2014年9月24日

2014年09月24日 (水)障害者に"65歳の壁" 実態明らかに


障害のある人が65歳になると、障害福祉から介護保険のサービスに変わることで、サービスが減ったり負担額が増えたりするケースが各地で相次いでいる実態が、障害者団体の調査で明らかになりました。
「65歳の壁」とも言えるこの問題。
必要なサービスが受けられなくなってしまう突然の変化が、障害者を苦しめています。
現場を取材しました。

65wall-1.jpg

【続きを読む】

投稿者:三瓶佑樹 | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ:高齢者 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲