2017年11月21日

2017年11月21日 (火)シリーズ東京五輪今昔物語「鍵っ子」言葉は消えても


※2017年11月2日に
スペシャルコンテンツ「ぜんぶわかる東京オリ・パラ」
に掲載されました。

「おかあさんへの願いは会社から早くかえってきてほしいことです」
「あまりおそいと、おなかがすくしさみしいからです」
50年前、教育雑誌に紹介された作文のテーマは「鍵っ子の願い」

前回の東京オリンピックの頃、働く女性が増えて「鍵っ子」という言葉が生まれ、社会問題とも言われました。かつての鍵っ子と今の鍵っ子、会いに行くと時代の中で変わったもの、そしていつの時代でも変わらないものがありました。

kag171102.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:飯田耕太 | 投稿時間:16時03分 | カテゴリ:子ども・子育て | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲