大統領の保護主義に一石を投じようとしているのが、日本。

アメリカに「公正なルール」に基づく貿易の大切さをわかってもらうための「秘策」を、岩田解説委員が解説しました。

20170706_art_009.png

それは、EUと日本で行っている交渉「EPA=経済連携協定」です。

20170706_art_010.JPG

日本とヨーロッパが関税の低い協定を結べば、アメリカも焦るのではないかという思惑です。

 

さらに、安倍首相は先月、先進国の首脳が集まったサミットで「保護主義は誰の得にもならない。高い水準のルールを拡大する」とトランプ大統領に向けて発言しました。

20170706_art_011.JPG

なぜ、日本が必死にアメリカに訴えているのかというと、

アメリカが自由貿易の盟主の座から外れたのを幸いと、中国が真ん中に立とうとしているからです。

 

今回のG20で中国は、「自由貿易は必要だ」と日本やヨーロッパと同じ立場で議論に参加すると言われています。

ただし、日本やヨーロッパの主張を取り込みながら自分たちに有利なルール作りを主導しようとしているんです。

20170706_art_012.png

実際中国は、アメリカや日本抜きの国際銀行を作ったり、アジア中心の貿易の枠組みを中国主導で作ろうとしたり、着々と周りを固めていっている状況です。

 

そこで日本は、それを逆手に取って「中国を巻き込め」作戦を行おうとしています。

その切り札が安倍総理から習近平主席に送った「親書」です。

20170706_art_013.JPG

この親書は、中国というより、アメリカに早く自由貿易のリーダーの座に戻って欲しいという思いが込められています。

トランプ大統領が「保護主義」「アメリカ第一主義」と叫んでいる内に、中国が自由貿易の盟主になっちゃうかもしれないよ。ということなんです。

20170706_art_014.png

しかし、トランプ大統領はつい最近、通商問題の司令塔に、ライトハイザーという日本に対して厳しい態度の人を選びました。

アメリカだけを頼って生き残る時代ではなくなった今、日本も各国との外交を展開し強化していかなければなりません。

また、アメリカだけでなく他の国も自分の国さえ良ければという思いがあるかもしれませんが、歴史でも証明されているように強い国だけが有利な取引を行うと、周りの国が倒れてしまい、結果としてみんな共倒れという状況になりかねません。

ぎくしゃくした状況だからこそ、バラバラになりかけた世界をなんとかまとめるようなメッセージが出ることを期待したいですね。

 

 

2017年7月2日の集合写真です(*^-^*)

20170706_art_015.JPG

左から、国際部小宮智可デスク、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの矢沢心さん、岩田明子解説委員。

 

20170706_art_016.JPG

付け合わせの野菜は美味しかったかな(*'▽')?

 

 

 

※リハーサル時の写真も掲載しています。

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年7月9日のゲストは、初登場!野間口徹さんです。

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:18:21 | カテゴリ:せかいま美術館 | 固定リンク


  
2017年07月01日 (土)

日本の高校生へのメッセージ

 

以前、このブログでもご紹介しました、スイス人の映画監督ヴァンサン・ペレーズさん(53)へのインタビュー。

少し時間が経ってしまいましたが、7月2日(日)の「せかいま」でいよいよ放送します!

ペレーズさんが来日したのが今年の4月。映画公開のタイミングを待って放送したかったため、この時期になりました。

 

番組では、来日に併せて開かれた、高校生たちとの意見交換会の様子もお伝えします。

当日は事前に授業で映画を見た約60人の生徒が集まりました。 

20170701_yoshi_001.png

【都立西高校のみなさんと】

 

映画「ヒトラーへの285枚の葉書」は、1940年のドイツが舞台です。

ナチス政権下でつつましく暮らしていたドイツ人夫婦が、1人息子の戦死をきっかけに戦争に疑問を持ち、ヒトラーを批判するメッセージを書いた葉書を街中のあらゆる場所に置くという物語。

命がけで体制批判した、実在したドイツ人夫婦について書かれた小説を映画化したものです。

 

夫婦がとった行動の意義は何なのか?

監督は映画のシーンを引き合いに出しながら、「1人1人の声は小さいかもしれないが、それこそが未来を変えられる」ことを生徒に伝えます。

高校生たちからは、「今は周りの意見を聞かず、自国の利益ばかりを考える国が増えてきたように思う」などと、映画が描く情景と今の世界を重ね合わせた感想が出ていました。

それだけに、夫婦の行動に勇気をもらったようにも見えました。

 

授業のあと、「日本の高校生の今の世界に対する見識には驚きました」と語ったペレーズさん。

未来を担う日本の高校生に映画のメッセージが伝わったことに少し安堵したようでした。

この“特別授業”の様子、詳しくはぜひ、7月2日の放送をご覧ください!

20170701_yoshi_002.JPG

 

 

これでわかった!世界のいま

NHK総合 日曜午後6:05~ 生放送

出演:芳川隆一 坂下千里子 Mr.シップ

2017年7月2日のゲストは、矢沢心さんです。

投稿者:芳川隆一 | 投稿時間:16:41 | カテゴリ:芳川隆一のよしよし!やったるぜ! | 固定リンク


  
2017年06月30日 (金)

週刊Mr.シップ 第七十九回 「Group of Twenty」

 

G20(ジートゥウェンティー)とか言われてもなぁ…。

 

偉い人たちがいっぱい集まって会合するんだろ?

それで一体何が変わるんだヨーソロー??

 

20170630_4koma_G20.jpg

 

G20次第では、オレ、イケイケになっちゃうってことか?!

ワクワクだな~。

 

 

投稿者:Mr.シップ | 投稿時間:21:46 | カテゴリ:週刊Mr.シップ | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー


RSS

page top