世界遺産ライブラリー



このページを印刷する

モルドバ地方の教会群

  • 国 名 :ルーマニア
  • 分 類 :文化遺産
  • 登録年 :1993,2010年
  • 遺産名(英語):Church of the Resurrection of Suceviţa Monastery

ルーマニアのモルドバ地方には、かつてモルドバ公国があり、15世紀後半にシュテファン大公の時代に最盛期を迎えました。大公はオスマン・トルコの攻撃に屈することなくキリスト教信仰を守り、多くの宗教建造物を残しました。大公が建設したモルドビツァ教会をはじめ、7つの教会が世界遺産に登録されています。どの教会も外壁がフレスコ画で埋め尽くされており、あざやかな色彩は、周辺の環境に見事に調和しています。
「シリーズ世界遺産100」では、修道院の名前がそのまま村の名前となったボロネツ村を訪ね、村の守護聖人「ゲオルギ」に感謝する春祭や、フレスコ画に囲まれたボロネツ修道院の聖ゲオルギ教会を紹介します。ボロネツ村ではいまでも馬車が使われ、人々は農業と牧畜を中心とした自給自足に近い生活をしています。モルドバの教会を飾るフレスコ画の特徴は、「モルドビアン・ブルー」と呼ばれるあざやかな青色にあります。壁画が描かれて450年、今も鮮やかな青色を保ち続けています。聖ゲオルギ教会にはモルドバの壁画で最高傑作と言われる「最後の審判」があります。西側の壁面全体を使って天国と地獄が描かれています。地獄の場面には火の池に投げ込まれる罪びとたちが、そして天国には信仰を守り、正しい行いをしたモルドバの人々が聖人の手に抱かれています。フレスコ画に囲まれた教会は、いつも暮らしの中心にあり、今に生きる世界遺産なのです。