2016年11月22日 (火)いい夫婦の日 現代結婚事情


※2016年11月22日にNHK NEWS UPに掲載されました。

11月22日は、語呂合わせで「いい夫婦の日」です。この日に合わせて、全国各地で夫婦円満にまつわるイベントが開かれますが、結婚にまつわるデータやアンケートを見てみると、かつて主流だった「お見合い」は大幅に減り、若い夫婦の間でインターネットやSNSを通じて出会い、結婚するケースが増えるなど、時代の移り変わりに伴って変化する結婚の姿が見えてきました。

161122.jpg

婚姻組数は過去最低
厚生労働省の人口動態調査によると、平成27年の婚姻件数は63万5156組と過去最低でした。第1次ベビーブーム世代が25歳前後の年齢を迎えた昭和45年から昭和49年にかけて、年間100万組を超えていたので、半分近くに落ち込んでいることになります。

夫婦になるのは元“体育の日”
明治安田生命は「いい夫婦の日」にちなんで夫婦をテーマにしたアンケート調査を毎年行っています。今回は、インターネットを通じて20代から70代までの結婚している男女、合わせておよそ1600人を調査しました。

161122.2.jpgまず夫婦となるための婚姻届を出した日、いわゆる入籍日。70代では「結婚式の日に合わせて」と答える人が44・2%と最も多くなっていました。しかし、その割合は、40代では14・2%、20代では5・9%と、年代が若くなるにつれて少なくなっていきます。

一方、若い夫婦の入籍日で多いのが「ふたりの記念日」です。20代では24・3%と最も多く、30代で11・7%でした。例えば、つきあい始めた日、初めてデートをした日、など、他の人が知らない“ふたりだけの記念日”が若い世代に人気でした。

入籍日をこだわるケースで最も多かったのは「10月10日」、「7月7日」、そしていい夫婦の日の「11月22日」と続きました。
「10月10日」は、平成12年に祝日の一部を特定週の月曜日に移動させる「ハッピーマンデー」の制度が導入されるまで、東京オリンピックの開会式を記念して、昭和41年から「体育の日」として国民の祝日でした。
明治安田生命の担当者は、「10月10日は気候もよい日が多く結婚式の日として大変人気がありました。ぞろ目で“忘れにくい”ことも人気を後押ししたのではないか」と分析していました。

“SNS結婚”時代到来?
“出会い”にも時代が表れていました。夫婦が出会ったきっかけですべての年代で最も多かったのが、「職場の同僚、先輩、後輩」(30.8%)でした。
しかし、年代別に詳しく見てみますと、やはり特徴があります。
70代ではおよそ3人に1人が「お見合い」(31・6%)がきっかけ。これも年代が若くなるにつれて減り、30代では1・1%。20代では0.4%と、ほとんどないのが現状です。

一方、20代の8・5%、30代の8・7%が「インターネット・SNS」を通じて出会ったと答えました。
若い世代では出会いのきっかけとしてよく聞かれる“お食事会”、こと「合コンやパーティーイベント」ですが、これをきっかけに結婚したというのは20代でわずか4・4%。デジタルネイティブが多い20代にとっては直接異性と対面する“合コン”よりも、“インターネット・SNS”の方が、調査では身近な出会いのきっかけとなっていました。こうした“SNS”婚は、今後、さらに増えていくのかもしれません。

気になるデータも・・・・
今回、ちょっと気になるデータもありました。夫婦関係が「円満である」または「まあ円満である」と答えた人は76・3%。およそ8割です。ところが「生まれ変わっても同じ相手と結婚したいか」について尋ねると、「必ず結婚する」または「たぶん結婚する」と答えた人は44・4%にとどまっていました。この数字、男女差もあります。
男性は52.2%が「必ず結婚する」または「たぶん結婚する」と答えた一方、女性は36・7%。
相手を「運命の人」と思っている割合は男性に比べて女性が低い結果となっていたんです。

161122.3.jpg

夫婦円満のために“お疲れさま”と“ありがとう”
そこで・・末永い夫婦円満のために今回の調査では、相手から言われてうれしいひと言も尋ねていました。

男性が女性よりも「言われたい」と答えたのは“お疲れ様!”、“愛している”、“幸せです!”、“大好き!”などでした。
夫は妻に「ねぎらい」や「愛情」を感じる言葉を求める傾向があったんです。
一方、女性は、“ありがとう!”“よくやってくれて助かる!”、“料理がおいしい!”などで、夫に「感謝の言葉」を求める傾向がありました。

言葉を交わさなくても意思の疎通がはかれる“あうんの呼吸”も大切ですが、22日のいい夫婦の日には、夫婦円満であるために夫には「ねぎらいや愛情」の言葉、そして、妻には「感謝」の言葉を伝えてみるのもありなのかもしれません。

投稿者:清有美子 | 投稿時間:14時42分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲