2013年01月04日 (金)マンションで自分の表札 出しますか?


玄関に表札を出していない部屋が、全体の半数程度か、それ以上あるというマンションが40%近くに上っているという調査結果がまとまりました。背景には、犯罪に巻き込まれることへの心配がありました。

20130104_1.jpg

マンションの管理組合などでつくる研究会は、今年7月から10月にかけて、全国のおよそ600のマンションについて調べました。すると、玄関に表札を出していない部屋が「半数程度」というマンションが13%、「3分の2程度」が9%、「ほとんど出していない」が15%で、「表札を出していない部屋が半数程度かそれ以上ある」というマンションは、全体の40%近くもあったのです。なぜ表札を出していないのか。その理由を聞いたところ、「犯罪などに利用されるのが不安」が35%と最も多くなっていました。次いで「周りの人が出していない」が19%、続いて「面倒でなんとなく」が18%などとなっていました。

20130104_2.jpg表札を出していないマンションの居住者は、「顔も分からない居住者もいます。隣近所にどういう人がいるか知らないと怖いというきもちはあります」と、話していました。また、同じように、郵便受けについても名前を表示していない部屋が半数程度か、それ以上あるというマンションが30%以上ありました。そして、理由のトップはやはり「犯罪への不安」でした。

20130104_3.jpgマンションのオーナーは、「私が表札を作ってはっても、またそれを撤去され、その繰り返しであきらめざるをえません」と、話していました。
一方、表札を出していないことで「荷物や郵便の誤配が多い」、「誰が住んでいるのか分からず不安」、「届け物や挨拶に行きづらい」といった課題があることもわかりました。
20130104_4.jpg犯罪への不安のあまり表札を出さないことは、別の不安を生むことになると、専門家は指摘しています。マンション管理士の廣田信子さんは、「防災で近隣の助け合いをしようと思っても名前が分からず住んでいるかどうかも分からないようだと、助け合いの体制が作れないというのがあります。また、表札を出さないことで何か事情があるのではないか、周りと付き合いたくないのではないかと、コミュニティに不安を与えている状況があると思います」と、話していました。

20130104_5.jpg表札を出すことは強制できないので難しい問題だと思いますが、廣田さんは、マンションの住民同士が交流する機会を作っていけば表札を出しやすくなるし、表札を出すことでコミュニティも気付きやすくなると指摘していました。表札を出すことに抵抗があるならば、ローマ字表記にするなど、何らかのメッセージを出すだけでも、ご近所意識が芽生えるそうです。

投稿者:天間暁子 | 投稿時間:06時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

いわゆる「珍名」なので、うちは出さないことにしています。
両親と住んでいた際は掲示していましたが、苗字を通りすがりに
見た人が「あの地域に日本人じゃないのが住んでる」など
勝手に言いふらしたりして、大変迷惑を受けたこともあります。
(日本人なのですが)

一人暮らしを始めた時から、そういうことを踏まえて
一切掲示しないようにしています。
集合住宅なので、余計に嫌がらせのリスクが高いからです。
それでも、配達の人が宛名を見て「変なお名前ですね」など
言われることもあります。それだけもイライラします。

そういう事例があることも知って欲しいです。

投稿日時:2013年01月04日 11時24分 | 匿名

コメントの投稿

ページの一番上へ▲