災害・防災・安全

  

2019年08月23日 (金)交差点から対策を考える


※2019年5月15日にNHK News Up に掲載されました。

保育園児2人が犠牲になった大津市の事故。ネット上で1枚の画像が注目されています。同じ現場で以前に撮影されたもので、保育園児と見られる子どもが車道から離れたところで大人に守られながら信号待ちをする様子です。「ここまで気をつけていても事故が起きてしまうと考えると恐ろしい」。それでも対策はないのか、改めて取材しました。

ネットワーク報道部記者  鮎合真介・ 郡義之

kousaten190515.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:鮎合真介 | 投稿時間:11時10分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年08月22日 (木)女性だとAEDが使われない? 救命処置の男女差


※2019年5月8日にNHK News Up に掲載されました。

心停止となった人の心臓の動きを正常に戻す医療機器AED。しかし、倒れた人が女性だと、男性よりAEDが使われにくい。そんな調査結果がまとまりました。ネットの声を探ると女性の服を脱がせてAEDを使うことに抵抗やおそれがあるようです。

名古屋放送局記者 松岡康子
ネットワーク報道部記者 玉木香代子・飯田耕太

jyosei190508.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:松岡康子 | 投稿時間:10時14分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年08月07日 (水)鳴らない信号機


※2019年4月12日にNHK News Up に掲載されました。

どんな思いで横断歩道を渡っていたのかと思う。目が不自由なその男性は、ふだん、信号機から鳴る障害者向けの「音」を頼りに横断歩道を進む。去年12月も出勤で早朝の横断歩道を渡ろうとしていた。違っていたのは、信号機から音が鳴らなかったこと。実は音が鳴る信号機のほとんどが深夜早朝は、音が鳴らなくなっている。青信号かどうか、音で知ることのないまま横断歩道を渡っていた男性は、職場に着けなかった。車にはねられて亡くなった。

ネットワーク報道部記者 後藤岳彦・ 玉木香代子

naranai190412.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:後藤岳彦 | 投稿時間:15時45分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年07月29日 (月)震災8年 漫画と誕生日とラテ


※2019年3月11日にNHK News Up に掲載されました。

8年前のあの時の体験を漫画に描いた女性。「3月11日にお祝いしてもいいんだよ」と語る男性。カフェラテに描かれた3.11。多くの人が日常のかけがえのなさを見つめ直す3月11日。SNSに寄せられた思いをたどりました。

ネットワーク報道部記者  木下隆児・ 和田麻子・ 加藤大和

shinsai190311.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:木下隆児 | 投稿時間:12時13分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年05月29日 (水)緊急時 あなたはボタンを押せますか?


※2019年2月22日にNHK News Up に掲載されました。

電車の中で急病で苦しむ人を見かけたことはありませんか。自分が声をかけようか。いやいや、誰かが助けてくれるだろう。いざ、そうした状況になると勇気がいる行動です。いま、女子高校生が投稿したあるツイートが大きな反響を呼んでいます。

ネットワーク報道部記者 目見田健・玉木香代子

190222kin.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:目見田健 | 投稿時間:17時10分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年04月24日 (水)あとを絶たない遊具事故 背景にあるのは...


※2019年2月4日にNHK News Up に掲載されました。

保育所や公園などのブランコや滑り台などで遊ぶ子どもがけがをしたり、命を落としたりする事故があとを絶ちません。四国の保育所では3歳の女の子が死亡する事故があり、安全管理を怠ったとして園長が書類送検されましたが、ことし1月、起訴するだけの証拠がなかったとして不起訴になりました。一方で取材をすすめると、保育の現場で安全管理に対する国の考えが十分に理解されていない実態が見えてきました。

高松放送局記者 鈴木博子
ネットワーク報道部記者 飯田耕太

【続きを読む】

投稿者:飯田耕太 | 投稿時間:17時25分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年02月19日 (火)スプレー缶 どう捨てる? 穴を開けるか、開けないか


※2018年12月18日にNHK News Up に掲載されました。

札幌市で起きた爆発事故でスプレー缶に注目が集まっています。殺虫剤や消臭剤、それに整髪剤など、身の回りにあふれるスプレー缶。捨てるとき、穴を開けますか?それとも開けないまま捨てますか?どっちが正しいのでしょうか?

ネットワーク報道部 管野彰彦・高橋大地・玉木香代子
映像取材部 長山剛
社会番組部 吉田菜穂

181218sup.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:管野彰彦 | 投稿時間:14時08分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年02月14日 (木)死者50人近く 身近に潜むリスクは...


※2018年12月14日にNHK News Up に掲載されました。

師走に入っても暖かい日が続いたと思ったら最近、急に寒くなりました。そうした本格的な冬の訪れとともにいま、相次いでいるのが火事。NHKが独自に集計しただけでも今月に入ってから少なくとも50人近くが死亡しています。気をつけているはずなのになぜ火事が起きるのか。取材をしてみると“決してひと事ではない”ということがわかってきました。

ネットワーク報道部記者 和田麻子・岡田真理紗

181214sis.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:和田麻子 | 投稿時間:15時59分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年01月18日 (金)タイヤチェーン義務化 通行禁止ってほんと?


※2018年11月28日にNHK News Up に掲載されました。

冬もそろそろ本番という時期に気になるニュースが入ってきました。それは「タイヤチェーンの義務化」。
雪が降ってもチェーンをつけたことないのに義務化って?
スタッドレスタイヤじゃいけないの?
調べてみました。

ネットワーク報道部記者 管野彰彦・伊賀亮人・飯田耕太
松江放送局記者 奥野葉月

tai181128.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:管野彰彦 | 投稿時間:15時57分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2019年01月09日 (水)災害時の「# 救助要請」は救助につながったのか


※2018年11月15日にNHK Web特集 に掲載されました。

「消防に電話してもつながらない、助けて。# (ハッシュタグ)救助」
大災害時にSNSで救助を要請する投稿(ツイート)は、時には何千回も拡散されて多くの人の目にふれる。しかし実際のところ、どの程度救助に結びついているのだろう。

西日本豪雨のときに記者が確認した約40件の救助要請ツイートを、今回追跡取材した結果、すべてのケースで当事者は無事に救助されていたことが分かった。

一方で自治体の担当者から聞かれたのは、現実的なことばだった。

ネットワーク報道部記者 高橋大地

sai181115.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:高橋大地 | 投稿時間:14時59分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲