子ども・子育て

  

2017年12月18日 (月)議場に子連れ 広がる議論


※2017年12月4日にNHK News Up に掲載されました。

先月22日、熊本市議会に赤ちゃんを連れて出席しようとして、退席を求められた女性議員。1週間後、市議会は、事前の通告がなく議会の開会が40分遅れたなどとして厳重注意の処分を決定しました。一方、ネットでは今もさまざまな意見が投稿され、議論が広がっています。

熊本局・政治部・ネットワーク報道部

gij171204.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:らいふちゃん | 投稿時間:16時50分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年12月07日 (木)電車の中、母親はなぜ座らないのか


※2017年11月24日にNHK News Up に掲載されました。

電車の中。席に座っていると赤ちゃんを抱いてあやしている母親が目の前に。「あ、あのよかったら座りますか?」。親切心から声をかけました。しかし答えは…「NO」。
「い、いえ、大丈夫です。立っていますから」。こうした報告がネット上に飛び交っています。なぜ、母は座らないのか。
研究者もなぞを探るため実験に乗り出しました。

ネットワーク報道部記者 高橋大地・大窪奈緒子

den171124.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:高橋大地 | 投稿時間:15時53分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年12月05日 (火)議場に子連れはあり?なし?


※2017年11月22日にNHK News Up に掲載されました。

熊本市の市議会に、生後7か月の子どもを連れた女性議員が出席しようとしたところ、ほかの議員から退席を求める声があがりました。対応を協議した結果、女性議員は友人に子どもを預けて出席することになり、本会議は40分遅れて開会しました。議員は子連れでは議会に参加できないの?そもそも議場に小さな子どもは入れないの?海外ではどうなっているの?議場についての論争を取材しました。

gij171122.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:宮脇 麻樹 | 投稿時間:12時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年11月29日 (水) 母を悩ます"3歳児神話"


※2017年11月13日にNHK News Up に掲載されました。

「かわいそうに、こんな小さい時から保育園に預けて」 働くお母さんがよく言われる言葉です。その背景にあるのは“3歳児神話”。『3歳までは母親が家庭で子育てをした方がよい』という説で、広く言われ続けています。私も泣く子どもを保育園に残して職場に向かう時、これでいいのかと心が痛くなる時があります。そこで調べてみると神話につながるある報告書と、それを検証するいくつもの研究があることがわかりました。3歳児神話にどう向き合えばいいのか、考えてみます。

ネットワーク報道部記者 大窪奈緒子

hah171113.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大窪奈緒子 | 投稿時間:15時48分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年11月27日 (月)進化中!今どきの「七五三」事情


※2017年11月10日にNHK News Up に掲載されました。

子どもの健やかな成長を願う「七五三」。晴れ着を着たかわいい姿を見かけることも多くなりました。
七五三というと、家族そろって神社にお参り。ちとせあめをもらって、写真館でパチリ。そんな一日が定番でしたが、今では様子が変わってきています。

ネットワーク報道部記者 野町かずみ・飯田暁子

sin171110.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:野町かずみ | 投稿時間:16時38分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年11月21日 (火)シリーズ東京五輪今昔物語「鍵っ子」言葉は消えても


※2017年11月2日に
スペシャルコンテンツ「ぜんぶわかる東京オリ・パラ」
に掲載されました。

「おかあさんへの願いは会社から早くかえってきてほしいことです」
「あまりおそいと、おなかがすくしさみしいからです」
50年前、教育雑誌に紹介された作文のテーマは「鍵っ子の願い」

前回の東京オリンピックの頃、働く女性が増えて「鍵っ子」という言葉が生まれ、社会問題とも言われました。かつての鍵っ子と今の鍵っ子、会いに行くと時代の中で変わったもの、そしていつの時代でも変わらないものがありました。

kag171102.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:飯田耕太 | 投稿時間:16時03分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年11月20日 (月)絵本で防ぐ気道異物事故


※2017年10月31日にNHK東海NewsWebに掲載されました。

津市の耳鼻咽喉科の医師が企画、監修した色鮮やかなかわいらしい絵本が、11月1日に発行されました。
テーマは、幼い子どもが食べ物などをのどや気管支に詰まらせる「気道異物事故」です。
絵本に託した思いを名古屋放送局の松岡康子記者が取材しました。

eho171031.2.jpg

【続きを読む】

投稿者:松岡康子 | 投稿時間:15時42分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年11月15日 (水) あなたのお子さんはどのくらい習い事をしていますか?


※2017年10月31日にNHK News Up に掲載されました。

スイミングに体操、バレエ、ピアノに英語など本当にさまざまな習い事があります。子ども自身が「やりたい」と言って始めることから「体と心を鍛えさせたい!」「国際舞台で活躍する人材に!」といった親の希望や願望がきっかけになることもあるようです。取材班は、子どもを持つママ記者3人。何かと気になる「子どもたちの習い事」をテーマに取材してみました。

ネットワーク報道部記者 野町かずみ・飯田暁子・大窪奈緒子

ana171031.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:飯田 暁子 | 投稿時間:11時40分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年11月13日 (月) 保育園選びに悩むあなたへ


※2017年10月26日にNHK News Up に掲載されました。

来年4月入園に向けた認可保育園の申し込みが多くの自治体で始まりました。初めての保育園選びでは、園庭の有無や部屋の広さや、最近話題になった「おむつは持ち帰りかどうか」といった点に目がいきがちかと思います。「待機児童問題が深刻だし、入園できる可能性の高いほうにしようかな」という悩みもあります。何を優先して選べばいいのか、専門家に聞きました。

ネットワーク報道部記者 飯田暁子

hoi171026.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:飯田 暁子 | 投稿時間:11時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2017年10月30日 (月)"タワマン"で児童急増 受け皿どう作る?


※2017年10月13日にNHK News Up に掲載されました。

いま、東京や大阪の都心では、働く場所に近く利便性が高いとして住宅地としての人気が高まり、湾岸エリアを中心に大規模なマンション建設が相次いでいます。子育て世代を中心に都心に人口が流入した結果、児童が急増し、小学校の教室が不足したり、放課後の居場所の確保が難しくなったりするなどの影響が出ています。想定を超える児童の急増に自治体はどのように対応しているのか、取材しました。

ネットワーク報道部記者 飯田暁子

ta171013.1.jpg

 

【続きを読む】

投稿者:飯田 暁子 | 投稿時間:16時21分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲