2016年06月21日 (火)"若者から若者へ"震災語り継ぐ


※これは、2016年3月6日に放送されたものです。

「被災地への関心」を集めるために動き出した若者がいます。
若者から、若者へ。
記憶を語り継ぐ輪が広がりつつあります。

1130306_2.jpg宮城県南三陸町出身の大学生、
小野寺翔さん。
被災した経験のない
関東の若者を被災地に案内する活動を、去年から始めました。

 (小野寺 翔さん

 「もうその辺までガレキだったからね。」

まだ一度も被災地を訪れたことがない
大学生の友人とともに、震災の跡をたどりました。

震災当時は、中学2年生だった小野寺さん。
津波で自宅をなくし、いまも家族は仮設住宅に住んでいます。
去年、横浜の大学に進学した小野寺さんは、
周囲の若者が被災地に関心を持っていないことに
愕然としたといいます。

1160306_5.jpg

 (小野寺 翔さん)
 
全国どこでも報道されていたと思いますし、
 なので、あとうちの南三陸って言うイメージも
 固定できていたんじゃないかなと思ってたんですけど
 全然違った。そこでギャップを感じた。
 実際に現地に行ってもらうということが
 重要なのかなと感じた。」

自分たちが体験した震災の現実を実感してほしい。
小野寺さんは、地元の同級生とともに、
迫り来る津波から必死に逃げまどった
中学校の付近を案内しました。1160306_7.jpg
 (被災した小野寺さんの同級生)
 
「波見てから走り出した。すごい速い。
 波見てからうわって登って、今は登れないかもしれない。」

 「女の子の手を離しちゃってそれで流された子がいて
 自分のせいだってすごい泣いてて。」

壮絶な体験談に、参加した若者たちは、言葉を失いました。
初めて被災地を訪れ、
親しい友人から当時の体験を聞いた若者たち。
少しずつ、意識に変化が生まれていました。
1160306_12.jpg
 (被災地を初めて訪れた学生)
 
「震災のことって、私たちからしても、
 聞いていいのかいけないのか、微妙なラインだったから、
 身近な子が経験したことを聞くだけで、
 私の中で変わったかな。」


小野寺さんの案内で、
去年、南三陸町を訪れたことをきっかけに、
みずから、震災を伝える側になろうとしている若者もいます。
1160306_14.jpg
小野寺さんと同じ大学に通う大矢翔さんです。

 (大矢 翔さん)
 「(被災地に)すごく距離が近くなったというか、
 注目するようになり関心が深まったというのと、
 何か変わらなきゃいけないと思って、
 できることから始めようと思って。」

被災地で聞いた小野寺さんの体験をもとに、
大矢さんは、まず、食糧の備蓄から始めました。1160306_15.jpg (大矢  翔さん)
 
「小野寺がいったのが震災直後は
 あまり食べるものがなくて、
 少ないご飯で(分け合って)食べていたと聞いていたので、
 備蓄を増やしておけば
 周りの人にも分けられるなと思ったので。」

さらに、去年、
小野寺さんとともに
市民参加型の防災会議にみずから出席し、
“ぜひ、一度、被災地を訪れ、現状を自分の目でみてほしい”
と訴えました。
1160306_16.jpg
 (大矢  翔さん)
 「自分のできることは、その自分の仲間たちに
 とりあえず現地に行ってみるといいよと伝えて、
 できれば小野寺が主催するツアーにも参加して、
 輪を広げていけたらいいなと思います。」


大矢さんの意識の変化を目の当たりにした小野寺さん。
さらに多くの若者に
被災地を訪れてもらいたいと思うようになりました。

今後、どうすれば、大矢さんのように、
みずから行動を起こしてくれる若者を増やしていけるのか。
小野寺さんは、被災地の支援を行っている
専門家のアドバイスを聞くことにしました。

1160306_18.jpg
 (小野寺 翔さん)
 「新たに行きたいという子もいるので
 規模的には、結構大きくなるかなと。」

 (東洋大学 森田 明美教授)
 「南三陸町に頼んだらどうか。」

復興事業の一環として、
“ 被災地の外から若者を招く取り組みをしている
ほかの自治体をモデルに、
南三陸町に提案してはどうか ”というのです。
町の復興事業として認められれば、
資金的な援助や宿泊先の確保なども見込めます。
小野寺さんは、町に協力を求めることを決めました。

1160306_19.jpg
 (小野寺 翔さん)
 「私たち大学生が震災風化を止めるために
 できることを考えようと思っていて。
 被災地の県外の皆の力を借りて
 地元の人間ができることと、外の皆で協力して。
 一緒にできる活動っていうのを
 学生のうちに継続していきたいなと思います。」

投稿者:伊達裕子 | 投稿時間:16時47分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲