2012年03月14日 (水)中学生の母親 3割が夏季宿題手伝う


中学生の子どもがいる母親の3人に1人が、夏休みの宿題を手伝っていて、学校のノートに目を通す母親も4割近くに上るという調査結果がまとまりました。

この調査は、民間の研究機関「ベネッセ教育研究開発センター」が子育ての実態を調べようと、去年9月、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で行い、中学生を持つ母親およそ3200人が回答しました。

0314011.jpg

それによりますと、「ふだん学校の宿題を手伝う」という母親は15.8%と、6人に1人に上ったほか、「夏休みの宿題を手伝う」という母親も32.5%と、3人に1人に上りました。
同じ調査は10年前にも行われ、それに比べて「ふだんの宿題を手伝う」ケースは2.2ポイント、「夏休みの宿題を手伝う」ケースは8.8ポイント上昇しています。

学校や塾のノートに目を通すという母親も、10年前の28.3%より10ポイント以上増えて、39.3パーセントとなるなど、子どもの学習に直接関わる母親が増えていることが分かりました。
また、「子どもが大人になり、独り立ちできるか不安を感じている」という母親は「あてはまる」と「ややあてはまる」を合わせて、半数近くに当たる46.2%に上りました。

ベネッセ教育研究開発センターの沓澤糸主任研究員は「就職状況の厳しさなど、将来への不安が親に大きなプレッシャーになっているのではないか。その結果、子どもにアドバイスをしなければいけないという気持ちが強くなっていると思う」と分析しています。

0314012.jpg子どもの勉強について、中学2年と小学6年の子どもがいる母親は「毎日ではありませんが、勉強がどこまで進んでいるのかチェックしています。大学受験では、ゆとり教育の範囲以外の内容も出ると聞いたので、不安になり、勉強を見始めました」と話していました。
中学3年生の子どもがいる母親は「小学校の3、4年までは勉強を見ていたけれども、子どもが嫌がるようになり、今は見ていません。自分の思うどおりにはいかないと思うので、勉強に関わることはあきらめています」と話していました。

投稿者:らいふちゃん | 投稿時間:06時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲