健康

  

2015年09月16日 (水)風疹による障害で7人死亡


平成24年から25年にかけて、妊娠中に母親が風疹に感染したことが原因で、心臓などに障害をおった赤ちゃん45人のうち、少なくとも7人が生後5か月までに死亡したことが国立感染症研究所などの調査で分かりました。専門家は「ワクチン接種を徹底し、風疹をなくすことが重要だ」と指摘しています。
fuushin20150916_1.jpg

【続きを読む】

投稿者:松岡康子 | 投稿時間:15時04分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2015年08月06日 (木)難聴の映画監督 自転車で日本縦断


名古屋市に住む聴覚障害者で映画監督の女性が、自転車で日本列島を縦断しながら映画を製作することになり、スタート地点となる沖縄を出発しました。
旅先で出会う人々との触れ合いを描く映画で何を伝えようとしているのでしょうか。
ayako20150806_0.jpg

【続きを読む】

投稿者:松岡康子 | 投稿時間:12時02分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2015年07月28日 (火)キャリア形成に役立てて 女性の体調変化を知る


女性特有の体の変化などを知り、健康で働き続けることができるよう企業が社員の啓発を行う動きが広がっています。

東京のIT企業は女性の平均年齢はまだ30歳手前です。しかし若い女性社員たちに早いうちから妊娠・出産だけでなく更年期の症状などについても知ってもらい、将来のキャリア形成に役立ててもらおうという研修会が7月、開かれました。

syber0727-1.jpg

【続きを読む】

投稿者:山本未果 | 投稿時間:15時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2015年07月24日 (金)「抱え上げない」介護が新常識に


介護現場で深刻な問題となっているのが介護する人の『腰痛』です。介護職員が辞める理由としても腰痛が挙げられるなど、人材不足の要因の1つにもなっています。そうした中、今、介護の現場で腰痛を防ぐ新たな手法がじわりと浸透してきています。キーワードは「抱え上げない」介護です。
 

nolift201506-1.jpg

 

【続きを読む】

投稿者:山本未果 | 投稿時間:06時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2015年07月01日 (水)組み体操の事故多発で安全対策は


多くの学校の運動会や体育大会で行われている「組み体操」。子どもたちが何段にも積み上がる「ピラミッド」や「タワー」は、運動会の見せ場として披露されています。 組み体操は、ここ数年、規模が大きくなる傾向がありますが、子どもたちの事故が相次いで報告されています。相次ぐ事故と対応の現状について解説します。
0605_08_7dan.jpg
 

【続きを読む】

投稿者:松岡康子 | 投稿時間:17時14分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2015年06月10日 (水)子どもが飲みやすい形の薬を研究開始


病院で処方される薬のうち、子ども向けに作られたものが少ないことが長年問題となっています。そこで東京の国立成育医療研究センターでは子どもにとって飲みやすい形の薬の開発を促進する新たな研究施設を設置し、研究を始めました。
kusuri2015-1.jpg

 

 

 

【続きを読む】

投稿者:山本未果 | 投稿時間:08時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2015年06月05日 (金)水ぼうそう定期接種化で子どもの患者が減少


去年10月から法律に基づいて自治体が行う定期接種となった水ぼうそうのワクチンについて、その効果で重症患者も含めた子どもの患者が大きく減少していることが、国立感染症研究所の最新のまとめで分かりました。

mizubousou2015-1.jpg
 

【続きを読む】

投稿者:山本未果 | 投稿時間:08時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2015年06月04日 (木)「遅延型」食物アレルギー検査に注意


「慢性疲労などの原因となる食物アレルギーが診断できる」として一部の医療機関で行われている高額の血液検査について、日本アレルギー学会は「科学的に根拠がなく、健康被害を招くおそれがある不適切な診断が行われている」として注意を呼びかけました。

igg2015-2.jpg
 

 

 

【続きを読む】

投稿者:山本未果 | 投稿時間:08時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2015年06月03日 (水)子どもの事故対策に「曲がる歯ブラシ」


乳幼児が歯磨き中に歯ブラシで口の中をけがして救急車で病院に運ばれる件数は東京都内だけで毎年40件。
繰り返される事故を防ごうと「曲がる歯ブラシ」が開発中です。
事故を防ぐポイントとともにお伝えします。

magahabu1-2.jpg

【続きを読む】

投稿者:三瓶佑樹 | 投稿時間:08時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2015年05月12日 (火)AEDが救った命 その時何が 瞬間の映像から


フットサルの試合中、胸にボールが当たった数秒後、選手が突然倒れました。心臓が止まってしまったのです。
救命率は1分で10%ずつ低下します。平均8分以上かかる救急車の到着を待っていては間に合いませんが、居合わせた人たちの行動で選手は命を救われました。
何が決め手となったのか、救助された選手と救助に当たった人が語りました。


futtosaru5.jpg

【続きを読む】

投稿者:三瓶佑樹 | 投稿時間:08時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲