世界遺産ライブラリー



このページを印刷する

ビクトリアの滝

  • 国 名 :ザンビア、ジンバブエ
  • 分 類 :自然遺産
  • 登録年 :1989年
  • 遺産名(英語):Mosi-oa-Tunya / Victoria Falls

アフリカ南部を流れる大河ザンベジ川の中流、ジンバブエとザンビアの国境にビクトリアの滝はあります。南米のイグアス、北米のナイアガラと並んで世界三大瀑布と称される滝は、現地の言葉で「モシ・オア・トゥンヤ(雷鳴とどろく水煙)」と呼ばれています。その名の通り水量が多い雨季には、1分間に5億リットルの水が落下。巨大な水煙が舞い上がって、その姿を覆い隠してしまいます。幅1700メートル、落差110メートルという滝の全貌は、乾季にならないと見ることができません。
「シリーズ世界遺産100」では、ビクトリアの滝が長い年月をかけ下流から上流へと移動してきた事実を紹介します。滝の上流は穏やかな大河ですが、滝を挟んで下流側は一転して、険しい峡谷がジグザグ状に続いています。これは、かつての滝の跡なのです。この一帯は複雑な地殻変動により、固い台地の上に亀裂が走り、そこに柔らかい堆(たい)積岩が埋まっています。そこを川が流れ、滝ができました。川が堆積岩を浸食することによって、滝の位置が徐々に上流へ上流へと移動していったのです。今も、滝の下流には20万年前、最初の滝の跡を見ることができます。現在の滝は8番目の滝ですが、浸食は今も進んでおり、上流には数千年後に次の滝になる割れ目ができています。ビクトリアの滝は壮大な旅を続ける滝なのです。