子ども・子育て

  

2019年08月06日 (火)"見えない"子どもたち


※2019年4月2日にNHK News Up に掲載されました。

「6歳から10歳の子どもたちが小学校に通わず、保育園にとどまり続けている」

この話を聞いて、私は耳を疑いました。本当にそんなことがあるのだろうか?
取材をしてみると、実際にそういう子どもたちが存在しました。
それも1人、2人ではありませんでした。どうして子どもたちは保育園にとどまり続けているのでしょうか。
その保育園を取材すると、見えてきたのは…。

ネットワーク報道部記者 和田麻子・ 三宅明香

mienai190402.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:和田麻子 | 投稿時間:14時43分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年08月05日 (月)"育休がとれない" 守られない臨時保育士


※2019年3月28日にNHK News Up に掲載されました。

「妊娠したら仕事を切られた」
「子どもを産むことがすごく悪いことだと感じた」
そう話すのは首都圏の自治体で保育士として働いていた女性です。子どもが大好きで幼い時から憧れていた保育士になったはずだったのになんで…。取材を進めると法律でも育児休業の取得が認められていないことがわかってきました。その理由は非正規雇用の臨時職員だから。たとえ何年働き続けても関係ないといいます。待機児童を減らすために全国の自治体で増加した「臨時保育士」。苦しんでいる多くの人の声を知ってほしいと思い取材を進めました。

ネットワーク報道部記者 岡田真理紗・國仲真一郎

190328ikukyuu.1.jpg

 

【続きを読む】

投稿者:岡田真理紗 | 投稿時間:13時21分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年05月13日 (月)おやにいじめられているあなたへ 子どもが虐待を訴える方法


※2019年2月8日にNHK News Up に掲載されました。

おとうさんやおかあさんに、いじめられているあなたへ。
小学4年生の女の子が、しんでしまったのをしっていますか。おとうさんから、ぼう力をうけていたじけんです。学校で「たすけて」といったのに、だめでした。わたしたち大人は、とてもかなしんでいます。女の子をたすけたかった。まわりの大人がたすけてあげられず、ざんねんでなりません。だから、あなたのことは、なんとかたすけたいのです。

※子どもによんでほしいところは、小学1年生でならう、かん字だけをつかっています。かん字をよめない子どもは、まわりのおにいさん・おねえさんに、よんでもらって下さい。後半は大人向けのNewsUpです。

190208oya.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:らいふちゃん | 投稿時間:14時59分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年05月10日 (金)"早生まれ"の君へ


※2019年2月7日にNHK News Up に掲載されました。

2月生まれで体の小さい君を、私は周りと比べたり、不安に思ったりしました。そして、「同級生はできるのに、なぜできないんだ」と言ったことも。4月生まれの私は、そのことばがどれだけ息子である君を傷つけたか、まるでわかっていませんでした。同級生より何か月も後に生まれた「早生まれ」の子が抱えているものに気がついた今、反省の気持ちとともに、君に伝えたいことがあります。

ネットワーク報道部記者 松井晋太郎

190207hay.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:松井晋太郎 | 投稿時間:15時21分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年05月07日 (火)法律で小さな命を守りたい


※2019年2月5日にNHK News Up に掲載されました。

「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」
少女が勇気を振り絞ってアンケートに書いたSOSは生かされませんでした。このニュースに心を痛めた法律の専門家のツイートが今、注目を集めています。「だれにもわからないから、あんしんしてそうだんしてください」。

ネットワーク報道部記者 芋野達郎・鮎合真介・目見田健
岐阜局記者 岡本綾

190205hou.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:鮎合真介 | 投稿時間:15時59分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年04月24日 (水)あとを絶たない遊具事故 背景にあるのは...


※2019年2月4日にNHK News Up に掲載されました。

保育所や公園などのブランコや滑り台などで遊ぶ子どもがけがをしたり、命を落としたりする事故があとを絶ちません。四国の保育所では3歳の女の子が死亡する事故があり、安全管理を怠ったとして園長が書類送検されましたが、ことし1月、起訴するだけの証拠がなかったとして不起訴になりました。一方で取材をすすめると、保育の現場で安全管理に対する国の考えが十分に理解されていない実態が見えてきました。

高松放送局記者 鈴木博子
ネットワーク報道部記者 飯田耕太

【続きを読む】

投稿者:飯田耕太 | 投稿時間:17時25分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年04月18日 (木)イヤイヤ期とかばんのシール


※2019年2月1日にNHK News Up に掲載されました。

「イヤーーー!」。おうちに帰ろうという、私の声を「イヤー!」という泣き声混じりの雄たけびで、何回もさえぎったわが子は、お気に入りの自転車の前にどかんと座り、ペダルを手でぐるぐると回し続けます。もしやこれは…イヤイヤ期?。“高速ペダル回し”を続けて、時計が午後6時から7時に変わったのは覚えています。あのね…泣きたいのは、こっちもなんだよ。

ネットワーク報道部記者 大窪奈緒子・吉永なつみ

190201iya.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大窪奈緒子 | 投稿時間:17時42分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年01月29日 (火)少年の涙のわけは...


※2018年12月4日にNHK News Up に掲載されました。

深刻な担い手不足や人口減少に悩む自治体などにとっては、もはや外国人は“救世主”とも言える存在になっています。(詳しくは、NHK特設サイト「外国人依存ニッポン」)ところが、その外国人が急増していることで頭を悩ませる自治体も出始めています。悩みの種は、やっぱり“お金”でした。

福井放送局記者 藤田陽子
名古屋放送局記者 篠田彩
ネットワーク報道部記者 木下隆児

sho181204.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:木下隆児 | 投稿時間:15時47分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年12月26日 (水)給食の栄養が足りてない!?


※2018年11月12日にNHK News Up に掲載されました。

育ち盛りの子どもを持つ親御さんにとっては気になる問題です。子どもが学校で毎日食べる給食の栄養量が基準を満たしていないことが、複数の自治体で明らかになりました。なぜ、こんな事態が起きているのでしょうか?

ネットワーク報道部記者 岡田真理紗・木下隆児・鮎合真介

kyu181112.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:岡田真理紗 | 投稿時間:15時46分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2018年12月12日 (水)知らなかったわ、妊婦加算


※2018年11月1日にNHK News Up に掲載されました。

まだ、あまり知られていないことです。妊娠している人が病院を受診すると“妊婦加算”がとられるようになりました。ご存じでしたか?「なんで加算されるの」「メリットはあるの」
“知られざる妊婦加算”を調べてみました。

福岡放送局記者 米山奈々美
ネットワーク報道部記者 大石理恵・岡田真理紗・松井晋太郎

sir181101.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大石理恵 | 投稿時間:16時21分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲