世界遺産ライブラリー



このページを印刷する

イスタンブール歴史地区

  • 国 名 :トルコ
  • 分 類 :文化遺産
  • 登録年 :1985年
  • 遺産名(英語):Historic Areas of Istanbul

ヨーロッパとアジアの接点に位置するトルコのイスタンブールは、政治的、軍事的な拠点として、また、東西文化が交わる拠点として、常に重要な都市でした。ローマ帝国、ビザンツ帝国、オスマン帝国と、3つの帝国の首都として繁栄した歴史が色濃く残る町です。
「シリーズ世界遺産100」では、15世紀にオスマントルコがコンスタンティノポリスを陥落させた戦いと、キリスト教世界からイスラム教世界への変遷の歴史を描きます。4世紀にコンスタンティノポリスと名づけられた都市は、キリスト教を奉じるビザンツ帝国の首都として繁栄しました。三方を海で囲まれたコンスタンティノポリスは、陸側を城壁で囲んだ要塞都市でした。大城壁は1000年もの間一度も破られることはありませんでした。難攻不落をうたわれた都市を攻撃したのは、若きスルタン、メフメット2世に率いられたイスラム教のオスマン帝国でした。オスマン帝国は、「オスマン艦隊の山越え」と呼ばれる奇策によって、ついにコンスタンティノポリスを陥落させたのです。攻防戦から25年後、スルタンは市内を見下ろす丘にトプカプ宮殿を構え、町の名をイスタンブールと変えました。その後オスマン帝国は長く栄華を築きます。その秘訣は、出身民族や身分に関係なく、優秀な人材を積極的に登用したことにありました。