その他

  

2019年10月09日 (水)"自画撮り"性被害 取り返しがつかなくなる前に


※2019年7月4日にNHK News Up に掲載されました。

わたしは今まで、自分には悪いことは起きないと思っていた。

でも現実は違った。

過去に戻ることができれば、自分に言いたい。

『取り返しのつかないことになるよ』って。

夏休みを前に、親子で考えてほしいことがあります。

ネットワーク報道部記者 田辺幹夫・野田綾・玉木香代子

jidori.190704.1.jpg

 

【続きを読む】

投稿者:田辺幹夫 | 投稿時間:10時47分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年10月08日 (火)東京に住んではダメなの? ハザードマップの意味とは


※2019年7月2日にNHK News Up に掲載されました。

「ここにいてはダメです」。こう書かれた東京 江戸川区のハザードマップが大きな反響を呼んでいます。この意味を取材すると、危機感の背景に「人口の集中」があることがわかってきました。記者の頭には、こんな考えもよぎりました。「もしかして、東京は“住んではダメ”な場所なのでは?」

社会部記者 森野周
ネットワーク報道部記者 國仲真一郎

tokyo.190702.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:國仲真一郎 | 投稿時間:14時39分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年10月08日 (火)トイレの片隅からテロ対策を考える


※2019年7月1日にNHK News Up に掲載されました。

世界の指導者が集まったG20大阪サミット。貿易や環境問題などが話し合われた一方で、ネット上で疑問の声があがったのが女性用のトイレの片隅にあるサニタリーボックスの扱い。テロ対策として封鎖・撤去されたのです。1年後の東京オリンピックではどうなるのか?テロ対策の在り方、考えました。

ネットワーク報道部記者 大石理恵・藤目琴実

toire.190701.1.jpg

 

【続きを読む】

投稿者:大石理恵 | 投稿時間:10時43分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年10月07日 (月)卵子と精子、元気でいるために


※2019年6月28日にNHK News Up に掲載されました。

卵子が老化する、精子の数が減っている…。生殖医療では、現代の人たちが抱える悩みを解決しようと、さまざまな研究が進められています。卵子や精子が元気でいるためにどんな研究が始まっているのか、その発表を見に行ってみました。ストレス社会やインターネット社会、それがどう影響するのか、そんな研究もありました。

ネットワーク報道部記者 牧本真由美

rannshi190628.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:牧本 真由美 | 投稿時間:17時45分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年10月02日 (水)飼育員は「いやされません!」


※2019年6月25日にNHK News Up に掲載されました。

光に照らされながら漂う水族館のクラゲ。優雅で神秘的な姿に、癒やされる方も多いのではないでしょうか。なのに飼育の担当者から、「いやされません!」という声が。どういうことなのでしょうか。

ネットワーク報道部記者 伊賀亮人・ 和田麻子

shiiku.190625.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:伊賀亮人 | 投稿時間:17時23分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年09月30日 (月)「私ってめんどくさいですよね」


※2019年6月25日にNHK News Up に掲載されました。

「私ってめんどくさいですよね、こんなふうに考えて」

彼女はルーツについて話しをしているとき、こう漏らしました。日本と韓国の2つのルーツを持つ彼女。幼いころからことあるごとに、みずからのルーツについて考えることを余儀なくされ、傷つくことも少なくありませんでした。そうしたことは毎日のようにあるので、いつの間にか慣れてしまいました。でも、家族や親友、それに好きな人の、ふと口にしたことばが彼女の心をぎゅっと締めつけるのでした。だから自分自身のことを「めんどくさい」と考えるようになったのかもしれません。

ネットワーク報道部記者  木下隆児

watashi.190625.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:木下隆児 | 投稿時間:17時19分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年09月27日 (金)これ以上、わたし頑張れません


※2019年6月24日にNHK News Up に掲載されました。

「これ以上、わたし頑張れませんーー」

ことばにつまりながらそう話したのは、就職氷河期に大学を卒業して以来、「非正規公務員」として働き続ける女性です。

「突然、給与が減らされる」「この先、働き続けられるか分からない」「抜け出したいけど抜け出せない」
取材班に寄せられた非正規公務員の声です。

「非正規公務員」取材班・ネットワーク報道部記者 國仲真一郎 ・水戸放送局記者 齋藤怜)

kore.190624.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:國仲真一郎 | 投稿時間:15時35分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年09月24日 (火)もはや多数派?"電話が怖い"人たち


※2019年6月21日にNHK News Up に掲載されました。

最近、「電話が怖い」という若い人の声をよく耳にします。日常的に電話を使ってきた世代にとっては「え、なんで?」と思ってしまうようなこの現象。苦手意識が広がる背景を取材しました。

ネットワーク報道部記者 大石理恵・ 藤目琴実・ 鮎合真介

mohaya190621.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大石理恵 | 投稿時間:17時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年09月19日 (木)その防水スプレー、ちょっと待って!


※2019年6月20日にNHK News Up に掲載されました。

翌日の山登りを楽しみにしていた男性は、風呂場で倒れて亡くなっていたそうです。原因が梅雨の今、利用することも多い防水スプレーだったとしたら。正しい使い方、知ってください。

ネットワーク報道部記者 伊賀亮人・ 木下隆児

sono19620.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:伊賀亮人 | 投稿時間:16時55分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年09月17日 (火)"魔のブロック塀" あなたの近くにも


※2019年6月18日にNHK News Up に掲載されました。

「ブロック塀が倒れて亡くなった子がいたんだった」
ちょうど1年前、大阪の通学路で起きたことを覚えていますか?小学4年生の女の子の命を奪ったのは、地震で倒れたブロック塀でした。老朽化や強度不足で倒壊の危険性がある“魔のブロック塀”。実は全国のどこに、どれだけあるのか、正確な実態は誰も知りません。身近に潜む危険からどうやって自分や大切な家族を守りますか?

ネットワーク報道部記者  松井晋太郎・ 鮎合真介
社会部記者  藤島新也
仙台局記者  バルテンシュタイン永岡海

mano190618.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:松井晋太郎 | 投稿時間:15時58分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲