2017年10月30日

2017年10月30日 (月)"タワマン"で児童急増 受け皿どう作る?


※2017年10月13日にNHK News Up に掲載されました。

いま、東京や大阪の都心では、働く場所に近く利便性が高いとして住宅地としての人気が高まり、湾岸エリアを中心に大規模なマンション建設が相次いでいます。子育て世代を中心に都心に人口が流入した結果、児童が急増し、小学校の教室が不足したり、放課後の居場所の確保が難しくなったりするなどの影響が出ています。想定を超える児童の急増に自治体はどのように対応しているのか、取材しました。

ネットワーク報道部記者 飯田暁子

ta171013.1.jpg

 

【続きを読む】

投稿者:飯田 暁子 | 投稿時間:16時21分 | カテゴリ:子ども・子育て | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲