2012年06月13日 (水)補聴器利用者のファッションショー


補聴器をつけて生活している人たちが出演するファッションショーが、6日、東京都内で開かれました。補聴器への抵抗感をなくしファッションとしても楽しんでもらおう、というものです。

20120613_1.jpg

このファッションショーには、20代から80代までの11人が参加。

このうち、埼玉県の男性は、所属するラグビーチームのユニフォーム姿で登場しました。補聴器をつけることで、練習後、チームメイトと内容を振り返りながら会話を楽しんでいるそうです。

20120613_2.jpgまた、補聴器にカラフルな色やデザインされた模様をつけ、ファッションとして楽しんでいる女性も登場。

20120613_3.jpg2年前から補聴器をつけているこの女性は、「つけ始めたときは恥ずかしくて髪の毛で隠していた。これからは眼鏡と同様にどんどん普及して若い人ももっと楽しくつけられるようになってほしい」と話していました。

20120613_4.jpg主催した団体によると、聴力が低下している人のうち、補聴器を利用している人は2割以下で、ショーを通じて補聴器への理解を広げていきたいとしています。

投稿者:米原達生 | 投稿時間:06時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲