2011年10月28日 (金)「歯」のキャンペーン報道を始めます


「梅干しのタネをかみ砕くことができる、丈夫な歯を持った者」
これは、今から100年前、日本から初めて南極に向かった白瀬南極探検隊が隊員を募集したときの応募条件です。凍りつく食べ物でも栄養を摂取できるというのがその理由でした。

歯が大事なのは、南極探検隊だけではありません。今や国民の7割が、り患しているとされる歯周病。この歯周病の進行が糖尿病や心筋梗塞などといった全身の重大な疾患と密接に関係していることが、ここ数年で明らかになってきました。
また、高齢になっても歯が多く残っている人ほど元気で寿命も長く、歯の健康が医療費にも影響していることも分かってきました。

一方で、歯科医療は保険が効かない自由診療が占める割合が大きく、患者にとって治療法や費用が分かりにくくなっています。インプラントなど新しい技術について、治療後、痛みやしびれが治らないといったトラブルになるケースも出ています。

これに対して、歯科医療の安全性や質を担保しようという取り組みが始まりました。国も「歯科口腔保健法」を制定し、これから各地で虫歯や歯周病を予防する取り組みが本格的に始まる見込みです。

生活情報部では、全国の放送局の記者たちと協力して、歯科医療の今を見つめる報道を進めていきます。同時に、このブログでは、歯磨きの仕方や歯科医師選びのポイントなど、暮らしに役立つ情報も発信していきます。

◎おはよう日本(午前4時30分~午前8時)
10月31日(月) 歯周病が全身の重大な病気を悪化させる
11月  1日(火) 入れ歯の最新事情
11月  8日(火) 口腔ケアで立ち上がった寝たきりのお年寄り

◎ゆうどきネットワーク(午後4時50分~午後6時)
11月  7日(月) 糖尿病予備軍に歯周病治療
11月  8日(火) 歯科訪問診療で肺炎予防
11月  9日(水) 将来予測で歯周病予防 

◎首都圏ネットワーク(午後6時10分~午後7時・関東地方1都5県向け放送)
11月  4日(金) 歯磨き最新事情

このあと、まだまだ続きます!  
ぜひご覧ください。そしてご意見もお寄せください。

 

投稿者:米原達生 | 投稿時間:06時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

口腔ケアと誤嚥性肺炎の関係なども

投稿日時:2011年10月28日 14時33分 | 匿名

現在、歯科医療コーディネーターをしている元歯科技工士です。
「歯」のキャンペーン報道、興味深く拝見・拝読いたしました。
ところで、歯科インプラントのトラブルも深刻ですが、歯の噛み合わせ治療や歯列矯正・審美歯科でのトラブルも負けず劣らず深刻です。是非、この問題も取り上げてください。

投稿日時:2011年11月04日 11時27分 | 須藤哲生

 医療関係者です。いいキャンペーンですね 期待してます♪
口の中の健康維持、あなどるなかれ、ということが最近いわれてきましたね。歯周病が心筋梗塞に関係していたり、お年寄りの肺炎や、はたまたADLの向上などあげればきりがない位。それくらい大事な「歯」ですが、不調があっても後回しにされがちになるのも事実。治療を始めたとしても、虫歯の痛みが治まれば、途中で行かなくなったりもします。

 テーマについてのリクエスト。発表されている放送予定をみると、比較的年配の方向きの情報が多いのかな? と思いました。
子どもや若者の口の中についても、ぜひ今後とりあげてください。子どもは家庭環境、若者は働き方によってずいぶん違うようです。
また、障害を持っている人たちが、なかなか歯科治療にたどり着けない現状もあります。

投稿日時:2011年11月07日 16時07分 | 匿名希望

コメントの投稿

ページの一番上へ▲