医療

  

2016年12月30日 (金)がん患者にウィッグのプレゼント


※2016年12月2日に放送されたものです。

がん治療の副作用の脱毛に悩んでいる女性を元気づけようと、
東京・品川区の病院で、看護学生が提供した
髪の毛で作られた「ウィッグ」が患者に贈られました。

【続きを読む】

投稿者:牧本 真由美 | 投稿時間:14時35分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2016年12月29日 (木)絵本で伝える"風疹"の怖さ


※2016年10月4日に放送されました。

風疹は、妊娠20週、5か月くらいまでに感染すると、生まれてくる赤ちゃんの耳や目、心臓などに障害が出るおそれがあります。
この風疹の怖さや予防の大切さを知ってもらいたいと、1冊の絵本が作られました。
作ったのは、みずからが風疹にかかったためにわが子が障害を負った母親たちです。
絵本に託された思いを取材しました。

【続きを読む】

投稿者:松岡康子 | 投稿時間:13時57分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2016年12月26日 (月)卵子凍結1000人超


※2016年10月26日に放送されたものです。

「いつかは産みたい」。
「でも、いまは、仕事に打ち込みたい」。
「まだ、パートナーがいない」。

女性の社会進出が進む中、卵子の老化におびえる女性たちがいま、期待をよせているのが「卵子の凍結」です。

健康な女性の卵子の凍結について、
日本産科婦人科学会はリスクが高いなどとして「推奨しない」という文書をまとめて医療機関に周知しています。
しかし、産み時に悩む女性たちの間で広がっている実態が
NHKの取材で明らかになってきました。


161026-5.jpg

【続きを読む】

投稿者:牧本 真由美 | 投稿時間:14時16分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2016年11月18日 (金)「タバコを吸っていたの?」と聞かないで


※2016年11月17日にNHK NEWS UPに掲載されたものです。

「私、がんになったの」
2人に1人ががんになると言われている時代。家族、友人、同僚・・・身の回りの人から、こう告げられ、どのような言葉をかけてどう接したらいいのか、困ったり迷ったりした経験のある人も多いのではないでしょうか。
11月17日は「肺がん撲滅デー」です。肺がん患者で作る患者会がアンケートをとったところ、「肺がん」と聞くと何気なく聞いてしまいそうな「タバコを吸っていたの?」という質問に傷ついている人が多いことが分かりました。

161118.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:清有美子 | 投稿時間:10時25分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2016年07月07日 (木)どうすれば見つけられる?30代の乳がん


※2016年6月27日に放送されたものです。

ことし6月、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、妻の小林麻央さんが、乳がんの治療を続けていることを明らかにしました。
麻央さんは33歳です。
乳がんにかかりやすい年齢のピークは4、50代ですが、30代から徐々に増え始めます。いま、30代の女性の間で、乳がんへの関心が高まっています。
どうすれば早期での発見につながるのでしょうか。

 160707-6.jpg

 

【続きを読む】

投稿者:清有美子 | 投稿時間:16時36分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲