2012年12月27日 (木)推薦・AO入試組 勉強1時間未満


推薦入試などで学力試験を受けずに大学に入った学生は、高校3年生の時の勉強時間が1日、1時間未満というケースが多く一般入試で入った学生の勉強時間と大きな開きがあることがわかりました。
20121227AO_000.jpg


 

この調査はことし8月、民間の研究機関「ベネッセ教育研究開発センター」が大学生およそ4100人を対象に行ったものです。
それによりますと受験勉強が本格化する高校3年生の9月での1日の勉強時間を聞いたところ、学力試験がない推薦やAO入試で合格した学生は▼1時間未満が28.6%、▼全くしなかったと回答したのは16.4%で、およそ半数(45%)が1時間未満でした。
20121227AO_001.jpg

また、推薦やAO入試での合格者がほぼ決まる12月には、さらに勉強時間は短くなり、▼1時間未満が36.7%、▼全くしないは25.5%で合わせると1時間未満が60%を超え、平均でも1.6時間でした。
20121227AO_002.jpg

これに対して一般入試で合格した学生は高校3年の12月には平均4.8時間勉強していて、1時間未満は9%でした。
20121227AO_003.jpg

調査したベネッセ教育研究開発センターの樋口健 主任研究員は「勉強をしないで大学に入ると、基礎学力がつかず、主体的に学ぶ習慣も身につかないので問題だ。入学までの間、大学側が勉強の課題を与えるなど大学での学びの助走につながるような指導をする必要がある」と話しています。
20121227AO_004.jpg


  

投稿者:村石多佳子 | 投稿時間:06時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲