2012年04月25日 (水)広がる"テレワーク" 今後の課題は?


東日本大震災をきっかけに、勤務先から離れた場所で仕事をする「テレワーク」という働き方への関心が高まっていることを受けて、今後の課題を話し合うシンポジウムが、24日、東京で開かれ、都市の郊外にテレワークの施設が必要だといった指摘が出ました。
シンポジウムは、総務省や厚生労働省など4つの省と企業が共同で開いたものです。


tle04251.jpg

テレワークは、自宅や出先から通信回線などを利用して仕事をするもので、国土交通省の去年秋の調査では、テレワークに従事した人は、前の年に比べ3ポイン ト増えておよそ20%となるなど、震災をきっかけに関心が高まっています。


会場では、ソーシャルメディアで寄せられた意見が紹介され、この中では、「テレワークでは、上司や同僚とのコミュニケーションが不足する」とか、「自宅では仕事ができない」などの声が出ていました。


tle04252.jpg出席者からは、テレビ会議のシステムでコミュニケーション不足を補うことや、共同で利用するオフィスが東京の都心で増えていることが紹介されましたが、今後は、住宅地に近い郊外のテレワーク施設が必要だといった指摘が出ました。


シンポジウムを開いた「テレワークJAPAN」事務局の田澤由利さん(下の画像)は「震災をきっかけに、多くの企業や社員が、会社に集まる働き方に疑問を感じ始めています。少子高齢化社会に向けて、これまでとは違う働き方としてテレワークを広げていきたいと考えています」と話していました。

tle04253.jpg(参考)テレワークに関するこれまでの「生活情報ブログ」記事
(クリックすると該当ページに移ります)
「仕事は会社の外で〜広がるテレワーク〜」
「団地の中に“テレワーク”施設」

投稿者:らいふちゃん | 投稿時間:05時30分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲