2018年12月27日 (木)美肌ってなんだろう?


※2018年11月14日にNHK News Up に掲載されました。

12日に大手化粧品メーカーが発表した「美肌県グランプリ」。島根県が3年ぶりに首位を奪還した一方で、3年連続ワーストという県もありました。でも、美肌ってどうやって決まるの?島根県の人は特別な化粧品を使っているの?そもそも美肌じゃなくちゃいけないの?疑問を感じて調べてみました。

ネットワーク報道部記者 宮脇麻樹・田隈佑紀
松江放送局キャスター 高野祐美

bih181114.3.jpg

 

<美肌県グランプリ>
女性の肌の美しさを競う「美肌県グランプリ」は、東京の大手化粧品メーカー、「ポーラ」が2012年から全国の店舗で肌のチェックを受けた女性客のデータを都道府県別に集計し、語呂合わせで「いい皮膚の日」の11月12日にあわせて発表しています。
今回もことし8月末までの1年間に、延べ56万4000人余りを対象に、「肌がうるおっている」「ニキビができにくい」「毛穴が目立たない」など、8つの項目について分析しました。結果は以下のとおりです。
bih181114.1.jpg島根県が3年ぶりに1位になった一方、群馬県は3年連続で47位でした。


<なぜランキングに?>
そもそもどうしてこんなランキングを発表しているのでしょうか?ポーラ宣伝部の勝田彩さんに話を聞きました。
「ランキングを発表して、さらし者にしようということではありません(笑)。南北に長い日本列島に住む日本人の肌は、住んでいる地域の気象環境や生活習慣によって受ける影響が違います。美しくなるためには、まず自分の肌が置かれている環境を知ることが大事だと感じ、グランプリをはじめたんです」


<美肌の7大要因>
ランキングは、女性の肌データの結果のみをもとに決めていますが、美肌を決める背景として重要なのが、以下の7大要因だといいます。
bih181114.2.jpg例えば1位の島根県。以前、4年連続で1位だったこともある「美肌県」上位の常連です。今回も総合的な「美肌偏差値」でも78.64と、2位の秋田県に10ポイント以上の差をつけています。特に目立つのが「肌がうるおっている」部門の偏差値がなんと86.59だったことです。その背景には、他の地域と比べて美肌を保ちやすい気象条件もあるそうです。
bih181114.3.jpgまた、調べてみると上位に共通する条件がありました。2位の秋田県、3位の石川県、4位の富山県はいずれも日本海側に位置する県です。日本海側で「日照時間」が短く肌の状態に影響を与える紫外線の量が少ないことが関係しているということです。


<美肌県ナンバー1 島根県>
美肌県1位の島根県。実は、今回の首位奪還の理由は「気象条件というより、県全体で頑張っているからです」とのこと。
bih181114.4.jpg玉造温泉
美肌スポットとして知られる松江市の玉造温泉で取材しました。玉造温泉は奈良時代に編さんされた出雲国風土記にも肌によいとの記述があることで知られ観光客だけでなく地元の住民も大勢訪れます。
bih181114.5.jpgこの温泉には地元の観光協会と一緒になって地域の美肌を支える企業がありました。店内には温泉の成分がたっぷり入った化粧品が並んでいます。温泉水のせっけんや温泉水ローション、中でも一番人気は石けん。最近は男性の中にもひげそりのシェービング代わりにこの石けんを買い求める人がいるそうです。
bih181114.6.jpg地元企業の販売員
「1位ということでうれしく思います。1人でも多くの方に島根県は美肌県で1位だよと美肌推しで推していければなと」
「美肌県1位」を観光にもつなげようと地元の観光協会は、島根県におよそ60か所ある泉質別の温泉すべてを紹介したパンフレットを発行しています。島根県観光連盟は、「日本海側の曇りや雨が多いという特徴も『美肌』という観点から見れば一気にプラスのイメージになる。『縁結び』に加えて『美肌』も女性に広くPRしていきたい」と期待を寄せています。


<最下位の群馬県は>
一方、3年連続最下位になった群馬県。部門別でみても「シワができにくい」47位、「肌がうるおっている」45位など軒並み低い結果となりました。
ポーラの勝田さんによると、最大の原因は「からっ風」。群馬県の冬の名物とも言われる山から吹き下ろす冷たく乾燥した風が、肌のうるおいを作る機能を低下させる大敵なんだとか。
bih181114.7.jpgまた、標高が高くて日照時間が長く、紫外線の影響も受けやすいという、何とも不利な気象条件なのだそうです。
ネット上でも、群馬県民と見られる人からの嘆きの声もみられました。
bih181114.8.jpg

<美肌は健康にもプラス>
美肌というと美容のイメージが強いと思っていましたが、取材を進めると健康の維持にもつながると感じました。たとえば、バランスのよい食事や十分な睡眠、それにたばこを吸わないこと、日常のストレスを減らすことも美肌には大事だということです。
ポーラの勝田さんは、「高いサプリや高い化粧品を使ってくださいということではありません。ランキングを見て、バランスのよい食事やストレスを減らす生活など、内側からのケアにつなげてほしい」と話しています。

投稿者:宮脇 麻樹 | 投稿時間:15時06分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲