青天を衝け

登場人物

Cast
相関図
相関図
徳川家康/北大路欣也

栄一の家族

渋沢栄一
主人公

渋沢しぶさわ栄一えいいち吉沢よしざわ りょう

渋沢家・中の家(なかんち)の長男。幼いころから人一倍おしゃべりで剛情っぱり。従兄(いとこ)である惇忠たちの影響を受け、草莽(そうもう)の志士として倒幕を目指すが、計画は失敗。平岡円四郎との出会いから一橋家の家臣となり、命拾いする。
慶喜の家臣となった栄一は、父・市郎右衛門ゆずりの商才を生かし、一橋家の財政改革に邁進(まいしん)。ところが、慶喜が徳川宗家を継ぐことになり、まさかの幕臣となってしまう。さらに、パリ万国博覧会の使節団の一員として渡欧した栄一は、西洋の進んだ文明と経済の仕組みを学ぶ。しかし、日本では徳川幕府が崩壊。帰国した栄一は、静岡で隠棲(いんせい)する慶喜と再会し、そばで支えることを決意。パリで学んだ、民間の資本を集める「合本(がっぽん)」の仕組みを試すため、「商法会所」を設立する。
ところが突然、明治新政府から出仕を命じられて東京へ。なかなか方針の定まらない政府の中で「改正掛(かいせいがかり)」を立ち上げて改革を推し進め、銀行の設立にも奮闘する。三井組と小野組による合本銀行を指揮していた栄一だったが、高所から物を言う己に嫌気が差し、ついに民に下ることを決意した。

渋沢千代
栄一の妻

渋沢しぶさわ千代ちよ橋本はしもと あい

惇忠、長七郎の妹。栄一よりひとつ年下で、喜作も交えた三人は幼なじみとして育つ。控えめで口数は少ないが、心の芯はめっぽう強い。栄一と結婚してからは、多忙な栄一に代わって渋沢家を守り、内助の功を発揮する。

渋沢歌子
栄一の娘

渋沢しぶさわ歌子うたこ小野おの莉奈りな

栄一の長女。誕生直後に栄一が京へ出たため離れて暮らしたが、武士の娘として千代に厳しく育てられる。維新後は家族水入らずの生活が実現、栄一の転身に応じて静岡から東京へ引っ越し、女学校で学ぶ。渋沢邸に招いたグラント前アメリカ大統領の応接では、民間外交の萌芽(ほうが)を体感する。

穂積陳重
歌子の夫

穂積ほづみ陳重のぶしげ田村たむら健太郎けんたろう

イギリス留学から帰国後、明治14年に東京大学法学部の講師に就任し、歌子とお見合い結婚。その後、法学者として日本の民法制定などに貢献する。千代が亡くなってからは歌子と共に、栄一の嫡男・篤二の親代わりとなる。

大内くに
ふみの母

大内おおうちくに/仁村にむら紗和さわ

京都生まれ。夫が戊辰(ぼしん)戦争に出たまま行方知れずとなったため、女中として生計を立てる。大蔵省で働く栄一が大阪造幣局へ出張していたころ、三野村利左衛門が設けた宴席でたまたま女中として働いていた。あることをきっかけに、客であった栄一との交流が生まれる。

栄一の親戚

渋沢喜作
栄一の従兄いとこ

渋沢しぶさわ喜作きさく高良こうら健吾けんご

渋沢一族の一家、「新屋敷」の長男。栄一より2歳上で、幼なじみとして育ち、生涯の相棒となる。直情的だが情に厚く、弁が立つ知性派の栄一とは正反対の性格。幕末の混乱の中で彰義隊を結成するも敗戦。箱館へと渡り、土方歳三らと共に新政府軍と戦うが投獄される。やがて釈放され、栄一と共に政府で働くことになる。

渋沢よし
喜作の妻

渋沢しぶさわよし/成海なるみ璃子りこ

情熱的な喜作にひと目ぼれし、みずからアプローチ。結婚後は、喜作がすっかり尻に敷かれるようになる。栄一と喜作が京へ旅立ってからは、千代のよき相談相手となって、共に夫の留守を支える。

尾高惇忠
栄一の従兄

尾高おだか惇忠じゅんちゅう田辺たなべ誠一せいいち

尾高家の長男。従弟(いとこ)である栄一や喜作に学問や剣術を教える。早くから水戸学に傾倒し、栄一らに大きな影響を与えた。明治維新後は富岡製糸場の初代場長となり、栄一を支える。

尾高きせ
惇忠の妻

尾高おだかきせ/手塚てづか真生まい

惇忠の妻。各地から草莽(そうもう)の志士が訪れるほど、文武に精通した人格者の夫を寡黙に支える。長男の務めがあるため、家を出ることができない惇忠の歯がゆさを、言葉にはしないがひそかに感じている。

尾高ゆう
惇忠の娘

尾高おだかゆう/はた芽育めい

惇忠の長女。惇忠は養蚕のスペシャリストとして官営・富岡製糸場の場長となったが、「外国人に生き血を吸われる」というデマが流れて、工女(こうじょ)が集まらずに苦悩。まだ14歳のゆうに白羽の矢が立てられる。父の思いに心を動かされたゆうは伝習工女第一号となり、働く女性のパイオニアとなる。

明治政府

三条実美
太政大臣

三条さんじょう実美さねとみ金井かない勇太ゆうた

攘夷派の公家。長州藩の尊攘派と手を結び、攘夷祈願のための孝明天皇の行幸計画を主導するが失敗。中川宮らが主導した八月十八日の政変で京都から追放され、長州へと逃れることになる。明治維新後、官位が戻され、明治新政府の議定に岩倉具視(いわくら・ともみ)と共に就任する。

岩倉具視
右大臣

岩倉いわくら具視ともみ山内やまうち圭哉たかや

朝廷改革を志す公家。桜田門外の変で井伊直弼が殺害された後、公武合体を計画する幕府と交渉する立場にあった岩倉は、和宮降嫁を後押しする。しかし尊王攘夷派から佐幕派とみなされ、朝廷からも蟄居(ちっきょ)を命じられるがやがて赦免され復権。維新後は、明治政府の首脳部の一人となる。

大久保利通
参議兼内務卿

大久保おおくぼ利通としみち石丸いしまる幹二かんじ

薩摩藩の実権を握る国父・久光の側近として、公武合体を実現するために上京。裏工作に奔走しつつ、腹の内が読めない慶喜を強く警戒する。やがて、明治新政府では大蔵卿に就任するが、部下となった栄一とは近代化をめぐる路線の違いで対立する。

大隈重信
参議兼大蔵卿

大隈おおくま重信しげのぶ大倉おおくら孝二こうじ

佐賀藩士族。佐賀藩校では騒ぎを起こして退学させられるが、英語を学ぶために長崎へ遊学。維新後、外交交渉ができる能力を必要とされ、新政府に入る。明治2(1869)年には大蔵省で実質上のトップに就任。新政府からの出仕の命をこばむ栄一を、得意の弁舌で口説き落とす。

大隈綾子
大隈重信の妻

大隈おおくま綾子あやこ朝倉あさくらあき

旗本の娘。従兄(いとこ)に小栗忠順(おぐり・ただまさ)がいる。重信とは再婚同士で、短気でせっかちな夫の手綱をしっかり握り、仲むつまじい夫婦として知られる。大隈家には栄一をはじめ、政府関係の来客が絶えなかったが、手厚くもてなした。千代とも交流を深め、グラント前アメリカ大統領の応接では共に活躍する。

伊藤博文
参議兼工部卿

伊藤いとう博文ひろぶみ山崎やまざき育三郎いくさぶろう

長州藩士族。イギリス公使館焼き打ち事件を起こした攘夷派の志士であったが、井上聞多(馨)と共にロンドンに留学してから一転、開国論者になる。維新後は新政府に出仕し、大蔵少輔として栄一の上司に。主に貨幣制度の改革に注力した。やがて初代内閣総理大臣に出世する。

井上馨
参議兼外務卿

井上いのうえ かおる福士ふくし誠治せいじ

長州藩の尊王攘夷派のひとり。伊藤俊輔(博文)らとロンドンに渡り、開国派に転じた。下関戦争で長州が敗戦すると、伊藤と共に英国公使との調停にあたる。維新後は大蔵省に入り、その右腕となったのが栄一。気性の荒い井上と馬が合った栄一とのコンビは「雷親父と避雷針」と呼ばれるほどだった。

井上武子
井上の妻

井上いのうえ武子たけこ愛希まなきれいか

大隈重信の仲介で井上馨と再婚。明治9年、夫と共にイギリスに渡るが、その船上で日本髪をほどき、西洋流の社交術を学んだ。グラント前アメリカ大統領の応接では、千代たち女性のよき先生となって大活躍する。後に外務卿となった夫の鹿鳴館(ろくめいかん)外交を支え、「鹿鳴館の華」と呼ばれるようになる。

井上末子
井上の養女

井上いのうえ末子すえこ駒井こまい れん

井上馨の姪であり養女。14歳のころ、井上夫妻に従ってイギリスで2年間を過ごす。勝ち気な性格で、英語も社交術もお手のもの。グラント前アメリカ大統領の応接では、同年代の歌子も影響を受ける。その美貌と博学ぶりから、やがて社交界の華となる。

商人・実業家

三野村利左衛門
三井組 番頭

三野村みのむら利左衛門りざえもん/イッセー尾形おがた

小栗忠順(おぐり・ただまさ)の家の奉公人から始まり、両替商として頭角を現して、三井組の番頭へと出世。三井組は単独銀行の設立を目指していたが、大蔵省で合本銀行の設立を目指す栄一の強い要望に折れ、第一国立銀行の共同株主となる。栄一と対立してもふらっと渋沢家にやってくる、神出鬼没で食えない商人。

益田 孝
三井物産 社長

益田ますだ たかし安井やすい順平じゅんぺい

井上馨の誘いで大蔵省へ入るが、井上や栄一と共に下野。井上が設立した貿易会社「先収会社」の副社長に就任、後に「三井物産」の社長となる。栄一が創立した東京商法会議所では副会頭となり、商業の地位向上に貢献。三菱の海運独占に対抗するため、栄一と共に東京風帆船(ふうはんせん)会社を立ち上げる。

益田栄子
益田の妻

益田ますだ栄子えいこ呉城くれしろ久美くみ

元幕臣の娘。1868年、激動の明治維新の頃に、益田孝と結婚。夫は栄一と同じく実業家の道を歩み、栄一の妻・千代や喜作の妻・よしとは顔なじみ。グラント前アメリカ大統領の応接では、千代たちと共に初めての社交場に出て奮闘する。

岩崎弥太郎
三菱商会 創立者

岩崎いわさき弥太郎やたろう中村なかむら芝翫しかん

土佐藩出身。維新後、土佐藩より藩船(はんせん)を借り受け、大阪で九十九(つくも)商会を設立。やがて三菱商会へと発展していく。人脈とサービス精神を駆使した戦略、大隈重信の後ろ盾もあり、日本の海運業を独占。合本主義を唱える栄一とは、互いに惹(ひ)かれ合うも理念が合わずに決裂、真っ向から対立する。

岩崎弥之助
弥太郎の弟

岩崎いわさき弥之助やのすけ忍成おしなり修吾しゅうご

アメリカ留学の後、三菱商会に入社。敬愛する16歳上の兄・弥太郎の腹心として事業を助ける。栄一が率いる共同運輸会社との海運の覇権をかけた壮絶な争いを繰り広げるさなか、弥太郎が急死。悲しみに暮れる暇なく、三菱商会の二代目社長に就任する。苦渋の決断の末、共同運輸会社との合併によって、これまでの争いに終止符を打つ。

五代友厚
実業家

五代ごだい友厚ともあつ/ディーン・フジオカ

薩英戦争で捕虜となるも釈放される。長年の長崎遊学から世界情勢に通じており、貿易による富国強兵を唱えて渡英。留学中にパリ万国博覧会の情報をいち早く得て、薩摩藩としての参加を実現し、幕府の威信を落とす。このとき、幕府側の一員として参加していたのが栄一だった。後に「西の五代、東の渋沢」と称される実業家となる。

小野善右衛門
小野組 番頭

小野おの善右衛門ぜんえもん小倉おぐら久寛ひさひろ

京都の豪商・小野善助(おの・ぜんすけ)の奉公人を経て、小野組の代々の番頭名である小野善右衛門を襲名した。維新後は政府の資金調達に協力し、栄一が設立した第一国立銀行の株主として、三井組と共に名を連ねる。しかし、手広く展開しすぎた経営がたたり、破綻の危機に見舞われる。

大倉喜八郎
実業家

大倉おおくら喜八郎きはちろう岡部おかべたかし

明治維新後、アメリカや欧州への渡航経験を活(い)かし、大倉組商会を設立して海外貿易に乗り出す。栄一と共にふたりで発起人となり、東京商法会議所を設立。ほかにも、電力やガス、ホテル、劇場などの事業を栄一と共に立ち上げる。栄一とは終生、深い交友を結んだ。

大倉徳子
大倉の妻

大倉おおくら徳子とくこ菅野かんの莉央りお

20歳年の離れた大倉喜八郎の妻。当時では珍しい乗馬の趣味を持つ天真爛漫(らんまん)さを大倉が見初めたという。グラント前アメリカ大統領の応接では、持ち前の気丈さで、千代たちと共に心尽くしの接待をこなす。

佐々木勇之助
第一国立銀行 行員

佐々木ささき勇之助ゆうのすけ長村おさむら航希こうき

幕府海軍所で数学を学び、維新後に小野組に勤務。第一国立銀行が創業すると、小野組から移籍してその勘定方となる。お雇い外国人のアラン・シャンドから簿記を学んだ。勤勉な仕事ぶりが栄一に認められ、やがて二代目の頭取となる。

静岡

徳川慶喜
第15代将軍

徳川とくがわ慶喜よしのぶ草彅くさなぎ つよし

徳川斉昭の七男に生まれ、一橋家を継ぎ、江戸幕府最後の将軍へ。側近・平岡円四郎の目利きで渋沢栄一と出会い、財政改革に手腕を発揮した栄一を重用する。幕府終焉(しゅうえん)の時を迎えてからも、慶喜と栄一の厚い信頼関係は終生に及んだ。

徳川美賀子
慶喜の妻

徳川とくがわ美賀子みかこ川栄かわえい李奈りな

病にかかった慶喜の婚約者の代わりとして正室になる。一橋家の未亡人である徳信院と慶喜の恋仲を疑い、自殺未遂の騒動を起こした。つかず離れずの夫婦であるが、やがて慶喜のよき理解者となる。

置き屋

平岡やす
円四郎の妻

平岡ひらおかやす/木村きむら佳乃よしの

吉原の売れっ子芸者であったが、放蕩(ほうとう)無頼の生活を送っていた武士・平岡円四郎に見初められてその妻となる。慶喜の側近となった円四郎が暗殺されたことで、突然の別れが訪れた。芸者たちに三味線を教えながら第二の人生を歩む。

伊藤兼子
芸者見習い

伊藤いとう兼子かねこ大島おおしま優子ゆうこ

「伊勢八」の名で知られた豪商・伊藤八兵衛の娘。明治維新後、家業が大損失を出して没落してしまう。路頭に迷う妹たちを女手ひとつで養うため、芸者として身を立てることを決意。門をたたいた置き屋で、三味線の師匠として出入りしていたやすと出会う。