2016年01月19日 (火)体外受精を受ける女性、40歳以上が4割超


2013年に行われた体外受精36万8000件あまりのうち
女性が妊娠しにくくなる40歳以上で治療を受けたケースが、
初めて4割を超えたことが、
日本産科婦人科学会のまとめでわかりました。
専門家は
「妊娠を後回しにしてキャリアを積んだ女性が
 治療を受けるケースが増えている。
 仕事と出産の両立について社会の支援を充実させるべきだ」と
 指摘しています。

 

日本産科婦人科学会のまとめによりますと、
2013年に国内の医療機関で行われた
体外受精の件数は36万8764件で、
10年前の3点6倍に増加し、過去最多を更新しました。

このうち、
治療を受けた女性の年齢は40歳以上のケースが41%と
はじめて4割を超えました。

女性は30代半ばごろから妊娠する割合が低くなるうえ
流産のリスクが高まることから、
最終的に、出産に至ったのは
▼35歳で17点2%、
▼40歳で8点3%、
▼45歳で0点8%となっています。

こうしたことを背景に、
産まれた子どもの数は、4万2554人と、
治療全体の1割ほどにとどまっているのが実態です。

国立成育医療研究センターの齊藤英和医師は、
「妊娠を後回しにしてキャリアを積んだ女性たちが
 治療を受けるケースが増えている。
 20代から30代前半の時期に仕事と出産・子育てを両立できるよう、
 社会の支援をさらに充実させるべきだ」と指摘しています。

※2015年9月に書かれた記事です。

投稿者:牧本 真由美 | 投稿時間:14時28分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲